2021年3 月18日 (木曜日)

狛江市で19日から29日に「こまえ桜まつり」:名所7カ所回るスタンプラリー

多摩川001狛江市内のサクラを楽しんでと、桜の名所7個所をめぐるこまえ桜まつりスタンプラリー(こまえ桜まつり実行委員会主催)が3月19日から29日まで行われる。

写真=五本松付近の桜並木

野川001
野川の桜並木

同市では、市制45年を記念して2015年4月に根川さくら通りをメイン会場にして多摩川住宅二号棟中央公園、むいから民家園で初の桜まつりを実施、開花に合わせて根川さくら通りのソメイヨシノのライトアップやさまざまなイベントを行った。翌年から毎年3月末から4月初旬に根川さくら通りなどで桜まつりを実施しており、当日はメイン会場に休憩所を設け、市内の市民団体が出店するほかキッチンカーも出て花見気分を盛り上げていた。
2020年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、まつりやプレイベントライトアップはすべて中止となった。6回目にあたることしも、新型コロナウイルス感染症はまだ収まっていないが、2年連続の中止は避けようと、密を避けるため一個所での中心的なイベントやキッチンカーなどの出店は避け、市内にサクラを名所を回るスタンプラリー方式での実施となった。
スタンプラリーの場所は、狛江市役所、古民家園、西河原公民館、上和泉地域センター、野川地域センター、岩戸地域センター、南部地域センターの7個所で、各施設の近くにはサクラの名所がある。
参加方式はスマートフォンでスタンプを集める方式と、3万枚印刷し新聞折込や小・中学校、同まつりの協力店などに配布した台紙で直接スタンプを集めるの二通りある。スマートフォン形式は、上記の各施設内のスタンプ設置場所に置いてあるQRコードを読み込み、4個所以上集まったらサイト内の応募フォームより住所氏名など必要事項を入力して応募。台紙の場合は、各スポットに設置された消しゴムスタンプを応募用紙に推して4つ以上集まったら、台紙裏側に必要事項を書き込み、スタンプ設置場所に置かれた応募箱に投函する。応募者の中から抽選で100人に、魚沼産の米、小菅の檜で作ったマスクかけ、市内の作業所など絵作った菓子やジャムのほか桜まつり協賛店などから提供された9つの品物を詰め合わせた「こまえ桜まつりギフトボックス」があたる。
また、期間中に自身のTwitterまたはInstagramに、狛江のサクラの写真を「#こまえ桜まつりスタンプラリー」で投稿すると、サーモスステンレスボトル500mlを10人にプレゼントする「ハッシュダグ賞」もある。ハッシュタグ賞の応募は狛江市SNS硬式アカウントフォローした上、スタンプラリーに参加して市内の桜を撮影、撮影日、撮影場所を明記してハッシュタグ「#こまえ桜まつりスタンプラリー」をつけて投稿する。投稿は複数でも可能で、当選者にはTwitterまたはInstagramのダイレクトメールで連絡する。
同実行委員会では、桜をめぐりながら市内のお店で一休みして飲食や買い物をしてと、2020年に新型コロナ感染症により落ち込む消費対策として実施した「食べて、買って、応援!キャンペーン」に協力した67店舗をホームページ上で掲載している。
問い合わせは03-3430-1111(内線2224)狛江市役所地域活性課内 こまえ桜まつり実行委員会事務局。

2021-03-18 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2020年3 月17日 (火曜日)

サクラの開花情報を速報 : 「今日の桜2020」がスタート

川崎市、狛江市とその周辺の桜の開花状況を写真と短い記事で伝える「今日の桜2020」(こちら>)が3月15日にスタートしました。


この企画は、地域の四季折々の花情報を伝える市民ボランティアの「花咲案内人」が、決まった桜を定点観測して、桜の花のアップと開花の進み具合、周辺の様子などを開花から満開、花の散るまでを日ごとに紹介しているもので、毎年多くの方から好評をいただいています。

現在も、桜のガイドをするボランティアを募集していますので、ぜひご応募ください。
問い合わせ・応募はEメール(mail@k-press.net)でインターネット新聞「k-press」今日の桜2020係へ。

2020-03-17 in 01) 自然・環境, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, b) 川崎市のニュース | Permalink | コメント (0)

2019年7 月20日 (土曜日)

