2019年11 月11日 (月曜日)

コミュニティーFMの狛江FMが開局:11月11日11時11分11秒に本放送スタート、地域情報中心に多彩な番組発信

Komaefm002狛江市のコミュニティーFM「狛江FM(略称:コマラジ)」が11月11日本放送を開始した。経営は狛江ラジオ放送株式会社(松崎学社長)が行い、狛江市内のコミュニケーション力を高めることを目的に、地域情報に加えバラエティーなどのエンタメ・教育、報道など多彩な番組を発信する。周波数は85.7MHzで狛江市を中心としたエリアで受信できるほか、スマホのアプリ「りすらじ」を使ってインターネットでも聴取できる。11日には狛江市役所向かいのスタジオ(狛江市中和泉1-2-6プラザエクセル201号)で開局式が行われ、集まった関係者のカウントダウンのかけ声を合図に11時11分11秒に本放送がスタートした。

写真=本放送開始で盛り上がるスタジオ

Komaefm001同局は、不動産会社を経営する松崎さん(写真左)、酒類販売業の名古屋奨さんら同市在住や市内の経営者ら6人で2016年に「FM狛江開局準備委員会」を結成して検討を進めてきた。2018年から電波調査など本格的な作業に着手、ことし5月に狛江ラジオ放送株式会社を設立、7月31日に総務省から予備免許を、11月5日に無線局免許状を交付された。
この間、番組などを収録するスタジオを設けたほか、アンテナなどの送信設備は、市の協力で市防災センターに設置した。また、番組を進行するパーソナリティを募り、市内外の音楽家や演劇関係者、能楽師、主婦など約100人が参加、9月14日にはエコルマホールで開局記念式典を催した。
当初、9月14日開局の予定だったが、放送設備の設置の遅れなどで11月に延期されたが、10月12日の台風19号の際には狛江市からの依頼で同日16時46分から13日10時49分まで約18時間にわたり臨時災害放送を行った。
災害時は、狛江市の細かい防災情報を発信し、通常は自社で製作した番組を中心に1日24時間送信する。
開局式で松崎社長は「たくさんの人に手伝いをいただきながら、長く続けられる放送局にしていきたい」と挨拶した。
問い合わせは電話03-5761-7755狛江ラジオ放送。

2019-11-11 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, 10)社会, 12)防災・安全, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2019年10 月26日 (土曜日)

よみうりランドでイルミ点灯式:640万球でギリシャ神話の世界創出、来年5月6日まで

191024yomiuriland18首都圏最大級の640万球のLEDライトで遊園地を彩るイルミネーションが10月24日からよみうりランド(東京都稲城市、川崎市多摩区)で始まった。「ジュエルミネーション」と名付けた宝石をモチーフにしたイルミネーションを世界的な照明デザイナー石井幹子さんに依頼、同園の名物イベントとして人気を集めている。2010年から始まり、今回で10年目を迎えた。昨年よりライトを50万球増やし、ギリシャ神話の世界をモチーフに「ジュエリー・オリンポス」を創出、ゼウス、ポセイドン、アポロンなど12神にちなんで、12エリアをそれぞれの神をイメージする色彩の光で演出した。

写真=640万球のイルミネーションで飾られたよみうりランド

●よみうりランドジュエルミネーションの写真ギャラリー

191024yomiuriland0224日の点灯式(写真左)には、石井さん、五輪金メダリストの元レスリング選手で「霊長類最強女子」の異名を持つ吉田沙保里さん、ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、よみうりランドの杉山美邦社長が出席。観客とともにカウントダウンしてスイッチを入れると、ゼウスの宮殿をイメージした高さ25mの「オリンポス・サミット」などが明るく輝き、観客からは大きな歓声が上がった。
イルミネーションは2020年5月6日まで151日間点灯される。
「ジュエルミネーション」は期間中の16時から20時30分(12月15日~25日は21時まで、1月6日〜4月5日は20時まで、3月2日〜3月19日の平日と4月6日〜24日・27日・28日・30日・5月1日は点灯しない)。
料金はナイト入園料おとな(18~64歳)1,500円、中高生・シルバー(65歳以上)800円、小学生・シニア500円。ナイトパス(入園料含む)おとな2,500円、3歳~高校生・シルバー1,700円。
問い合わせは電話044-966-1111。 ホームページhttps://www.yomiuriland.c

