2020年8 月31日 (月曜日)

川崎市麻生区で禅寺丸柿の柿もぎ体験会 : 親子の参加者を募集

川崎市麻生区と麻生観光協会が、同区黒川で禅寺丸柿のもぎ取りと芋掘り体験会を開催、小学生とその保護者と対象に参加者を募集している。
禅寺丸柿は約800年前に同区王禅寺の山中で見つかり、「柿生」の地名のもとになったと伝わる同区の特産品で、区の木にもなっている。

同区では、2012年に区の木に制定した禅寺丸柿に親しんでもらおうと毎年、禅寺丸柿の収穫期に柿生禅寺丸柿保存会の協力で、「ばっぱさみ」と呼ばれる先端が割れた長い竹の道具を使った昔ながらの柿もぎの体験会を開催している。
ことしは10月3日(荒天の場合中止)10時〜12時に黒川地区で柿もぎ、黒川東営農団地で芋掘りを行う。集合場所は小田急線黒川駅北口、定員は小学生(2人まで可)と保護者のペアで合計30人。応募多数の場合は抽選となる。参加費は1人600円(イモ3株と保険代)。当日は三密を避けるため、当選者だけが参加できる。また、柿の生育状況と新型コロナウイルス感染症の状況により中止する場合がある。
申し込みは、往復はがきに「禅寺丸柿の柿もぎと芋掘り体験」と書き、参加する小学生(2人まで)と保護者の住所、氏名、年齢、電話番号を明記し〒215-8570 川崎市麻生区万福寺1-5-1 麻生区役所地域振興課へ9月16日(消印有効)までに郵送する。
問い合わせは電話044-965-5113麻生区役所地域振興課。

 

 

2020-08-31 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, | Permalink | コメント (0)

2020年1 月23日 (木曜日)

日本に西欧の技術伝える、第一次大戦後のドイツ人捕虜の業績に光:1月26日に狛江市で講演会

狛江市の市民団体「ヘルマン・ウォルシュケさんの足跡をたどる会」(通称・ヘルマンさんの会)が1月26日14時から小田急線狛江駅近くの泉龍寺仏教文庫で第一次世界大戦で日本に収容されたドイツ人捕虜の就職活動などをテーマにした講演会を開催する。対戦終了後、日本に残った捕虜たちは多くの技術を伝え、その後のわが国の発展に大きな足跡を残したと言われ、武蔵野市で見つかった貴重な文書を手がかりにその業績に光を当てるのが目的。

同会は、第一次大戦でドイツ人捕虜になり日本の収容所で暮らした後、日本に残って日本人にハムやソーセージなど食肉加工の技術を伝えたヘルマン・ウォルシュケさんの業績を掘り起こし活動を行っている。
ヘルマンさんと同じく、日本に残ったドイツ人にはバウムクーヘンで知られるカール・ユーハイム、ハムで知られるアウグスト・ローマイヤーなどが知られている。このほかにもパンや楽器などの職人が日本にヨーロッパの技術を伝えた。
講演会は、武蔵野市立武蔵野ふるさと歴史館所蔵の「俘虜(ふりょ)就職方ノ件」と題したガリ版刷りの文書について同館公文書専門員の髙野弘之さんが、文書の内容や発見されたいきさつなどについて解説する。
この文書は、第一次大戦後、日本に残った捕虜の就職活動について1919(大正8)年に作られたもので、ドイツ人捕虜などの氏名、年齢、収容先、兵隊になる前の職業や特技などが記され、民間会社などに採用希望を募る内容となっており、同種のものはこれまでほとんど残っておらず、非常に珍しいという。
また、狛江市市史編さん委員で武蔵野市文化財保護審議会委員の稲葉和也さんが旧満州国新京のドイツ人街や当時食べたソーセージの味などについて話す。
参加は無料で、問い合わせは電話03-3489-0222飯田さん。

2020-01-23 in 02)イベント・催事, 05)歴史, a) 狛江市のニュース, | Permalink | コメント (0)

2020年1 月 8日 (水曜日)

川崎市麻生区役所で七草かゆの会:温かい春の味に約1,000人が舌鼓

Nanakusa003川崎市麻生区役所で1月7日、「あさお古風七草粥(がゆ)の会」が催され、家族連れやお年寄りなど約1,000人が同区内で採れた米や七草を使った手作りの「ふるさとの味」を楽しんだ。