狛江市で7月21日に多摩川いかだレース : 91艇がタイムやできばえ競う、ビアガーデンなどのイベントも

手作りいかだで川を下る狛江市の夏の名物行事「狛江古代カップ第29回多摩川いかだレース」(いかだレース実行委員会主催)が7月21日に多摩川で開かれる。
タイムやいかだのできばえを競うレースのほか、ゴール付近の会場では枝豆ビアガーデンやブランド野菜の販売、同市とゆかりのある新潟県長岡市川口地域のアユや山梨県小菅村のかき氷、みしまコロッケの販売などのイベントも催される。

いかだレースは、狛江市、川崎市、調布市、稲城市、世田谷区、青梅市、世田谷区のほか同市とふるさと友好都市交流を行っている新潟県長岡市川口地域や住民交流友好都市の山梨県小菅村などから昨年より5艇多い91艇のいかだが参加。一般、学生、レディース・ジュニアの4部門に分かれて実施される。
レースは元和泉の通称・五本松付近をスタート、約1.3km下流の二ケ領宿河原堰手前のゴールをまでの区間で実施される。午前10時から10分間隔で7、8艇ずつがスタート、12レースまで行われる。
最後の2レースは、所要タイムを競うタイムレースとして設定され、「ハートフルおやじファミリー号」の6連覇がなるか、注目される。また、第1レースにはタレントのダニエル・カールさんと柔道家で五輪のソウル、バルセロナ、アトランタ3大会連続でメダルを獲得した田辺陽子さんが「美しい多摩川フォーラム」号に乗る。
当日はこのほかにイベントが実施され、スタート付近で8時から10時までレース優勝タイム当てクイズ、ゴール地点で9時から多摩川流域自治体交流イベントラリー、ぬり絵コーナー、10時からビアガーデン、友好都市及び災害相互応援都市の出店、子どもお楽しみラリー、11時からSinger haruのコンサート、12時からMOGURAのコンサート、13時から多摩源流小菅村ウルトラクイズ、13時半から表彰式などが行われる。
当日、雨天など荒天の場合は28日に順延。
問い合わせは、電話03(3430)1111狛江市市民生活部地域活性課内 狛江古代カップ第28回多摩川いかだレース実行委員会。

2019-07-20 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2019年6 月 8日 (土曜日)

狛江市の多摩川で屋形船が引っ越し:貸しボートのモニュメントに

190605yakatabune003狛江市の多摩水道橋下流の貸しボートで使われていた屋形船の引っ越しが6月5日に行われた。貸しボートの営業休止にともない屋形船を使わなくなったため、水害シーズンを前に移設することにしたもの。約1時間半をかけて大型のクレーンを使って川面から吊り上げ、堤防下の小段に据え付けた。

写真=川から吊り上げられる屋形船

190605yakatabune001この貸しボートは「たまりや」の名で長く営業、近年は狛江市観光協会が運営してきた。しかし、協会の委託を受けて業務を行ってきた谷田部靖彦さんがことし1月に急逝したため、靖彦さんと一緒に業務を続けてきた弟の和夫さんは存続を断念、営業を休止していた。
190605yakatabune002長く親しまれた多摩川の貸しボートを多くの人に記憶にとどめてもらおうと5月4日と5日に無料で体験するイベントを催し、家族連れなどの人気をよんだ。
屋形船は約30人が乗れる木製の和船で、普段はボートに乗り込む際の桟橋代わりにするほか、毎年夏に催される灯ろう流しなどに使われてきた。
190605yakatabune004屋形船は営業休止中も岸に係留されてきたが、川の増水による流失や事故の恐れなどがあったため、数十メートル離れた陸上に保存することにしたもの。
観光協会や谷田部和夫さんは、塗装や修復を行ってモニュメントとして残していきたいとしている。また、靖彦さんの妻のノリ子さんは「長い間使ってきた屋形船が、梅雨前に川から引き上げられ、しばらくの間でも河川敷に保管されて見ることができてほっとしている」と話した。
多摩川の貸しボートは他にないため、観光スポットとして存続することを検討しているという。

2018-04-09 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, | Permalink | コメント (0)

2018年3 月28日 (水曜日)

