2021年7 月30日 (金曜日)

外国人市民と共生するまちづくりセミナー〜多文化共生社会を知る〜

9月4日14時〜16時

川崎市国際交流センター(川崎市中原区木月祇園町2-2 東急東横線・東急目黒線元住吉駅徒歩約10分)

主催=(公財)川崎市国際交流協会

◇内容=地域に暮らす外国人の文化的、社会的背景を理解し、地域社会の一員として相互に支えあうために外国人も含めた市民が安心して生活できる社会について考える。3回シリーズの講座の第1回

○在留資格制度から取りこぼされた人々を見つめて

日本の制度と日本のあり方を考える

講師=駒井知会さん(マイルストーン総合法律事務所)※講師のみオンライン参加

定員=先着40人。参加費無料。

申し込み=ホームページの申込みフォーム、または直接、電話044-435-7000で(公財)川崎市国際交流センターへ

問い合わせ=電話044-435-7000(月曜〜土曜9時30分〜16時30分)(公財)川崎市国際交流協会

ホームページ= https://www.kian.or.jp/kic/evnk21/tabunka2-1.shtml

 

 

 

2021-07-30 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 06) 講演・講座・講習, 11)暮らし・生活, 15)国際交流・平和・人権, 21)川崎市中原区, 24)川崎市全域 | Permalink | コメント (0)

魅惑の音楽紀行「川崎市・中国瀋陽市友好都市提携40周年記念コンサート」

9月23日12時(開場11時30分)〜13時30分・15時(開場14時30分)〜16時30分

川崎市国際交流センター(川崎市中原区木月祇園町2-2 東急東横線・東急目黒線元住吉駅徒歩約10分)

主催=川崎市、(公財)川崎市国際交流協会

◇内容=抽選で無料招待

出演=高翔麟さん(作曲・演奏)、張燿元さん(中国箏)、東京交響楽団アンサンブルメンバー

対象=小学生以上

<関連イベント>

友好都市提携40周年記念・瀋陽市写真展

8月18日〜9月30日、場所=1階情報ロビー

街の様子や人々の暮らしを捉えた作品約20点を展示

定員=100人程度。参加費無料。

申し込み=ホームページの申込みフォームから、または往復葉書の往信面に公演名「魅惑の音楽紀行」・希望公演時間(第二希望明記可)・希望参加人数(2人まで)・申込者の氏名(ふりがな)・同行者の氏名(ふりがな)・住所・日中連絡できる電話番号・Eメールを返信面に申込者の住所氏名を記入し、〒211-0033川崎市中原区木月祇園町2-2(公財)川崎市国際交流センターへ。申込み多数の場合は抽選。申込み8月1日〜20日(必着)

問い合わせ=電話044-435-7000(月曜〜土曜9時30分〜16時30分)(公財)川崎市国際交流協会

ホームページ= https://www.kian.or.jp/kic/evnk21/music-journey.shtml

 

 

 

2021-07-30 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 15)国際交流・平和・人権, 21)川崎市中原区, 24)川崎市全域, 音楽 | Permalink | コメント (0)

2021年7 月13日 (火曜日)

国際文化理解講座「ドイツ文化理解講座」

8月21日・9月18日(月25日)14時〜15時30分

川崎市国際交流センター(川崎市中原区木月祇園町2-2 東急東横線・東急目黒線元住吉駅徒歩約10分)

主催=(公財)川崎市国際交流協会

◇内容=ドイツの観光や慣習、ドイツワイン講座通じてドイツ文化を学ぶ

○第1回8月21日=ドイツの観光

ドイツ観光、世界遺産について旅感覚で紹介

講師=武井由起さん(ドイツ観光局)

○第2回9月18日=ドイツのカーニバル

ドイツの慣習、カーニバルの紀元についてドイツ語で紹介(通訳あり)

講師=クリスチャン ブーディッヒさん(ドイツ ハム出身)

○第3回9月25日=ドイツワインの魅力

緯度の高いドイツのバラエティ豊かなワインの魅力と楽しみ方

講師=木村薫さん(日本ドイツワイン協会連合会)

対象=20歳以上

定員=30人。参加費=1,650円(全3回)。

申し込み=ホームページの申込みフォームから。申込み多数の場合は抽選

問い合わせ=電話044-435-7000(月曜〜土曜9時30分〜16時30分)(公財)川崎市国際交流協会

ホームページ= https://www.kian.or.jp/kic/evnk21/deutschland.shtml

 

