2019年9 月28日 (土曜日)

川崎市が横浜市営地下鉄の延伸ルートについて意見募集 : あざみ野駅〜新百合ヶ丘駅間に3ルート案

川崎市まちづくり局交通政策室が、横浜市高速鉄道3号線(市営地下鉄ブルーライン)のあざみ野駅から新百合ヶ丘への延伸についてルートや駅周辺のまち作りなどへの市民の意見を募集している。

同鉄道の延伸については、整備や費用対効果、採算性が認められるとして2019年1月に横浜市が事業化を決め、川崎市と相互に連携・協力し早期開業を目指すとして両市で覚書を交わした。
両市で検討したルートについて、8月23日、25日、26日、31日に麻生区役所や横浜市のあざみ野第一小学校などで説明会を開き、当初の予定を超える1000人以上の市民が参加、駅の場所や周辺の開発について多くの意見が市民から出されるなど、関心の高さをうかがわせた。
この事業は、川崎市北部や東京都多摩地域と横浜市や新幹線新横浜駅へのアクセスの向上を目指して2014年から事業化に向けた基礎調査が始まった。2016年に国土交通省交通政策審議会に出された事業概要によると、整備区間はあざみ野駅〜新百合ヶ丘駅で、整備延長は約6.0km〜6.5km、概算事業費は約1,690億円〜1,760億円、ルート・駅位置は新駅4駅(あざみ野駅を除く)、事業主体は横浜市交通局で、2030年度の開業を目指すとしている。
横浜市と川崎市北部、東京都多摩地区を結ぶ新たな都市交通軸となるほか、災害時の輸送力の確保、新横浜駅への時間短縮、沿線地域の活性化など、整備効果が高いとしている。
現在は新百合ヶ丘〜あざみ野駅間はバスで約30分かかるが、完成後は乗り換えなしの約10分で結ばれる。また、新横浜駅へは現在、JR横浜線町田駅経由で約35分かかるが、乗り換えなしの約27分になり約8分短縮されるとしている。
このほど発表された川崎側ルートは3案で、(1)東側ルート=新百合ヶ丘南側付近〜ヨネッティー王禅寺付近〜(横浜市青葉区)すすき野付近〜嶮山付近〜あざみの駅(2)西側ルート=新百合ヶ丘南側付近〜白山付近〜横浜市側は同ルート(3)中央ルート=新百合ヶ丘南側付近〜王禅寺公園付近〜横浜市側は同ルート。いずれも1日あたり8万人が利用すると推定している。
同局では、東側ルートを有力ルートとしており、その理由として(1)ヨネッティー王禅寺付近は、新百合ヶ丘駅、柿生駅、生田駅、宮前区役所、宮前平駅、たまプラーザ駅、あざみ野駅と9方面のバス路線が通り、1日約400本が走っており、川崎市北部地区のアクセスが高まり、鉄道との競合によるバス路線の影響が少なく、拠点駅へのアクセス性向上に最も寄与するなど交通ネットワークが充実する(2)広い地域の人が利用する環境となり、駅周辺の活性化や利便性向上に最も寄与するなどをあげている。

募集する意見は、有力ルートに関する考え方についてで、川崎市内在住などに関わらずだれでも提出できる。
提出方法は郵送、持参、FAX、電子メールで10月16日まで受け付ける。
ルートと考え方などについてはホームページ(こちら>)。
意見の送付先は〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市まちづくり局交通政策室
FAXは044-200-3970
メールは同局交通政策室ホームページの意見募集専用フォームから(こちら>)。
問い合わせは電話044-200-0147川崎市まちづくり局交通政策室。

2019-09-28 in 11)まちづくり, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, d)横浜市 | Permalink | コメント (0)

10月13日に川崎港で帆船のセイルドリル付きクルーズ : 10月2日まで参加者を募集

10月13日に川崎港内で行われる帆船のセイルドリル(帆を張る訓練)体験とクルーズを親子で楽しむイベントの参加者を募集している。

このイベントは第46回川崎みなと祭り開催中に行われるもので、1982年にスペインで南極探検を目的に建造され、海洋・気象調査船として使われ、現在は清水港を母港に駿河湾近海で活躍している「ドーントレッダー号」(131.94t、全長32.5m、幅7.0m)が川崎港に寄港するのを記念するもの。
当日は東扇島防災浮桟橋付近で10時〜11時30分と13時〜14時30分の2回実施、港内ではフルセイルで帆走ができないためエンジンをかけた帆走を行う予定。当日荒天の場合は中止。
対象は川崎市内在住の小学3年生以上の子どもとその保護者で各回10組20人。参加は無料。
申し込みは往復葉書に住所、全員の名前、子どもの学年、中止などの連絡が取れる電話番号、希望時間を書き〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市港湾局港湾振興部誘致振興係へ10月2日(消印有効)までに送る。応募多数の場合は抽選で10月10日までに結果を通知する。
問い合わせは電話044-200-0350川崎市港湾局港湾振興部誘致振興課。

