2019年6 月28日 (金曜日)

市内産「かわさきそだち」で夏野菜の料理作ろう:川崎市宮前区で7月12日に教室、参加者を募集

川崎市宮前区宮崎の農産物直売所「セレサモス宮前店」2階の多目的ホール「モスぴーホール」で7月12日に開かれる川崎市内産の農産物を使った「かわさきそだち料理教室」の参加者を7月1日まで募集している。

この教室は、セレサ川崎農業協同組合、生産者団体、市場関係者、川崎市などで構成する「かわさき地産地消推進協議会」が主催し、毎年開催している。
今回は市内産「かわさきそだち」の夏野菜を使ったメニューで、野菜deおすし、なすの餃子、ジャバラきゅうりのしょう油あえ、きゅうりの中華スープ、赤しそジュースのゼリーの予定。
講師は、地元に伝わる料理・工芸などの生活技術を伝承し、神奈川県の認定を受けた「ふるさとの生活技術指導士の会」会員が務める。
時間は11時から14時で、参加対象は川崎市民、定員は30人で応募多数の場合は抽選。参加費は1,000円。
申し込みは、往復葉書、電子メール、ファクスのいずれかで「料理教室申込み」、住所、氏名、年齢、電話番号(日中連絡のとれる番号)、FAX(FAX申し込みの場合は必須)、メールアドレス(メール申し込みの場合は必須、申し込み用紙はこちら)を書き、〒213-0015 川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7 JAセレサ梶ケ谷ビル2階 川崎市都市農業振興センター 農業振興課(FAX044-860-2464、Eメール28nogyo@city.kawasaki.jp)へ7月1日(必着)までに送る。
問い合わせは電話044-860-2462 川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課。

2019-06-28 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b4) 川崎市宮前区, | Permalink | コメント (0)

2019年6 月24日 (月曜日)

南武線登戸駅前で6月26日に登戸マルシェ : 市内産の夏野菜などを販売

川崎市多摩区の南武線登戸駅の自由通路で、市内産の夏野菜や市内の障害者施設が手作りしたジャム、手芸品を販売する「登戸駅マルシェ」が6月26日に開かれる。

登戸マルシェは、南武線沿線の市民に川崎の農産物に触れる機会を、と川崎農業青年協議会が主催、かわさき地産地消協議会の後援で2014年から定期的に開催され人気を集めている。
今回は、夏野菜を中心にした農産物のほか、特定非営利活動法人たま・あさお精神保健福祉をすすめる会に所属する就労継続支援事業所などが自立支援のために制作したグッズを販売する。
販売時間は16時から18時だが、売り切れ次第終了する。
問い合わせは電話044-860-2462川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課。

2019-06-24 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区, | Permalink | コメント (0)

川崎フロンターレが7月20日にファン感謝デー : ことしも多彩なイベント、参加は後援会会員限定

180630fronfankan川崎フロンターレは、7月20日に川崎市中原区にあるホームスタジアムの等々力陸上競技場で「2019ファン感謝デー」(川崎フロンターレ後援会・川崎フロンターレ主催)を開催する。参加は川崎フロンターレ後援会会員限定で、チームバスや選手ロッカールームの見学、ピッチでサッカー体験など一部のイベントの事前申し込みを7月3日まで受け付けている。