2019-10-26 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区, f)稲城市 | Permalink | コメント (0)

2019年6 月28日 (金曜日)

市内産「かわさきそだち」で夏野菜の料理作ろう:川崎市宮前区で7月12日に教室、参加者を募集

川崎市宮前区宮崎の農産物直売所「セレサモス宮前店」2階の多目的ホール「モスぴーホール」で7月12日に開かれる川崎市内産の農産物を使った「かわさきそだち料理教室」の参加者を7月1日まで募集している。

この教室は、セレサ川崎農業協同組合、生産者団体、市場関係者、川崎市などで構成する「かわさき地産地消推進協議会」が主催し、毎年開催している。
今回は市内産「かわさきそだち」の夏野菜を使ったメニューで、野菜deおすし、なすの餃子、ジャバラきゅうりのしょう油あえ、きゅうりの中華スープ、赤しそジュースのゼリーの予定。
講師は、地元に伝わる料理・工芸などの生活技術を伝承し、神奈川県の認定を受けた「ふるさとの生活技術指導士の会」会員が務める。
時間は11時から14時で、参加対象は川崎市民、定員は30人で応募多数の場合は抽選。参加費は1,000円。
申し込みは、往復葉書、電子メール、ファクスのいずれかで「料理教室申込み」、住所、氏名、年齢、電話番号(日中連絡のとれる番号)、FAX(FAX申し込みの場合は必須)、メールアドレス(メール申し込みの場合は必須、申し込み用紙はこちら)を書き、〒213-0015 川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7 JAセレサ梶ケ谷ビル2階 川崎市都市農業振興センター 農業振興課(FAX044-860-2464、Eメール28nogyo@city.kawasaki.jp)へ7月1日(必着)までに送る。
問い合わせは電話044-860-2462 川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課。

2019-06-28 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b4) 川崎市宮前区, | Permalink | コメント (0)

2019年6 月24日 (月曜日)

南武線登戸駅前で6月26日に登戸マルシェ : 市内産の夏野菜などを販売

川崎市多摩区の南武線登戸駅の自由通路で、市内産の夏野菜や市内の障害者施設が手作りしたジャム、手芸品を販売する「登戸駅マルシェ」が6月26日に開かれる。

登戸マルシェは、南武線沿線の市民に川崎の農産物に触れる機会を、と川崎農業青年協議会が主催、かわさき地産地消協議会の後援で2014年から定期的に開催され人気を集めている。
今回は、夏野菜を中心にした農産物のほか、特定非営利活動法人たま・あさお精神保健福祉をすすめる会に所属する就労継続支援事業所などが自立支援のために制作したグッズを販売する。
販売時間は16時から18時だが、売り切れ次第終了する。
問い合わせは電話044-860-2462川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課。

2019-06-24 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区, | Permalink | コメント (0)

2019年6 月 8日 (土曜日)

狛江市の多摩川で屋形船が引っ越し:貸しボートのモニュメントに

190605yakatabune003狛江市の多摩水道橋下流の貸しボートで使われていた屋形船の引っ越しが6月5日に行われた。貸しボートの営業休止にともない屋形船を使わなくなったため、水害シーズンを前に移設することにしたもの。約1時間半をかけて大型のクレーンを使って川面から吊り上げ、堤防下の小段に据え付けた。

