2019年3 月18日 (月曜日)

第8回麻生区観光写真コンクール:最優秀賞に真下智彦さん、3月20日から麻生区役所で全作品展示

最優秀選手賞・真下智彦・ハロウィンパレード川崎市の「第8回麻生区観光写真コンクール」の入選作品17点が決まり、受賞作と応募全作品が3月20日から麻生区役所ロビーで展示される。最優秀賞には同区の真下智彦さんの「ハロウィンパレード」が選ばれた。

写真=最優秀賞の真下智彦さん「ハロウィンパレード」

190319asaokankousyasin-1
麻生区役所ロビーに全応募作品を展示

このコンクールは、自然が豊かで田園風景や伝統行事が残る一方、新しい街として近代的な町並みが整備されている麻生区の多様で変化に富んだ見所を発見し、多くの人に発信する目的で2009年に麻生観光協会が麻生区とともに催しており、2014年度からは1年おきに開催している。
今回は、市内外の59人から150点の作品が寄せられた。
応募作品はどんど焼き、だるま市などの伝統行事、サクラ、アジサイなどの花の名所、区内に残る田園風景などに加え、浄慶寺、香林寺などの観光スポットや新百合ヶ丘駅周辺のイルミネーションなど新しい街の風景など多彩。
2月19日に同区役所で行われた審査会では、和光大学表現学部教授・小関和弘さん、写真家井田裕明さんら8人の審査委員が3時間近くかけて選考にあたった。
その結果、同区の真下智彦さんが新百合ヶ丘山手通りの紅葉の並木道を楽器を演奏しながら仮装した人たちが歩く行列を撮影した「ハロウィンパレード」が最優秀賞に選ばれた。
優秀賞には、麻生区文化協会会長賞=中原区・原政一さん「禅寺丸の原木」、川崎市観光協会会長賞=麻生区・伊藤幸二さん「春の訪れ」、麻生区町会連合会会長賞=麻生区・中山正毅さん「雪景色」、麻生区商店街連合会会長賞=麻生区・大倉正直さん「JAセレサ川崎創立20周年事業記念田んぼアート」、柿生禅寺丸柿保存会会長賞=麻生区・TOMさん「収穫の喜び」が選ばれた。
また、入賞は麻生区・安藤敬さん「ピンクロード」、麻生区・今井森夫さん「わたしの好きな散歩路」、秦野市・岡田ユキオさん「修廣寺雪景色」、麻生区・木村康則さん「両手に花」、多摩区・清田道子さん「きらめく街」、調布市・輿水邦夫さん「見てください」、麻生区・60の手習いさん「太陽がいっぱい」、麻生区・田澤梓さん「僕より長いの抜けた」、多摩区・山田康元さん「夫婦で作業」が決まった。
子どもの部の入選は麻生区・川端隆ノ介さん「汁守神社のお正月」、麻生区・川端瑚悠さん「夜空と五重塔」が選ばれた。
応募作品はパネル15枚にプリントして公開される。展示は3月29日まで。
問い合わせは電話044(965)5113麻生区役所地域振興課。

 

2018-11-27 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2018年11 月 8日 (木曜日)

よみうりランドのイルミネーションに人気:約600万球で多彩な演出、高さ25mの光の山など全面リニューアル

181011jewelmination015よみうりランド(東京都稲城市、川崎市多摩区)で始まった約600万球の光で彩る首都圏最大級のイルミネーションが人気を呼んでいる。ことしは、使用する球の数を昨年より50万球増やし、すべてのエリアの全面リニューアルを行い、アルプスのマッターホルンをモチーフにした高さ25mの光の山「ジュエリーマウンテン」などが出現、家族連れや若いカップルが訪れ、光の遊園地の散歩を楽しんでいる。
イルミネーションは2019年2月17日まで点灯される。

写真=イルミネーションで彩られたよみうりランドの園内

写真ニュースを見る>

181011jewelmination001
このイルミネーションは、世界的な照明デザイナー石井幹子さんがプロデュースし、2010年から開催されている。「ジュエルミネーション」と名付けた宝石をイメージした約30色の独特のLEDを使い、園内の各コーナーに分けて多彩な演出を施している。
噴水ショーやジュエリーマウンテンのジュエリー・ゲレンデなど、光の中で遊べる仕掛けも新たに加えられている。
また、11月16日からはアイススケート場「ホワイトジュエル」がオープン、イルミネーションに照らされながらスケートを楽しめる。
10月11日の点灯式には石井さん、噴水ショーの演出などを手がけた石井リーサ明理さん、ドラマ「PRINCE OF LEGEND」の出演者、歌手のLISAらによる点灯式(写真左)が催され、ジュエリーマウンテンが浮かび上がると詰めかけた観客からは大きな歓声が上がっていた。
「ジュエルミネーション」は期間中の16時から20時30分(12月15日〜25日は21時まで)。 料金はナイト入園料おとな(18〜64歳)1400円、中高生・シルバー(65歳以上)600円、小学生300円。ナイトパス(入園料含む)おとな2400円、3歳〜高校生・シルバー1600円。
問い合わせは電話044-966-1111。 ホームページhttps://www.yomiuriland.com

2018-11-08 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区, f)稲城市 | Permalink | コメント (0)

2018年10 月19日 (金曜日)

狛江市議会が10月20日に初の議会報告会:市民に開かれた議会めざし、3つのテーマで意見聴く

狛江市議会が「市民に開かれた議会」をめざして10月20日14時から市役所防災センター4階会議室で「狛江市議会の報告と市民の意見を聴く会(議会と話そう)」を初めて催す。

同市の市議(定数22)は、それぞれの政党や会派や個別に議会報告を行っている議員もいるが、議会全体としての報告会は開いていない。
一方、全国市議会議長会の2015年度の調査によると、全国の地方議会では全国813市のうち394市(48.5%)が市議会報告を実施。また、狛江市議会の調べでは2016年5月現在、多摩26市では八王子など10市が行っている。
さらに
、議会運営や市長と議会の役割、市民と議員の関係について明文化した議会基本条例を制定する自治体も増えている。
同市では、2016年に市民から定期的な議会報告会の開催を求める陳情が出され、議会運営委員会で審議された。その結果、議会報告会や基本条例について前向きに検討することになり、明政クラブ、共産党、公明党、生活者ネットワーク、無会派から各1人計5人で議会報告や改革について話し合う準備会(谷田部一之座長)が組織された。準備会で検討した結果、報告会を催すことになった。
当日は病欠の1人を除く市議全員20人(欠員1人)が出席、小川克美議長の挨拶と総務文教、社会、建設環境の3つの常任委員会の委員長が活動報告を行う。次いで各委員会の所属議員と参加者が分かれ、分科会形式で現在検討中の「教育研究所の充実」(総務文教委員会)、「子どもの貧困対策」(社会委員会室)、「ゴミの減量対策」(建設環境)について市民の意見を聴く。その後再び全体会を開き、各委員会から意見をまとめて報告、さらに市民の意見を聴くことにしている。
終了は16時の予定。参加は自由で保育や手話通訳もある。
問い合わせ電話090-2539-0949メールkomeya88@minos.ocn.ne.jp谷田部準備会座長。

2018-10-19 in 02)イベント・催事, 06)政治, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)