 

 

2021-07-13 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 06) 講演・講座・講習, 11)暮らし・生活, 15)国際交流・平和・人権, 21)川崎市中原区, 24)川崎市全域, 旅行, | Permalink | コメント (0)

2021年5 月24日 (月曜日)

夏休み こども語学教室

7月21日〜23日

川崎市国際交流センター(川崎市中原区木月祗園町2-2 東急東横線/東急目黒線元住吉駅徒歩約10分)

主催=公益財団法人 川崎市国際交流協会 

◇内容=ネイティブ講師との交流や文化理解を目的に開催。全3回

○こども英語A=13時〜14時

対象=小学1・2年生

○こども英語B=14時30分〜15時30分

対象=小学3・4年生

英語講師=藤倉 エルダ ベアトリスさん(アルゼンチン出身)

○こどもスペイン語=10時30分〜11時30分

対象=小学1〜5年生(保護者入室可)

スペイン語講師=市川 ジョバンニさん(ペルー出身)

定員各クラス15人。参加費受講料=3,300円(教材費込み)。

申し込み=ホームページの申込フォームから。6月1日受付開始、締切6月25日。応募多数の場合は抽選 

問い合わせ=電話044-435-7000公益財団法人 川崎市国際交流協会 

ホームページ= https://www.kian.or.jp/evenko21/kouza/kodomo-summer.shtml

 

 

2021-05-24 in 01) イベント・祭り・遊び, 06) 講演・講座・講習, 12)募集・コンテスト, 13)教育・子育て・子ども, 15)国際交流・平和・人権, 21)川崎市中原区, 24)川崎市全域 | Permalink | コメント (0)

2021年5 月11日 (火曜日)

災害時ボランティア養成セミナー

7月10日13時〜15時

主催=川崎市国際交流センター

◇内容=川崎市及び近隣で災害が発生した際に、外国人市民を支援するためのセミナーをZOOMによるオンラインで開催。

災害時の外国人支援の際に多く用いられているやさしい日本語(外国人にもわかりやすい日本語)について学ぶ。

講師=高 偉建さん(国際交流基金日本語国際センター 専任講師)

対象=災害時外国人支援ボランティアに関心のある人

定員先着50人。参加費無料。

申し込み=ホームページの申込みフォームから。締切6月30日

問い合わせ=電話044-435-7000公益財団法人川崎市国際交流協会

ホームページ=https://www.kian.or.jp/kic/evnk21/translator-seminar.shtml

 

 

 

2021-05-11 in 01) イベント・祭り・遊び, 04) 自然・環境, 06) 講演・講座・講習, 15)国際交流・平和・人権, 21)川崎市中原区, 24)川崎市全域 | Permalink | コメント (0)

英語による国際理解講座(前期)

6月11日・18日・25日14時〜15時30分

主催=公益財団法人川崎市国際交流協会

◇内容=ZOOMによるオンライン講座。全3回。英語による講義。通訳なし。受講者には事前に講義概要を送付

○6月11日

テーマ=世界の国々の文化を巡る旅

様々な国の食文化、食の紀元やアイデンティティについて、また異文化コミュニケーションの重要性について紹介

○6月18日

テーマ=知識の探求

世界の主食文化の背景、食を通じて文明や文化がどのように発展したかについて掘り下げる

○6月25日

テーマ=将来への道

食と文化との関係、持続可能な世界に向けて、将来への展望など、幅広い視点から考える

講師=Mr.Jason Hyer(イギリス出身、大乗淑徳学園英語講師)

対象=16歳以上の中・上級者

定員50人。参加費=3,300円(3回分)。

申し込み=ホームページの申込みフォームから。締切5月21日。応募多数の場合は抽選

問い合わせ=電話044-435-7000公益財団法人川崎市国際交流協会

ホームページ= https://www.kian.or.jp/kic/evnk21/kokusai-en.shtml

 

 

 

2021-05-11 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 04) 自然・環境, 06) 講演・講座・講習, 11)暮らし・生活, 12)募集・コンテスト, 15)国際交流・平和・人権, 21)川崎市中原区, 24)川崎市全域, 旅行, | Permalink | コメント (0)

2020年12 月23日 (水曜日)