写真=七草がゆを味わう人たち

Nanakusa002
七草がゆ

この会は、麻生区文化協会(菅原敬子会長)が無病息災を祈る昔ながらの行事を楽しんでもらおうと2004年から麻生区役所と共催で毎年1月7日に催しており、新年の名物行事として多くの人に親しまれている。かゆは無料だが、昨年各地で起きた被災地の子どもへの支援募金活動を行った。

Nanakusa001
受付に長い列

会場となった広場には11時の開始前から幼児連れの夫婦や高齢者などで長い列ができた。訪れた人たちは和服にかっぽう着姿の文化協会などの女性らが差し出したかゆを受け取り、早速熱いかゆをすすりながら「春の味と香りが感じられて、おいしい」などと話していた。

Nanakusa005
かゆを食べる人でにぎわう

かゆに使われた七草のうち、セリやナズナは同会会員が5日に古沢でつんだほか、ダイコンやカブ、米も区内で収穫したもの。また、もちを焼くのには早野聖地公園でボランティアが焼いた炭を使った。かゆは前日に下準備を行い、当日は午前8時頃から約1,000食分を調理したという。また、会場では区内のPTAや学生など数十人のボランティアが準備作業や会場整理、食器の回収などにあたった。

Nanakusa006
麻生童謡の会が正月の歌

市民館の屋外ステージでは「麻生童謡を歌う会」が正月にちなんだ歌や昔の遊びなどを披露したほか、白鳥神社おはやし保存会がにぎやかなはやしでムードを盛り上げていた。

Nanakusa004
白鳥神社おはやし保存会

2020-01-08 in 02)イベント・催事, 05)歴史, 09)市民活動, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, | Permalink | コメント (0)

2019年6 月28日 (金曜日)

市内産「かわさきそだち」で夏野菜の料理作ろう:川崎市宮前区で7月12日に教室、参加者を募集

川崎市宮前区宮崎の農産物直売所「セレサモス宮前店」2階の多目的ホール「モスぴーホール」で7月12日に開かれる川崎市内産の農産物を使った「かわさきそだち料理教室」の参加者を7月1日まで募集している。

この教室は、セレサ川崎農業協同組合、生産者団体、市場関係者、川崎市などで構成する「かわさき地産地消推進協議会」が主催し、毎年開催している。
今回は市内産「かわさきそだち」の夏野菜を使ったメニューで、野菜deおすし、なすの餃子、ジャバラきゅうりのしょう油あえ、きゅうりの中華スープ、赤しそジュースのゼリーの予定。
講師は、地元に伝わる料理・工芸などの生活技術を伝承し、神奈川県の認定を受けた「ふるさとの生活技術指導士の会」会員が務める。
時間は11時から14時で、参加対象は川崎市民、定員は30人で応募多数の場合は抽選。参加費は1,000円。
申し込みは、往復葉書、電子メール、ファクスのいずれかで「料理教室申込み」、住所、氏名、年齢、電話番号(日中連絡のとれる番号)、FAX(FAX申し込みの場合は必須)、メールアドレス(メール申し込みの場合は必須、申し込み用紙はこちら)を書き、〒213-0015 川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7 JAセレサ梶ケ谷ビル2階 川崎市都市農業振興センター 農業振興課(FAX044-860-2464、Eメール28nogyo@city.kawasaki.jp)へ7月1日(必着)までに送る。
問い合わせは電話044-860-2462 川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課。

2019-06-28 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b4) 川崎市宮前区, | Permalink | コメント (0)

2019年6 月24日 (月曜日)

南武線登戸駅前で6月26日に登戸マルシェ : 市内産の夏野菜などを販売

川崎市多摩区の南武線登戸駅の自由通路で、市内産の夏野菜や市内の障害者施設が手作りしたジャム、手芸品を販売する「登戸駅マルシェ」が6月26日に開かれる。

登戸マルシェは、南武線沿線の市民に川崎の農産物に触れる機会を、と川崎農業青年協議会が主催、かわさき地産地消協議会の後援で2014年から定期的に開催され人気を集めている。
今回は、夏野菜を中心にした農産物のほか、特定非営利活動法人たま・あさお精神保健福祉をすすめる会に所属する就労継続支援事業所などが自立支援のために制作したグッズを販売する。
販売時間は16時から18時だが、売り切れ次第終了する。
問い合わせは電話044-860-2462川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課。

2019-06-24 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区, | Permalink | コメント (0)

