2019年11 月11日 (月曜日)

コミュニティーFMの狛江FMが開局:11月11日11時11分11秒に本放送スタート、地域情報中心に多彩な番組発信

Komaefm002狛江市のコミュニティーFM「狛江FM(略称:コマラジ)」が11月11日本放送を開始した。経営は狛江ラジオ放送株式会社(松崎学社長)が行い、狛江市内のコミュニケーション力を高めることを目的に、地域情報に加えバラエティーなどのエンタメ・教育、報道など多彩な番組を発信する。周波数は85.7MHzで狛江市を中心としたエリアで受信できるほか、スマホのアプリ「りすらじ」を使ってインターネットでも聴取できる。11日には狛江市役所向かいのスタジオ(狛江市中和泉1-2-6プラザエクセル201号)で開局式が行われ、集まった関係者のカウントダウンのかけ声を合図に11時11分11秒に本放送がスタートした。

写真=本放送開始で盛り上がるスタジオ

Komaefm001同局は、不動産会社を経営する松崎さん(写真左)、酒類販売業の名古屋奨さんら同市在住や市内の経営者ら6人で2016年に「FM狛江開局準備委員会」を結成して検討を進めてきた。2018年から電波調査など本格的な作業に着手、ことし5月に狛江ラジオ放送株式会社を設立、7月31日に総務省から予備免許を、11月5日に無線局免許状を交付された。
この間、番組などを収録するスタジオを設けたほか、アンテナなどの送信設備は、市の協力で市防災センターに設置した。また、番組を進行するパーソナリティを募り、市内外の音楽家や演劇関係者、能楽師、主婦など約100人が参加、9月14日にはエコルマホールで開局記念式典を催した。
当初、9月14日開局の予定だったが、放送設備の設置の遅れなどで11月に延期されたが、10月12日の台風19号の際には狛江市からの依頼で同日16時46分から13日10時49分まで約18時間にわたり臨時災害放送を行った。
災害時は、狛江市の細かい防災情報を発信し、通常は自社で製作した番組を中心に1日24時間送信する。
開局式で松崎社長は「たくさんの人に手伝いをいただきながら、長く続けられる放送局にしていきたい」と挨拶した。
問い合わせは電話03-5761-7755狛江ラジオ放送。

2019-11-11 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, 10)社会, 12)防災・安全, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2019年11 月 8日 (金曜日)

川崎の文化発展・福祉向上などに大きな功績:友風関ら6氏に川崎市文化賞・社会功労賞など

191107bunkasyo-4川崎市の第48回文化賞・社会功労賞などに、かわさき市民アカデミー学長の太田猛彦さん、認定NPO法人たまりば理事長で川崎市子ども夢パーク所長の西野博之さんら6氏が選ばれた。11月7日に中原区の川崎市国際交流センターホールで贈呈式が催され、福田紀彦川崎市長から各受賞者に賞状と記念品などが手渡された。

写真=文化賞などの受賞者 右から鈴木菜穂子さん、西野博之さん、藤嶋とみ子さん、福田紀彦川崎市長、太田猛彦さん、国府弘子さん、星山勇さん(友風関の祖父)

191107bunkasyo-1
西野さんに賞状を手渡す福田市長

川崎市が政令指定都市となった1972年に文化賞が創設され、1991年度に文化賞、社会功労賞、スポーツ賞に分けられ、2003年度にアゼリア輝賞、2005年度に特別賞が新設された。川崎の文化、芸術、市民福祉、スポーツなどの各分野の向上・発展に尽力した302人の個人と78団体(今年度を含む)が受賞している。
191107bunkasyo-2ことしの受賞者は、文化賞に太田猛彦さん(77・埼玉県さいたま市)、ピアニストの国府弘子さん(60・東京都世田谷区)、日本舞踊の藤嶋とみ子さん(75・中原区)、社会功労賞に西野博之さん(59・高津区)、アゼリア輝賞にフルート奏者・作曲家の鈴木菜穂子さん(32・高津区)、力士の友風勇太さん(24歳・東京都江東区)。
191107bunkasyo-3贈呈式には大谷さん、国府さん、藤島さん、西野さん、鈴木さんの受賞者5人と友風さんの祖父星山勇さんが代理で出席。福田市長がひとりずつ賞状とガラス製記念品などを手渡し、受賞者や関係者など約200人の参列者から祝福の拍手が贈られていた。福田市長が各受賞者の人柄や功績を紹介、「受賞を契機にさらなる活躍を希望しています」とはなむけの言葉を贈った(写真右上)。受賞者を代表して太田さんが「賞に選ばれ受賞者一同感謝しています。これからもそれぞれの道で努力を重ね、川崎の文化発展に寄与します」と力強く挨拶していた(写真左)