狛江市で4月1日に桜まつり : 26日から西河原公民館前などでライトアップ

20180327sakuralightup-1狛江市の多摩川団地付近の根川さくら通りで4月1日に第4回こまえ桜まつりが行われる。期間中に夜桜を多くの人に楽しんでもらおうと3月26日から同市元和泉の六郷さくら通りの西河原公民館前と水神前から多摩川堤防まで間で桜のライトアップが行われるほか、30日には西河原公民館の3階ホールで桜コンサートも開かれる。

写真=西河原公民館前のライトアップされたソメイヨシノ(3月27日撮影)

20180327sakuralightup-2ライトアップは「こまえ桜まつり」の一環として行われているもので、当初は29日から3日間の予定だったが、桜の見頃が早まったため、急きょ26日からの実施となり、午後6時〜8時に沿道の桜を照らし出す。29日と30日は狛江市シルバー人材センターによるさくら茶の無料配布(なくなり次第終了)がある。
30日午後6時30分からの桜コンサートは、市内在住のヴァイオリニスト飯守朝子さん、ピアニスト小井土文哉さんがベートーヴェンのピアノとヴァイオリンのためのソナタ「春」などを演奏、先着150人が無料で入場できる。また会場まえのロビからライトアップされた桜も官署できる。
桜まつりは、時間は午前10時から午後4時までで、根川さくら通りのメイン会場に、ケバブ、モツ煮などのキッチンカー18台、市民団体が出店するヤマメ塩焼き、焼き鳥、広島焼、おでん、和菓子など15の店舗が、花見を楽しんでもらう趣向だ。サブ会場の多摩川住宅ニ棟中央公園にはキックターゲット、ふわふわドームなどのキッズコーナーを開設、親子で楽しめる。また、根川地区センターバス停付近ではストリートダンスコーナーが設けられ、狛江第二中学校ダブルダッチ部と狛江ストリートダンス協会がダンスなどを披露する。根川地区センターではパラリンピックの競技「ボッチャ」の体験ブースや、オリンピック・パラリンピックのPRブースなどがある。
当日は午前8時〜午後6時は会場となる根川さくら通りの区間は自動車、バイク、自転車が通行禁止となる。また駐車場がないため、自転車やバスなどを利用するよう主催者側では呼びかけている。
このほか、関連イベントとして3月31日午後5時30分からむいから民家園で「むいから能楽鑑賞会」が行われ、市内在住の能楽師・中村昌弘さんが主宰する故おまえ能楽普及会の会員が能や謡の一部を披露する。4月1日午前10時から午後4時まで同園で昔遊びとミニ工作がが催される。
問い合わせは電話03-3430-1149狛江市役所秘書広報室。

2018-03-28 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース, 音楽, | Permalink | コメント (0)

2018年3 月17日 (土曜日)

k-pressが今日の桜2018を3月17日に開設

180317sakura003東京で3月17日にソメイヨシノの開花宣言が発表されました。
k-pressではことしも、川崎市や狛江市などのサクラの見どころの開花状況をお知らせする「今日の桜 2018」を改札しました。

今日の桜2018はこちら>

この企画は、地域の四季折々の花情報を伝える市民ボランティアの「花咲案内人」が、決まった桜を定点観測して、桜の花のアップと開花の進み具合、周辺の様子などを開花から満開、花の散るまでを日ごとに紹介しているもので、毎年多くの方から好評をいただいています。

現在も、桜のガイドをするボランティアを募集していますので、ぜひご応募ください。
問い合わせ・応募はEメール(mail@k-press.net)でインターネット新聞「k-press」今日の桜2018係へ。 

2018-03-17 in 01) 自然・環境, a) 狛江市のニュース, b) 川崎市のニュース | Permalink | コメント (0)

2018年1 月11日 (木曜日)

川崎市中原区でサクラが開花

20180102_09r川崎市中原区上小田中にある東日本旅客鉄道の車両基地「中原電車区」のサクラが、新年早々の1月2日に開花、近所で話題を集めている。
真=枝先で数輪が開花(1月2日、清水隆さん撮影)

このサクラは、例年早く咲くことでよく知られている。
電車区近くで居酒屋を営み毎年このサクラを観察しているk-pressの花咲案内人・清水隆さんによると、開花は年々早まっているという。

関連記事=川崎市中原区のJR東日本中原電車区で早咲きのサクラが開花こちら>

2018-01-11 in 01) 自然・環境, b5) 川崎市中原区 | Permalink | コメント (0)