写真=昨年のファン感謝デー

ファン感は、選手が特設ステージでパフォーマンスを披露するほか、当日出店する各店で選手と写真撮影ができるなど選手とふれ合えるイベントが盛りたくさんで、毎年多くのサポーターが参加する。
開催時間は12時〜16時30分で、選手の出演は13時30分から。
主なイベントはファン感LIVEシート購入者限定「プレミアム抽選会」、ダンスでフロンターレを盛り上げる「フロンタールズ」やホームゲームの選手入場時にファンファーレを演奏する洗足学園音楽大学のパフォーマンスのほか、ステージで音楽などを演奏する選手をサポーターが盛り上げる「激アツLIVE」、ファン感スタンプラリー、ウォーターチューブなど数多くのイベントがくり広げられる。またサンドイッチ、ホットドック、うどん、そば、串焼き肉、肉ニラまんじゅうなどさまざまな食品販売もある。
事前申し込みが必要なイベントは○ことしのファン感のテーマの「愛」についてステージで叫ぶ○鬼木監督と楽しくサッカーをしよう○等々力のピッチでサッカー○川崎の星 マナブのコー”スター”作り○チームバス見学○選手ロッカールーム見学○ふろん太と似顔絵○はしご車体験○車屋先生の愛の検診(乳がん検診)○ファン感限定グッズ事前抽選販売など。
事前申し込みイベントの詳細はこちら>

フロンターレ後援会の入会受け付けは会場でも当日午前10時から行うが、主催者側ではスムーズに入場できるよう事前の入会を呼びかけている。
問い合わせは電話0570-000-565(電話受付10:00~18:00)、Eメールinfo@bluefriends.jp。

2019-06-24 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ, | Permalink | コメント (0)

2019年5 月30日 (木曜日)

狛江の戦禍の記憶、手をつないで伝えよう:学校が焼けた5月25日に平和祈るイベント

190525wawotukurou-1平和の大切さを次世代に伝えよう−–狛江市で5月25日、小田急線狛江駅北口のメビウス∞えきまえ広場で「5月25日みんなで輪をつくろう」(狛江市平和祈念事業実行委員会・狛江市主催)が開かれ、幼児からお年寄りまで約50人の市民が手をつないで輪をつくった。

190525wawotukurou-4太平洋戦争末期の1945年5月25日に、同所にあった「狛江国民学校」が米軍爆撃機B29による空襲で焼失した。狛江が見舞われた戦禍を未来へ伝えていこうと、空襲から70年目の2015年にイベントを催し、その後毎年、同所で行われている。
この日は、松原俊雄狛江市長が「いまから74年前の夜、この場所にあった当時唯一の学校が空襲で焼けてなくなりました。当時の狛江村には9,700人ぐらいの人が住んでいましたが、その時代のことを考えていま平和であることを身近な人とともに祈り、平和である続けることを発信し続けたい」と挨拶、来場者と手をつないだ。
190525wawotukurou-25年目に当たることしは、同市がまとめた本『語りつぐ戦争』に収録された体験談をした市内在住の高齢者夫妻をイベント担当の市職員が訪ね、再度当時の話を聴き採り、紙芝居「戦争と狛江の子ども達」の一部をパネルにして展示した。また、戦中戦後の食糧難の時代に作られたスイトンを初めて販売した。その後、「紙しばいや もっちぃ」さんがバルンアート付きのオリジナル紙芝居を披露した。
190525wawotukurou-3会場には幼児連れの家族が多く訪れ、広場いっぱいの大きな輪ができた。参加者たちは「狛江の空襲やここに学校があったことなど、町の歴史を知ることができて興味がわきました」と話していた。
主催者は、この日に2人以上で手をつないで輪をつくった写真を募集、8月に市役所ロビーで展示する。募集の締切は6月14日(必着)までにプリントした写真を郵送(〒201-8585 狛江市和泉本町1-1-5狛江市役所企画財政部政策室協働調整担当 狛江市平和祈念事業実行委員会)か持参する。またはメール(minna_no_wa_komae@yahoo.co.jp)で送る。
問い合わせ電話 03-3430-1164同実行委員会。

2018-07-11 in 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース, h)東京都, スポーツ, 音楽, | Permalink | コメント (0)

2018年4 月24日 (火曜日)

4月28日・29日にLFJプレフェス・ア・コマエ:狛江駅前でクラシック音楽の祭典

ラ・フォル・ジュルネ020「ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018プレフェス・ア・コマエ」(LFJプレフェス・ア・コマエ実行委員会主催、狛江市共催)が4月28日・29日に小田急線狛江駅北口周辺を会場に開催される。高度な水準のクラシック音楽に市民に気楽に触れてもらおうと開かれる音楽の祭典で、同時に市内の飲食店による屋台村も催される。