●受賞者のプロフィールと受賞理由(敬称略)
○文化賞
☆太田猛彦=おおた・たけひこ(教育)
かわさき市民アカデミーの向上発展に尽力〜
東京農工大学や東京大学などで水と森林の関係の研究など大学・学会を中心とした豊富な職歴の中で培った知識や経験をいかし、2007年から「かわさき市民アカデミー」の講師を務め、2011年には企画・運営委員会委員、副学長として、カリキュラム企画・編成から講師選定等の学習教育体制構築の中枢を担うなどアカデミーの発展に尽力し、2012年に学長に就任した。学長就任後も、全体の企画・調整を主導し、アカデミーが全国有数の規模・クオリティーを持つ市民大学まで発展した業績は大きく、生涯学習教育・市民文化の向上に貢献している。

☆国府弘子=こくぶ・ひろこ(芸術)
ピアニストとして活躍、川崎市市民文化大使でも貢献〜
川崎市出身のピアニストで1987年のデビュー以来、これまでに23枚のアルバムを国内外で発表した。演奏会はトリオからピアノソロ、オーケストラとの共演など、幅広い活動で全国的な人気を集めている。2009年から川崎市市民文化大使に就任、市内外へ川崎をPRするなどイメージアップに寄与している。かわさきジャズなど市の事業にも多数出演し、コンサートの企画演出やチャリティーにも協力するなど、文化芸術振興に貢献している。

☆藤嶋とみ子=ふじしま・とみこ(文化活動)
日本舞踊の普及に尽力、地域の文化振興に貢献〜
長年にわたり地域で日本舞踊の普及に努めるほか、川崎市総合文化団体連絡会理事長や中原区文化協会会長、2019年度に上演された「川崎郷土・市民劇『日本民家園ものがたり』」の上演実行委員長を務めるなど、文化芸術振興に貢献している。川崎市の姉妹都市へ文化使節として訪問し、文化芸術による交流を進めるなど友好親善に貢献した。また、地域の高齢者施設や支援施設をボランティアで訪問し、日本舞踊を披露する慰問活動に長く取り組むなど、文化芸術をいかした地域貢献活動も行っている。

○社会功労賞
☆西野博之=にしの・ひろゆき(社会福祉)
不登校や高校中退者を支援、子ども・若者の居場所づくりに取り組む〜
30年以上にわたり不登校児童・生徒や高校を中退した若者の居場所づくりに取り組み、1991年に「フリースペースたまりば」を開設して以来、これまでに2,000人以上の子ども・若者に寄り添い、支援を続けてきた。子どもの権利に関する日本初の総合条例「川崎市子どもの権利に関する条例」の策定に関わったほか、条例を基に2003年に作られた「川崎市子ども夢パーク」のなかに川崎市とNPO法人の協働事業として公設民営型の「フリースペースえん」を開設して運営、2014年には川崎若者就労自立支援センター「ブリュッケ」を開設、川崎市の社会福祉の向上に貢献し、子どもの権利や居場所の大切さを川崎から全国へ発信している。

○アゼリア輝賞
☆鈴木菜穂子=すずき・なほこ(芸術)
フルート奏者として幅広い活動、高齢者施設など地域で慰問演奏も〜
洗足学園音楽大学大学院を首席で修了したフルート奏者で、学生時代からプロとしてさまざまなコンサートに出演、テレビCM音楽を手がけるなどジャンルにとらわれない音楽活動を行っている。川崎市高津区で音楽教室を主宰するほか、市内の高齢者施設でミニコンサートを催すなど地域貢献活動に尽力する。また、ホールでの単独リサイタルコンサートや慰霊式典でのソロ演奏など多岐に渡る演奏活動が評価され、昨年、フランス社会功労奨励章を受章するなど、今後の活躍が期待される。