2019-09-28 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , b) 川崎市のニュース, b7) 川崎市川崎区 | Permalink | コメント (0)

2019年8 月14日 (水曜日)

川崎市麻生区の西生田小学区で8月24日夜に野外上映会 : チャップリンの無声映画などを活弁付きで上映

川崎市麻生区の西生田小学校校庭で8月24日夜に野外上映会が開かれ、「チャップリンの冒険」など約100年前に制作されたドタバタコメディ短編映画4本を活弁付きで上映する。会場では17時から飲食を扱う屋台も出店する。

上映会は、秋に催される第25回KAWASKIしんゆり映画祭2019のプレイベントで、同映画祭を運営するNPO法人KAWASAKIアーツと麻生区が共催するもので、野外上映会としては20回目を数え、夏休み中の親子が楽しめる同区の夏の恒例行事だ。
上映開始は18時50分からで、「チャップリンの冒険」「チャップリンの番頭」「爆進ラリー」「ドタバタ撮影所」の11分から22分のサイレント短編映画を弁士の山城秀之さんと山内菜々子さんのナレーションやセリフで盛り上げて上映、クレイアニメ「映画の妖精 フィルとムー」も同時に上映、20時20分に終了の予定だ。会場にはブルーシートが敷かれる。
入場は無料。当日雨天・強風の場合は同小体育館で上映だが、先着500人に限られ、屋台の規模が縮小される。また荒天の場合は中止。会場は駐車場がないため、主催者は車での来場は遠慮するよう呼びかけている。
問い合わせは電話044-953-7652NPO法人KAWASAKIアーツ ・映画祭事務局。詳細はKAWASKIしんゆり映画祭HP(こちら>)

2019-08-14 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, 映画 | Permalink | コメント (0)

2019年7 月12日 (金曜日)

川崎フロンターレがサガン鳥栖とスコアレスドロー : 雨の戦い実らず3位に後退

190707fron-2Jリーグ第18節の試合が7月6日、7日に各地で行われ、川崎フロンターレは7日に中原区等々力のホームの等々力陸上競技場でサガン鳥栖と対戦した。雨の中の試合は互いに決め手を欠き、スコアレスドローに終わり、1試合少ない川崎Fは暫定ながら2位から3位に後退。首位のFC東京がガンバ大阪に勝利したため、勝ち点差は7に開いた。

190707fron-3今節はリーグ戦折り返しとなる試合で、川崎FはACLの日程の関係で1試合少なく、17節現在で8勝7分1敗勝点31で暫定3位につけている。次節は首位のFC東京と多摩川クラシコで対戦するだけに、勝点3がほしいところだ。
鳥栖は16位と低迷しているが、先頃シーズン途中での引退を表明したFWフェルナンド トーレス(#11)が前節2ゴールをあげて勝利しており、連勝して降格圏からの脱出をめざす。
朝から断続的に雨が降り、気温も上がらない日曜日のナイターだったが、競技場にはサポーター22,553人が訪れた。
190707fron-4川崎Fは、2試合連続ゴールで総得点99になったFW小林悠(#11)が先発、負傷が癒え、4日前の天皇杯で途中出場したMF中村憲剛(#14)が久々にベンチ入りした。
試合は前半、川崎Fがボールを保持し鳥栖陣内に攻め入り、小林の100ゴールをお膳立てするが鳥栖DF陣とGKの好守に阻まれた。途中からは強くなった風雨の影響でパスが通りにくくなり、前半を0対0で折り返した。
後半も前半と同じような展開で進んだが、57分に川崎Fの司令塔MF大島僚太(#10)がふくらはぎの違和感を訴えてMF守田英正(#6)と交替した。両チームとも一進一退の攻防をくり広げたが、川崎Fは中村や阿部浩之(#8)を送り出し、鳥栖も53分にトーレスに替わってFW豊田陽平(#11)を投入するなど、両チームとも交替カードを早めに使った打開を図ったが、得点にはつながらず、引き分けに終わった。川崎Fのリーグ戦ホームの勝利は、第10節(5月3日仙台)以降はなく引き分けが続いており、これで4試合連続の引き分けとなった。
190707fron-1試合前には、川崎Fのマスコット「カブレラ」にちなんだイベント「カブレラのPK対決!」が行われ、歌舞伎の魅力を発信するキャラクター「かぶきみゃんたろう」と、派手な歌舞伎の衣装を身につけたお笑い芸人「ぺこぱ」が登場、観客をわかせた。
次のホームゲームは27日19時からで大分トリニータと対戦する。