写真=2016年のLFJプレフェス・ア・コマエ

5月3日から5日に東京国際フォーラムや東京芸術劇場などで「UN MONDE NOUVEAU-モンド・ヌーヴォ-新しい世界へ」をテーマに催される世界最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018」(LFJ)のプレイベントで、平成28年に初めて催され市民に好評だった。
今回の会場はエコルマホール、狛江駅北口交通広場、メビウス∞えきまえ広場(こまえ屋台村)、泉の森会館の4カ所。
エコルマホール4階ホール●28日○13時=オープニングライブ(ロビー)−きんたの会(和太鼓)○13時30分=遠TONE音(尺八・箏・ギター)、木村佳代子(サックス)、川村ケン(ピアノ・キーボード)○16時45分=オペラユニット レジェンド。29日は○10時=大植英次指揮・洗足学園音楽大学管弦楽団○12時45分=オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)、レミ・ジュニエ(ピアノ)○15時45分=堤剛(チェロ)○18時45分=英哲風雲の会(太鼓)。
狛江駅北口交通広場●28日○11時=Kipahulu−ハワイアン○12時30分=ブルームーン−カントリー&ウエスタン○14時15分=福本純也(ピアノ)、Kawasaki Latin Experiment〈八巻綾一(サックス)、松永敦(ベース)、大野孝(ドラム)、伊波淑(コンガ) from オルケスタ・デ・ラ・ルス〉−Latin Jazz×クラシック音楽○16時=サウンドリバー−スタンダードジャズ○響輪 Wild Orchestra−管楽器アンサンブル○18時=Kissin Cousins−ウクレレdeフォーク、ロック、ハワイアン○19時15分=Tokyo Funky Dolls−Funk、Souls●29日○10時50分=ひよこ4銃士−フルートカルテット○12時10分=現代奏造Tokyo−管楽九重奏○13時30分=前田啓太−パーカッション独奏○15時15分=リュミエール・サクソフォン・アンサンブル−サクソフォン八重奏○16時30分=アンサンブル イプスィロン−木管五重奏。
エコルマホール 6階展示・多目的室●29日○10時45分=関口直仁(バリトン)、磯野恵美(フルート)、平田彩圭(クラリネット)、野村幸生(ヴァイオリン)、桜井しおり(ピアノ)
メビウス∞えきまえ広場(こまえ屋台村)●28日○11時45分=紅い花白い花−ヴォーカル・グループ○15時15分=津森久美子&飯泉昌宏−ポルトガル音楽FADO○18時30分=麻宮百(Vo)・廣田ゆり(p)DUO−ジャズ・シャンソン・ボッサ●29日○11時30分=狛江ともしび音楽隊−昭和歌謡○14時15分=桐山 ショウゴ−ジプシージャズ・ミュゼット・クラシック○14時30分=ざらきProject−エンターテインメントクラシック○16時=TeamComp-−クラシックとポップスのクロスオーバー○18時=イズミスイングオーケストラ−ジャズ。
泉の森会館●29日○13時55分=星野悠羽−クラシックピアノ、日裏晶子・日野道生−スパニッシュピアノ&フラメンコギター○17時15分=中野亜維里・青山瑠美子−クラシック(オペラ)、Duo 田中橋−ピアノ連弾。
エコルマホール4階ホールの入場には事前申し込み(締切)か、当日券が必要。当日券は約200枚を各公演の開演45分前から1人につき2枚まで先着順に配布。
エコルマホール6階展示・多目的室の入場には事前申し込みが必要で締切済み。
泉の森会館の入場には当日券が必要。当日券は約70枚を各公演の開演30分前から1人につき2枚まで先着順に配布。
両日ともメビウス∞えきまえ広場で「こまえ屋台村」が設けられ、地元の飲食店10店がさまざまな料理や地ビールなどの酒などを販売する。
問い合わせは☎03-3430-1111LFJプレフェス・ア・コマエ実行委員会事務局(狛江市地域活性課内)。
詳しくは>ホームページへ