多文化共生講演会「私たちの国際化〜これからどないしたらいいんだべか?〜」

1月16日14時30分(開場14時)〜15時30分

高津市民館12階大会議室(川崎市高津区溝口1-4-1ノクティ2 JR南武線武蔵溝ノ口駅/東急田園都市線溝の口駅徒歩2分)

主催=高津区多文化共生推進事業実行委員会、高津区役所

◇内容=テレビやラジオで活躍中の山形弁研究家ダニエル・カールさんが多文化共生をテーマに語る

定員=先着50人。入場無料。

申し込み=高津市民館事務室で整理券配布

問い合わせ=電話044-814-7603高津市民館

ホームページ= https://www.city.kawasaki.jp/takatsu/page/0000123162.html

 

 

 

2020-12-23 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 06) 講演・講座・講習, 11)暮らし・生活, 15)国際交流・平和・人権, 20)川崎市高津区, 24)川崎市全域 | Permalink | コメント (0)

2020年1 月28日 (火曜日)

多文化フェスタさいわい

2月11日10時〜15時

川崎市幸市民館(川崎市幸区戸手本町1-11-2 JR南武線矢向駅徒歩15分・鹿島田駅徒歩20分、JR川崎駅バス幸高校前下車、東急東横線武蔵小杉駅バス幸区役所入口下車)

主催=幸区多文化共生推進事業実行委員会、川崎市幸区役所

◇内容=お互いの交流の中で自国の文化を紹介し、理解を深めるイベント

○世界の伝統音楽・踊りのステージ

○世界の料理と雑貨

○世界のお茶コーナー

○世界のスポーツ体験・演技(フラメンコ・サルサなどの要素が加わったエクササイズZUNBA、新極真空手など)

問い合わせ=電話044-541-3910川崎市幸市民館

ホームページ=http://www.city.kawasaki.jp/saiwai/page/0000113038.html

 

 

 

2020-01-28 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 06) 講演・講座・講習, 07) 展示・発表・シンポジウム, 11)暮らし・生活, 12)募集・コンテスト, 13)教育・子育て・子ども, 15)国際交流・平和・人権, 22)川崎市幸区, 31)東京都, 音楽, | Permalink | コメント (0)

2020年1 月21日 (火曜日)

令和元年度ミニ企画展「へいわのための人権教育展」

2月9日まで9時〜17時(1月21日・27日、2月3日は休館)

川崎市平和館(川崎市中原区木月住吉町33-1 JR南武線/東急東横線/東急目黒線武蔵小杉駅徒歩10分)

主催=川崎市平和館

◇内容=平和教育や人権教育を受ける側である中学生から大学生が考案した人権教育プログラムのパネルを展示し、平和の概念について考える。

出展主体=川崎市立東橘中学校、川崎市立南生田中学校、神奈川学園中学校、県立神奈川総合高校、駒澤大学、中央大学、清泉女子大学

参加費無料。

問い合わせ=電話044-433-0171川崎市平和館

ホームページ= http://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000112663.html

 

 

 

2020-01-21 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 06) 講演・講座・講習, 07) 展示・発表・シンポジウム, 11)暮らし・生活, 12)募集・コンテスト, 13)教育・子育て・子ども, 15)国際交流・平和・人権, 21)川崎市中原区 | Permalink | コメント (0)

2019年12 月17日 (火曜日)

ウィッキーさんによる多文化共生講演会

1月18日14時(受付13時30分)〜15時30分

高津市民館12階大会議室(川崎市高津区溝口1-4-1ノクティ2 JR南武線武蔵溝ノ口駅/東急田園都市線溝の口駅徒歩2分)

主催=高津区多文化共生推進事業実行委員会、高津区役所

◇内容=セイロン(現スリランカ)出身のアントン・ウィッキーさん(島根県立大学客員教授)が日本での生活や多文化共生について語る

定員=先着100人。入場無料。

申し込み=直接、電話044-814-7603、または多文化共生講演会申込と明記し、氏名(フリガナ)・住所・電話番号・FAX番号を記入し、FAX044-833-8175で高津市民館へ。12月21日10時受付開始

問い合わせ=電話044-814-7603高津市民館

ホームページ= http://www.city.kawasaki.jp/takatsu/page/0000112824.html

 

 

 

2019-12-17 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 06) 講演・講座・講習, 11)暮らし・生活, 12)募集・コンテスト, 15)国際交流・平和・人権, 20)川崎市高津区, 24)川崎市全域, 30)神奈川県, 宗教 | Permalink | コメント (0)