☆友風勇太=ともかぜ・ゆうた(スポーツ実践)
川崎出身の有望力士、初土俵から2カ月で幕内昇進〜
川崎で生まれ、川崎市立富士見中学校在校時から相撲に取り組み、高校・大学でも実績を残して大相撲に入門した。初土俵から2カ月という記録的なスピードで幕内へ昇進した後も連続で勝ち越し、今年7月の名古屋場所では殊勲賞を受賞するなど、今後の活躍が期待されている。また、市内で催されるこども相撲大会や節分祭にも参加するなど、地域にも貢献している。

2019-11-08 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, 09)市民活動, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区 | Permalink | コメント (0)

2019年11 月 1日 (金曜日)

川崎フロンターレ麻生グラウンドなどで11月10日に「あさお青玄まつり」 : 若手4選手が参加、青玄寮、クラブハウス見学会やステージパフォーマンス

川崎フロンターレの選手寮に住む若手選手とふれあう「第10回あさお青玄まつり」(川崎フロンターレ麻生アシストクラブ主催、麻生区・川崎フロンターレ共催)が11月10日11時30分から15時まで川崎市麻生区片平の川崎フロンターレ練習場「麻生グラウンド」と「青玄寮」の2会場で開かれる。

 ことしは田中碧、守田英正、脇坂泰斗、原田虹輝の4選手が参加予定で、まつりはステージコーナー、飲食・物販PRコーナー(以上麻生グラウンド)と事前申し込み制の寮とクラブハウス見学会、サッカー教室などが行われる。
麻生グラウンドに設けられた特設ステージでは12時に開会式が開かれ、主催者と参加選手が挨拶、地元の夏蒐(なつかり)太鼓、チアダンス、桐光学園ダンス部などがパフォーマンスを披露して祭りを盛り上げ、14時30分からスペシャルライブとして参加選手のサイン入りグッズ争奪ゲームが催される。飲食・物販コーナーでは、ホームの等々力陸上競技場でおなじみのブラジルキッチンのほか、区内の市民団体による焼き鳥、焼きそば、ビール、ソフトドリンクの販売が行われる。
このほか、フロンターレ後援会会員優先で小学生100人を対象にした子どもサッカー教室、クラブハウス見学ツアー(定員120人)、青玄寮見学ツアー(定員50人)が催される。サッカー教室、見学ツアーはいずれも事前申込制で申し込み締め切りは11月3日13時。詳細と申し込みはチラシのQRコードまたはこちら>
事前申込制のイベント以外は参加自由で入場無料。駐車場がないため主催者は公共交通機関を利用してと呼びかけている。小雨決行。
問い合わせは電話044-951-1234 麻生スポーツセンター内川崎フロンターレ麻生アシストクラブ事務局。

2019-11-01 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2019年10 月30日 (水曜日)

川崎市の橘樹官衙遺跡群が国指定史跡5周年:古代役人の衣装体験、史跡めぐりなど記念のイベント

高津区千年と宮前区野川にある古代の律令制時代の役所跡とされる「橘樹官衙遺跡群(たちばなかんがいせきぐん)」が国史跡指定5周年を記念し、川崎市教育委員会が、古代の役人の衣装体験や史跡めぐり、現地見学会、シンポジウムなどさまざまなイベントを開催する。