写真=川から吊り上げられる屋形船

190605yakatabune001この貸しボートは「たまりや」の名で長く営業、近年は狛江市観光協会が運営してきた。しかし、協会の委託を受けて業務を行ってきた谷田部靖彦さんがことし1月に急逝したため、靖彦さんと一緒に業務を続けてきた弟の和夫さんは存続を断念、営業を休止していた。
190605yakatabune002長く親しまれた多摩川の貸しボートを多くの人に記憶にとどめてもらおうと5月4日と5日に無料で体験するイベントを催し、家族連れなどの人気をよんだ。
屋形船は約30人が乗れる木製の和船で、普段はボートに乗り込む際の桟橋代わりにするほか、毎年夏に催される灯ろう流しなどに使われてきた。
190605yakatabune004屋形船は営業休止中も岸に係留されてきたが、川の増水による流失や事故の恐れなどがあったため、数十メートル離れた陸上に保存することにしたもの。
観光協会や谷田部和夫さんは、塗装や修復を行ってモニュメントとして残していきたいとしている。また、靖彦さんの妻のノリ子さんは「長い間使ってきた屋形船が、梅雨前に川から引き上げられ、しばらくの間でも河川敷に保管されて見ることができてほっとしている」と話した。
多摩川の貸しボートは他にないため、観光スポットとして存続することを検討しているという。

2018-08-26 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 08)経済・農業, 12)防災・安全, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区 | Permalink | コメント (0)

2018年4 月 6日 (金曜日)

川崎市が菅生地域交流農園利用者の補欠者追加募集

川崎市は、宮前区菅生に開設する菅生地域交流農園の2018〜19年度の利用者の補欠者追加募集を4月20日まで行っている。

この農園は農園は、川崎市立菅生中学の北側に隣接しており、市民の農業体験と地域交流の場と地域農業の活性化のために2008年に開園した。1区画約10平方mで、40区画あり利用者是認が地域交流農園管理組合に加入し、役員を決めて区画外の通路や農機具、水道などの管理を行う。
利用者の辞退で補欠者全員が繰り上がり、1区画空きが出たための追加募集だ。
利用資格は、川崎市が開設する小倉・上小田中・上作延・南生田。千代ヶ丘市民農園の利用者以外の川崎市内在住市民で、同管理組合に加入し駐車場がないため自動車以外で通える人。利用期間は、繰り上げ当選日から2020年3月14日まで。募集は10人で補欠順位を1位〜10位を決め、補欠順位1位になった人は直ぐに利用ができる。利用料金は1区画で年間6,000円(貸付料2,000円、組合費4,000円)。
申し込み方法は、メールまたはFAXで、菅生地域交流農園申し込み、住所、氏名(フリガナ),、年齢、電話番号(日中連絡が取れる番号)、農園までの交通手段(徒歩、バス、自転車)、自身のメールアドレスまたはfax 番号を書き4月20日(必着)までに申し込む。募集は10人で補欠順位を1位〜10位を決め、補欠順位1位になった人は直ぐに利用ができる。
申込先は、川崎市都市農業振興センター農魚振興課で、FAX044-860-2464 メールアドレス28nogyo@city.kawasaki.jp
補欠順位決定後に申込者に結果を知らせる。また、現利用者が辞退して空き区画ができた場合は、同センター農業振興課から申込者に利用の意思を確認、利用ガイドなどの資料を渡す。
同農園のアクセスなど詳細はこちら>
問い合わせは☎044-860-2462同センター農業振興課。

 

,

 

2018-04-06 in 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b4) 川崎市宮前区 | Permalink | コメント (0)

2017年8 月 4日 (金曜日)

狛江市の和泉多摩川駅前で8月5日に夏祭り : メイン通りでライブやダンスなどイベント開催


和泉多摩川商店街振興組合が8月5日12時〜20時30分にサマーフェスティバル「一八〇(いちはちまる)」と名付けた祭りを開催、メインストリートを歩行者天国にして、さまざまなイベントを催す。当日雨天の場合は6日日に順延。