2019-07-12 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2019年7 月 4日 (木曜日)

天皇杯2回戦:川崎フロンターレが明大に辛勝、相手オウンゴールで逃げ切り

190703frontale-1天皇杯 JFA第99回全日本サッカー選手権大会の2回戦29試合が7月3日に各地で行われた。2回戦から参戦するJ1チームの川崎フロンターレは、川崎市中原区の等々力競技場で東京都代表の明治大学と対戦、相手オウンゴールで得た虎の子の1点を守って逃げ切り、からくも3回戦へ進出した。

写(撮影 : 桑山輝明)=15分、得点につながる川崎FのFW知念慶(#20)のヘディング

明大は、関東大学リーグ1部12チーム中で1位の成績を残しており、5年ぶりに出場した天皇杯1回戦では秋田県代表でJ3のブラウブリッツ秋田を3対0で降し2回戦に進出した。ただ、主力の3選手が7月2日からナポリで行われている2019年夏季ユニバーシアードサッカー競技日本代表に選ばれたため、この日の試合には出場できなかった。
ウィークデーのナイターだったが、競技場には川崎Fのサポーターをはじめ8,031人が入場、明大もチアリーダーが加わって華やかな応援をくり広げた。
190703frontale-2試合は前半、川崎Fがボールを保持する時間が長く、押し気味にゲームを運んだ。15分にMF下田北斗(#22)のコーナーキックにFW知念慶(#20)が頭で合わせたボールを明大DFがクリアしたが、味方選手に当たったボールがゴールを割り、川崎Fが相手オウンゴールで先制した。川崎Fはこの得点で勢いを増し、明大ゴールに迫ったが、相手GKのビックセーブと守備陣に阻まれ(写真左)、前半を1対0で折り返した。
前半はシュート0だった明大は、後半に入ると攻勢に転じ、6本のシュートを放って川崎Fのゴールを脅かした。終了間際には惜しいシュートもあったが、結局無得点に終わった。川崎Fは61分に負傷明けのMF中村憲剛(#14)が久しぶりにピッチに立ち、何度かチャンスメイクをするなど復活をアピールした。
試合後、川崎Fの鬼木達監督は「勝つことが一番だったが、満足がいくゲーム内容ではなかった」と気を引き締めていた。
川崎Fの次のホームゲームは、7月7日19時からサガン鳥栖と対戦する。

2019-07-04 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区 | Permalink | コメント (0)

2019年6 月28日 (金曜日)

市内産「かわさきそだち」で夏野菜の料理作ろう:川崎市宮前区で7月12日に教室、参加者を募集

川崎市宮前区宮崎の農産物直売所「セレサモス宮前店」2階の多目的ホール「モスぴーホール」で7月12日に開かれる川崎市内産の農産物を使った「かわさきそだち料理教室」の参加者を7月1日まで募集している。

この教室は、セレサ川崎農業協同組合、生産者団体、市場関係者、川崎市などで構成する「かわさき地産地消推進協議会」が主催し、毎年開催している。
今回は市内産「かわさきそだち」の夏野菜を使ったメニューで、野菜deおすし、なすの餃子、ジャバラきゅうりのしょう油あえ、きゅうりの中華スープ、赤しそジュースのゼリーの予定。
講師は、地元に伝わる料理・工芸などの生活技術を伝承し、神奈川県の認定を受けた「ふるさとの生活技術指導士の会」会員が務める。
時間は11時から14時で、参加対象は川崎市民、定員は30人で応募多数の場合は抽選。参加費は1,000円。
申し込みは、往復葉書、電子メール、ファクスのいずれかで「料理教室申込み」、住所、氏名、年齢、電話番号(日中連絡のとれる番号)、FAX(FAX申し込みの場合は必須)、メールアドレス(メール申し込みの場合は必須、申し込み用紙はこちら)を書き、〒213-0015 川崎市高津区梶ヶ谷2-1-7 JAセレサ梶ケ谷ビル2階 川崎市都市農業振興センター 農業振興課(FAX044-860-2464、Eメール28nogyo@city.kawasaki.jp)へ7月1日(必着)までに送る。
問い合わせは電話044-860-2462 川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課。