同市教育委員会によると橘樹官衙遺跡群は、武蔵国橘樹郡の役所跡である橘樹郡家(郡衙)跡と、その西側に隣接して造営された古代の寺院跡である影向寺遺跡から構成される古代官衙の遺跡。地方官衙の成立から廃絶に至るまでの経過をたどることができる貴重な遺跡で、7世紀から10世紀の官衙の実態とその推移を知るうえで重要であるとして、2015年に川崎市初の国史跡に指定された。
同市教委では史跡指定後に、多くの市民にこの遺跡群の持つ歴史的・学術的価値を知ってもらい、史跡の整備や有効活用について理解を深める取り組みを行っており、ことしは「5年で”さらに””もっと”わかった! 古代のかわさき」をテーマに10月から来年3月まで記念事業を実施する。
11月3日には、同遺跡と同時代に創建されたと伝わる遺跡郡西隣の影向寺縁日のイベントブースで、当時の男性役人がまとっていた笏(しゃく)や冠など衣冠束帯をイメージした装束を身に付ける古代衣装体験を12時から14時まで行う。雨天決行で参加は無料。
11月23日午後に行う「橘樹官衙遺跡群成立前夜 高津の古墳めぐり」の参加者を募集している。
古墳めぐりは、橘樹官衙遺跡群が成立する前の時代の古墳時代の史跡や文化財をめぐり古代川崎の歴史に触れるとともに、橘樹官衙遺跡群の歴史的背景について理解を深める。集合場所と時間は東急東横線二子新地駅東口に12時30分に集合。コースは、岡本かの子文学碑〜二子橋の石柱〜多摩川の旧流路〜諏訪神社〜諏訪天神塚古墳〜諏訪浅間塚古墳〜二子塚古墳跡〜旧平瀬川流路〜宗隆寺(宗隆寺古墳群)をめぐり16時30分頃溝の口駅付近で解散する。定員は30人で応募多数の場合は抽選。
申し込みは往復葉書か市教委文化財課のホームページ(こちら>)のフォームメールに住所・氏名(ふりがな)、開催時点の年齢、電話番号を明記し(往復葉書の場合は返信宛先も書き)、11月8日(消印有効)までに〒210-8577(住所不要)川崎市教育委員会事務局生涯学習部文化財課へ送る。葉書1通で2人まで受け付けるが、その場合は2人の名前と年齢も記入。
このほか、12月7日に橘樹郡家跡第30次調査現地見学会、2020年2月29日に影向寺遺跡第26次調査見学会、3月14日に国史跡指定5周年シンポジウムが開かれる。
問い合わせは電話044-200-3306川崎市教育委員会事務局生涯学習部文化財課。

2019-10-30 in 02)イベント・催事, 05)歴史, 07)文化・芸術, b) 川崎市のニュース, b3) 川崎市高津区, b4) 川崎市宮前区 | Permalink | コメント (0)

2019年10 月26日 (土曜日)

よみうりランドでイルミ点灯式:640万球でギリシャ神話の世界創出、来年5月6日まで

191024yomiuriland18首都圏最大級の640万球のLEDライトで遊園地を彩るイルミネーションが10月24日からよみうりランド(東京都稲城市、川崎市多摩区)で始まった。「ジュエルミネーション」と名付けた宝石をモチーフにしたイルミネーションを世界的な照明デザイナー石井幹子さんに依頼、同園の名物イベントとして人気を集めている。2010年から始まり、今回で10年目を迎えた。昨年よりライトを50万球増やし、ギリシャ神話の世界をモチーフに「ジュエリー・オリンポス」を創出、ゼウス、ポセイドン、アポロンなど12神にちなんで、12エリアをそれぞれの神をイメージする色彩の光で演出した。

写真=640万球のイルミネーションで飾られたよみうりランド

●よみうりランドジュエルミネーションの写真ギャラリー

191024yomiuriland0224日の点灯式(写真左)には、石井さん、五輪金メダリストの元レスリング選手で「霊長類最強女子」の異名を持つ吉田沙保里さん、ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、よみうりランドの杉山美邦社長が出席。観客とともにカウントダウンしてスイッチを入れると、ゼウスの宮殿をイメージした高さ25mの「オリンポス・サミット」などが明るく輝き、観客からは大きな歓声が上がった。
イルミネーションは2020年5月6日まで151日間点灯される。
「ジュエルミネーション」は期間中の16時から20時30分(12月15日~25日は21時まで、1月6日〜4月5日は20時まで、3月2日〜3月19日の平日と4月6日〜24日・27日・28日・30日・5月1日は点灯しない)。
料金はナイト入園料おとな(18~64歳)1,500円、中高生・シルバー(65歳以上)800円、小学生・シニア500円。ナイトパス(入園料含む)おとな2,500円、3歳~高校生・シルバー1,700円。
問い合わせは電話044-966-1111。 ホームページhttps://www.yomiuriland.c

2019-10-26 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区, f)稲城市 | Permalink | コメント (0)

2019年10 月19日 (土曜日)