川崎フロンターレが7月20日にファン感謝デー : ことしも多彩なイベント、参加は後援会会員限定

180630fronfankan川崎フロンターレは、7月20日に川崎市中原区にあるホームスタジアムの等々力陸上競技場で「2019ファン感謝デー」(川崎フロンターレ後援会・川崎フロンターレ主催)を開催する。参加は川崎フロンターレ後援会会員限定で、チームバスや選手ロッカールームの見学、ピッチでサッカー体験など一部のイベントの事前申し込みを7月3日まで受け付けている。

写真=昨年のファン感謝デー

ファン感は、選手が特設ステージでパフォーマンスを披露するほか、当日出店する各店で選手と写真撮影ができるなど選手とふれ合えるイベントが盛りたくさんで、毎年多くのサポーターが参加する。
開催時間は12時〜16時30分で、選手の出演は13時30分から。
主なイベントはファン感LIVEシート購入者限定「プレミアム抽選会」、ダンスでフロンターレを盛り上げる「フロンタールズ」やホームゲームの選手入場時にファンファーレを演奏する洗足学園音楽大学のパフォーマンスのほか、ステージで音楽などを演奏する選手をサポーターが盛り上げる「激アツLIVE」、ファン感スタンプラリー、ウォーターチューブなど数多くのイベントがくり広げられる。またサンドイッチ、ホットドック、うどん、そば、串焼き肉、肉ニラまんじゅうなどさまざまな食品販売もある。
事前申し込みが必要なイベントは○ことしのファン感のテーマの「愛」についてステージで叫ぶ○鬼木監督と楽しくサッカーをしよう○等々力のピッチでサッカー○川崎の星 マナブのコー”スター”作り○チームバス見学○選手ロッカールーム見学○ふろん太と似顔絵○はしご車体験○車屋先生の愛の検診(乳がん検診)○ファン感限定グッズ事前抽選販売など。
事前申し込みイベントの詳細はこちら>

フロンターレ後援会の入会受け付けは会場でも当日午前10時から行うが、主催者側ではスムーズに入場できるよう事前の入会を呼びかけている。
問い合わせは電話0570-000-565(電話受付10:00~18:00)、Eメールinfo@bluefriends.jp。

2019-06-24 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ, | Permalink | コメント (0)

2019年5 月30日 (木曜日)

狛江の戦禍の記憶、手をつないで伝えよう:学校が焼けた5月25日に平和祈るイベント

190525wawotukurou-1平和の大切さを次世代に伝えよう−–狛江市で5月25日、小田急線狛江駅北口のメビウス∞えきまえ広場で「5月25日みんなで輪をつくろう」(狛江市平和祈念事業実行委員会・狛江市主催)が開かれ、幼児からお年寄りまで約50人の市民が手をつないで輪をつくった。

190525wawotukurou-4太平洋戦争末期の1945年5月25日に、同所にあった「狛江国民学校」が米軍爆撃機B29による空襲で焼失した。狛江が見舞われた戦禍を未来へ伝えていこうと、空襲から70年目の2015年にイベントを催し、その後毎年、同所で行われている。
この日は、松原俊雄狛江市長が「いまから74年前の夜、この場所にあった当時唯一の学校が空襲で焼けてなくなりました。当時の狛江村には9,700人ぐらいの人が住んでいましたが、その時代のことを考えていま平和であることを身近な人とともに祈り、平和である続けることを発信し続けたい」と挨拶、来場者と手をつないだ。
190525wawotukurou-25年目に当たることしは、同市がまとめた本『語りつぐ戦争』に収録された体験談をした市内在住の高齢者夫妻をイベント担当の市職員が訪ね、再度当時の話を聴き採り、紙芝居「戦争と狛江の子ども達」の一部をパネルにして展示した。また、戦中戦後の食糧難の時代に作られたスイトンを初めて販売した。その後、「紙しばいや もっちぃ」さんがバルンアート付きのオリジナル紙芝居を披露した。
190525wawotukurou-3会場には幼児連れの家族が多く訪れ、広場いっぱいの大きな輪ができた。参加者たちは「狛江の空襲やここに学校があったことなど、町の歴史を知ることができて興味がわきました」と話していた。
主催者は、この日に2人以上で手をつないで輪をつくった写真を募集、8月に市役所ロビーで展示する。募集の締切は6月14日(必着)までにプリントした写真を郵送(〒201-8585 狛江市和泉本町1-1-5狛江市役所企画財政部政策室協働調整担当 狛江市平和祈念事業実行委員会)か持参する。またはメール(minna_no_wa_komae@yahoo.co.jp)で送る。
問い合わせ電話 03-3430-1164同実行委員会。

2018-07-11 in 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース, h)東京都, スポーツ, 音楽, | Permalink | コメント (0)