2018-04-24 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, a) 狛江市のニュース, 音楽, | Permalink | コメント (0)

2018年4 月 9日 (月曜日)

川崎市が4月21日に麻生区早野で竹とふれあうイベント開催: タケノコ掘りも実施

川崎市は、麻生区早野で4月21日に行う竹林の美化運動「早野の竹林とふれあおう!」の参加者を募集している。

作業を行うのは早野聖地公園の竹林で、午前9時から正午までの3時間で竹の切り出しのほか、タケノコ掘りも行う。
募集は先着30人で、子どもの参加は保護者同伴が必要で参加費は100円(保険代).。申込期間は4月18日までに川崎市都市農業振興センター農地課に4月18日までに電話で申し込む。参加者は、動きやすい服装で、スニーカーなど滑りにくい靴を着用し、軍手、タオル、飲み物大きめの袋などを持参して午前9時までに早野聖地公園墓苑サービスセンタ一前に集合する。
問い合わせ・申し込みは電話044-860-2461川崎市都市農業センター農地課。

2018-04-09 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, | Permalink | コメント (0)

2018年3 月28日 (水曜日)

狛江市で4月1日に桜まつり : 26日から西河原公民館前などでライトアップ

20180327sakuralightup-1狛江市の多摩川団地付近の根川さくら通りで4月1日に第4回こまえ桜まつりが行われる。期間中に夜桜を多くの人に楽しんでもらおうと3月26日から同市元和泉の六郷さくら通りの西河原公民館前と水神前から多摩川堤防まで間で桜のライトアップが行われるほか、30日には西河原公民館の3階ホールで桜コンサートも開かれる。

写真=西河原公民館前のライトアップされたソメイヨシノ(3月27日撮影)

20180327sakuralightup-2ライトアップは「こまえ桜まつり」の一環として行われているもので、当初は29日から3日間の予定だったが、桜の見頃が早まったため、急きょ26日からの実施となり、午後6時〜8時に沿道の桜を照らし出す。29日と30日は狛江市シルバー人材センターによるさくら茶の無料配布(なくなり次第終了)がある。
30日午後6時30分からの桜コンサートは、市内在住のヴァイオリニスト飯守朝子さん、ピアニスト小井土文哉さんがベートーヴェンのピアノとヴァイオリンのためのソナタ「春」などを演奏、先着150人が無料で入場できる。また会場まえのロビからライトアップされた桜も官署できる。
桜まつりは、時間は午前10時から午後4時までで、根川さくら通りのメイン会場に、ケバブ、モツ煮などのキッチンカー18台、市民団体が出店するヤマメ塩焼き、焼き鳥、広島焼、おでん、和菓子など15の店舗が、花見を楽しんでもらう趣向だ。サブ会場の多摩川住宅ニ棟中央公園にはキックターゲット、ふわふわドームなどのキッズコーナーを開設、親子で楽しめる。また、根川地区センターバス停付近ではストリートダンスコーナーが設けられ、狛江第二中学校ダブルダッチ部と狛江ストリートダンス協会がダンスなどを披露する。根川地区センターではパラリンピックの競技「ボッチャ」の体験ブースや、オリンピック・パラリンピックのPRブースなどがある。
当日は午前8時〜午後6時は会場となる根川さくら通りの区間は自動車、バイク、自転車が通行禁止となる。また駐車場がないため、自転車やバスなどを利用するよう主催者側では呼びかけている。
このほか、関連イベントとして3月31日午後5時30分からむいから民家園で「むいから能楽鑑賞会」が行われ、市内在住の能楽師・中村昌弘さんが主宰する故おまえ能楽普及会の会員が能や謡の一部を披露する。4月1日午前10時から午後4時まで同園で昔遊びとミニ工作がが催される。
問い合わせは電話03-3430-1149狛江市役所秘書広報室。

2018-03-28 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース, 音楽, | Permalink | コメント (0)