2019-06-28 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b4) 川崎市宮前区, | Permalink | コメント (0)

2019年6 月24日 (月曜日)

南武線登戸駅前で6月26日に登戸マルシェ : 市内産の夏野菜などを販売

川崎市多摩区の南武線登戸駅の自由通路で、市内産の夏野菜や市内の障害者施設が手作りしたジャム、手芸品を販売する「登戸駅マルシェ」が6月26日に開かれる。

登戸マルシェは、南武線沿線の市民に川崎の農産物に触れる機会を、と川崎農業青年協議会が主催、かわさき地産地消協議会の後援で2014年から定期的に開催され人気を集めている。
今回は、夏野菜を中心にした農産物のほか、特定非営利活動法人たま・あさお精神保健福祉をすすめる会に所属する就労継続支援事業所などが自立支援のために制作したグッズを販売する。
販売時間は16時から18時だが、売り切れ次第終了する。
問い合わせは電話044-860-2462川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課。

2019-06-24 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区, | Permalink | コメント (0)

川崎フロンターレが7月20日にファン感謝デー : ことしも多彩なイベント、参加は後援会会員限定

180630fronfankan川崎フロンターレは、7月20日に川崎市中原区にあるホームスタジアムの等々力陸上競技場で「2019ファン感謝デー」(川崎フロンターレ後援会・川崎フロンターレ主催)を開催する。参加は川崎フロンターレ後援会会員限定で、チームバスや選手ロッカールームの見学、ピッチでサッカー体験など一部のイベントの事前申し込みを7月3日まで受け付けている。

写真=昨年のファン感謝デー

ファン感は、選手が特設ステージでパフォーマンスを披露するほか、当日出店する各店で選手と写真撮影ができるなど選手とふれ合えるイベントが盛りたくさんで、毎年多くのサポーターが参加する。
開催時間は12時〜16時30分で、選手の出演は13時30分から。
主なイベントはファン感LIVEシート購入者限定「プレミアム抽選会」、ダンスでフロンターレを盛り上げる「フロンタールズ」やホームゲームの選手入場時にファンファーレを演奏する洗足学園音楽大学のパフォーマンスのほか、ステージで音楽などを演奏する選手をサポーターが盛り上げる「激アツLIVE」、ファン感スタンプラリー、ウォーターチューブなど数多くのイベントがくり広げられる。またサンドイッチ、ホットドック、うどん、そば、串焼き肉、肉ニラまんじゅうなどさまざまな食品販売もある。
事前申し込みが必要なイベントは○ことしのファン感のテーマの「愛」についてステージで叫ぶ○鬼木監督と楽しくサッカーをしよう○等々力のピッチでサッカー○川崎の星 マナブのコー”スター”作り○チームバス見学○選手ロッカールーム見学○ふろん太と似顔絵○はしご車体験○車屋先生の愛の検診(乳がん検診)○ファン感限定グッズ事前抽選販売など。
事前申し込みイベントの詳細はこちら>

フロンターレ後援会の入会受け付けは会場でも当日午前10時から行うが、主催者側ではスムーズに入場できるよう事前の入会を呼びかけている。
問い合わせは電話0570-000-565(電話受付10:00~18:00)、Eメールinfo@bluefriends.jp。

2019-06-24 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ, | Permalink | コメント (0)

2019年6 月 8日 (土曜日)

川崎市が川崎フロンターレのホーム試合に市民1,000組を招待 : 7月27日の大分トリニータ戦

川崎市は、7月27日19時から同市中原区の等々力陸上競技場で行われるJリーグ第20節 川崎フロンターレ対大分トリニータの試合に1,000組2,000人の市民を招待、6月15日まで往復葉書で申し込みを受け付けている。

同市では、7月1日の市制記念にちなみ2004年から市民招待を実施している。
招待対象は川崎市在住の人で、はがき一枚で2人を招待する。中学生以下は保護者の同伴が必要で、席が不要の就学前の子どもは無料で観戦できる。
申し込みは、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を記入し、〒210-8577 (住所不要) 市民文化局市民スポーツ室「サッカー市民招待」へ。定員を超えた場合は抽選で、結果は6月末から7月上旬に送付される。
問い合わせは電話044-200-2245川崎市市民文化局市民スポーツ室。