ラグビーW杯準決勝の日本対南ア戦:狛江市が10月20日にパブリックビューイング

10月20日に行われるラグビーワールドカップ2019の準々決勝、日本代表対南アフリカ代表戦のパブリックビューイングを小田急線狛江駅北口にあるエコルマホール6階展示・多目的室で狛江市が催す。

18時15分に開場、18時45分からオープニングトーク、19時15分から試合の模様を中継する。
会場は禁煙でアルコール、食べ物の持ち込みはできない。
また、入場には整理券が必要で、20日16時から狛江市役所市民ひろばで1人あたり2枚を配布する。配布予定数は約200枚。

2019-10-19 in 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2019年9 月28日 (土曜日)

10月13日に川崎港で帆船のセイルドリル付きクルーズ : 10月2日まで参加者を募集

10月13日に川崎港内で行われる帆船のセイルドリル(帆を張る訓練)体験とクルーズを親子で楽しむイベントの参加者を募集している。

このイベントは第46回川崎みなと祭り開催中に行われるもので、1982年にスペインで南極探検を目的に建造され、海洋・気象調査船として使われ、現在は清水港を母港に駿河湾近海で活躍している「ドーントレッダー号」(131.94t、全長32.5m、幅7.0m)が川崎港に寄港するのを記念するもの。
当日は東扇島防災浮桟橋付近で10時〜11時30分と13時〜14時30分の2回実施、港内ではフルセイルで帆走ができないためエンジンをかけた帆走を行う予定。当日荒天の場合は中止。
対象は川崎市内在住の小学3年生以上の子どもとその保護者で各回10組20人。参加は無料。
申し込みは往復葉書に住所、全員の名前、子どもの学年、中止などの連絡が取れる電話番号、希望時間を書き〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市港湾局港湾振興部誘致振興係へ10月2日(消印有効)までに送る。応募多数の場合は抽選で10月10日までに結果を通知する。
問い合わせは電話044-200-0350川崎市港湾局港湾振興部誘致振興課。

2019-09-28 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , b) 川崎市のニュース, b7) 川崎市川崎区 | Permalink | コメント (0)

2019年8 月14日 (水曜日)

川崎市麻生区の西生田小学区で8月24日夜に野外上映会 : チャップリンの無声映画などを活弁付きで上映

川崎市麻生区の西生田小学校校庭で8月24日夜に野外上映会が開かれ、「チャップリンの冒険」など約100年前に制作されたドタバタコメディ短編映画4本を活弁付きで上映する。会場では17時から飲食を扱う屋台も出店する。

上映会は、秋に催される第25回KAWASKIしんゆり映画祭2019のプレイベントで、同映画祭を運営するNPO法人KAWASAKIアーツと麻生区が共催するもので、野外上映会としては20回目を数え、夏休み中の親子が楽しめる同区の夏の恒例行事だ。
上映開始は18時50分からで、「チャップリンの冒険」「チャップリンの番頭」「爆進ラリー」「ドタバタ撮影所」の11分から22分のサイレント短編映画を弁士の山城秀之さんと山内菜々子さんのナレーションやセリフで盛り上げて上映、クレイアニメ「映画の妖精 フィルとムー」も同時に上映、20時20分に終了の予定だ。会場にはブルーシートが敷かれる。
入場は無料。当日雨天・強風の場合は同小体育館で上映だが、先着500人に限られ、屋台の規模が縮小される。また荒天の場合は中止。会場は駐車場がないため、主催者は車での来場は遠慮するよう呼びかけている。
問い合わせは電話044-953-7652NPO法人KAWASAKIアーツ ・映画祭事務局。詳細はKAWASKIしんゆり映画祭HP(こちら>)

2019-08-14 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, 映画 | Permalink | コメント (0)

2019年8 月 2日 (金曜日)

8月7日夕に狛江・多摩川花火大会:4年ぶりに多摩川彩る約5000発

180803hanabi012令和元年 狛江・多摩川花火大会(狛江市観光協会主催、狛江・多摩川花火大会実行委員会企画運営)が8月7日夕、小田急線多摩川鉄橋下流の多摩川緑地公園グランドで催され、約5000発の光の芸術が川面を彩る。同市の花火大会は昨年開催される予定だったが、台風接近の影響でやむなく中止、2015年の市制45周年記念の花火大会以来4年ぶりの花火をぜひとも実現させたいと関係者たちは意気込んでいる。