このイベントは同振興組合が、商店街を身近に感じてもらうきっかけをつくろうと、多くの人がつながる場を提供し商店街の活性化と地域振興につなげようと計画した。
モール化されたメインストリートの長さが約180mにちなんでイベント名を「一八〇」と名付け、「いつもと違う、いつもの通り」をコンセプトに、商店街のメイン通りを歩行者天国にしてテーブルとイスを設置し、狛江市の特産品の枝豆の特設販売ブースを設ける。特設ステージでライブ演奏、枝豆をかたどった段ボールに来場者が絵を描くスマイルアーチプロジェクト、シルクスクリーン体験、撮影機材体験、縁日、約20の店舗によるブースでは商品の展示や販売などを行い、子どもからおとなまで楽しめるさまざまなイベントを行う。舞台参加は、商店街近くの都立狛江高校合唱部や軽音学部、狛江第二中学ダブルダッチ部など狛江にちなんだ団体で、撮影機材体験なども駅周辺の企業の協力によるもの。
詳しくはHP(こちら>)
問い合わせMizumita magawa180@gmail.com和泉多摩川商店街振興組合。

2017-08-04 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 08)経済・農業, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, 音楽, | Permalink | コメント (0)

2017年7 月 2日 (日曜日)

狛江市役所市民ひろばで7月3日と4日にえだまめまつり : 特産品を通常より安価で販売

狛江市役所前の市民ひろばで、7月3日と4日の午前9時からえだまめまつり(狛江市年農政推進協議会主催)が開かれ、通常より安価で枝豆を販売する。

同市は枝豆の栽培に適した土に恵まれ、市内の大半の農家が作付けしており味の良さも定評で、都内の料理屋に直接納入する農家もあるほどの人気農産物となっている。
まつりは、特産品を知ってもらおう1999年に始まり、付加価値を高めようと、多摩地区の酪農家が経営するアイスクリーム工房に枝豆を持ち込み、限定販売の「えだまめアイス」も作っている。
ことしは、JAマインズ狛江支店が工事中のため会場が狛江市役所前ひろばに変更された。当日は、枝豆とえだまめアイスのほか、いまが旬のジャガイモとタマネギの詰め放題販売も行う。売り切れ次第終了で、枝豆購入者には抽選でえだまめアイス、鉢植え、切り花のプレゼントがある。
問い合わせは電話03(3488)3435JAマインスショップ狛江支店経済課。

2017-07-02 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, a) 狛江市のニュース, | Permalink | コメント (0)

2017年1 月31日 (火曜日)

狛江市の商店会が1月31日から「ワンコイン酒場まつり」:街の活性化めざして第2弾

ワンコイン500円でつまみとドリンクを楽しめる「ワンコイン酒場まつり」を狛江市中和泉の狛江ショッピングセンター商店会が1月31日から2月19日まで開催する。

同商店会は同市の表通りにあたる狛江通りに面していない住宅街にあるため、市民でも知らない人が多いため、その存在を多くの人に知ってもらい、活性化をはかろうと企画。2015年に初めて開催し好評だったため、第2弾を催すことにしたもの。
同商店会に加盟する飲食店、スナックなど12店がそれぞれの特色をいかしたつまみとドリンクを500円(税込)で提供するほか、訪れた店の数に応じてカラオケ券と引き換えるスタンプラリーも行う。
また、期間中は全加盟店でボックスティッシュをプレゼントするほか、1月31日から2月4日までつきたての餅のプレゼントも行う。
参加店では、おいしい酒とつまみで寒さを吹き飛ばし、地元の人同士の温かいふれあいの場になればと参加を呼びかけるとともに、できるだけ早い時間帯に来てほしいと話している。
問い合わせは電話3489-0432狛江ショッピングセンター商店会・靴の東京堂。

2017-01-31 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, a) 狛江市のニュース, | Permalink | コメント (0)