写真=4年前の狛江市民花火大会

花火大会は18時30分から狛江側に設けられた特設ステージで、狛江市の太鼓グループ「Switch!」とパフォーマンス集団「コマエンジェル」が競演、約1時間にわたって太鼓や歌、踊りなどのにぎやかな舞台でイベントを盛り上げる。
花火の打ち上げは19時30分からで、狛江市、川崎市をはじめ隅田川など全国各地の花火大会を手がける府中市の丸玉屋小勝煙火店が担当する。
プログラムは「狛江のゆめはなび」「ハナビカーニバル」「グランドフィナーレ」の3部構成で約50分にわたってスターマイン13基やメッセージ花火など趣向を凝らした花火約5,000発が夜空を彩る。グランドフィナーレでは、音楽と花火のコラボレーションをくり広げるほか、多摩川の両岸を結ぶ全長約200㍍のナイアガラが川面を照らす。
当日、浴衣で訪れた先着300人にハンカチタオルをプレゼントする「花火×浴衣=満喫!」キャンペーンを行う。
これと合わせ花火大会に合わせて「KOMAE FIREWORK CAMPAIGN(コマエ ファイアーワーク キャンペーン)」を実施、市内の飲食店28店で、イチオシのフードとドリンクの「花火セット」を870円(税込み)で提供する。
4年前の狛江市民花火大会には11万人(狛江市側7万人、川崎市側4万人)の見物客が訪れるなど大きな反響を呼び、昨年は大会が中止となった直後から、実現を望む声が寄せられた。そうした声に応えるため、実行委員会では再チャレンジに向けて昨年11月から準備を進めてきただけに、関係者たちは「多くの人たちに昨年の分まで感動を与えたい」と張り切っている。
問い合わせ電話3430-1111狛江・多摩川花火大会実行委員会事務局(地域活性課)。

2019-08-02 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2019年7 月20日 (土曜日)

狛江市で7月21日に多摩川いかだレース : 91艇がタイムやできばえ競う、ビアガーデンなどのイベントも

手作りいかだで川を下る狛江市の夏の名物行事「狛江古代カップ第29回多摩川いかだレース」(いかだレース実行委員会主催)が7月21日に多摩川で開かれる。
タイムやいかだのできばえを競うレースのほか、ゴール付近の会場では枝豆ビアガーデンやブランド野菜の販売、同市とゆかりのある新潟県長岡市川口地域のアユや山梨県小菅村のかき氷、みしまコロッケの販売などのイベントも催される。

いかだレースは、狛江市、川崎市、調布市、稲城市、世田谷区、青梅市、世田谷区のほか同市とふるさと友好都市交流を行っている新潟県長岡市川口地域や住民交流友好都市の山梨県小菅村などから昨年より5艇多い91艇のいかだが参加。一般、学生、レディース・ジュニアの4部門に分かれて実施される。
レースは元和泉の通称・五本松付近をスタート、約1.3km下流の二ケ領宿河原堰手前のゴールをまでの区間で実施される。午前10時から10分間隔で7、8艇ずつがスタート、12レースまで行われる。
最後の2レースは、所要タイムを競うタイムレースとして設定され、「ハートフルおやじファミリー号」の6連覇がなるか、注目される。また、第1レースにはタレントのダニエル・カールさんと柔道家で五輪のソウル、バルセロナ、アトランタ3大会連続でメダルを獲得した田辺陽子さんが「美しい多摩川フォーラム」号に乗る。
当日はこのほかにイベントが実施され、スタート付近で8時から10時までレース優勝タイム当てクイズ、ゴール地点で9時から多摩川流域自治体交流イベントラリー、ぬり絵コーナー、10時からビアガーデン、友好都市及び災害相互応援都市の出店、子どもお楽しみラリー、11時からSinger haruのコンサート、12時からMOGURAのコンサート、13時から多摩源流小菅村ウルトラクイズ、13時半から表彰式などが行われる。
当日、雨天など荒天の場合は28日に順延。
問い合わせは、電話03(3430)1111狛江市市民生活部地域活性課内 狛江古代カップ第28回多摩川いかだレース実行委員会。

2019-07-20 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)