2019年5 月17日 (金曜日)

狛江市で選挙後初の臨時市議会:議長に石井功氏を選出

Gikai狛江市で、4月の市議会議員選挙後初の臨時市議会が5月17日に開かれ、41代目の議長に石井功氏(59歳、自民党・明政クラブ)が選ばれた。第44代副議長には西村あつ子氏(52歳、共産党)、監査委員に石川和広氏(55歳、公明党)を選出した。

写真=就任の挨拶をする石井議長

石井功臨時議会は、各議員が自己紹介した後、議長、副議長、監査委員の選挙のほか、総務文教、社会、建設環境の3つの常任員会と議会運営委員会の正副委員長の選出、専決処分の報告、補正予算などの議案を審議、約1時間30分で終了した。
議長に選ばれた石井氏(写真右)は2007年4月に初当選し連続4期目。39代議長(2013年2月〜2015年4月)に就任したほか、議会運営委員長、東京たま広域資源循環組合議会議員などを歴任した。
副議長の西村氏は1999年4月に初当選して連続6期目。41代副議長(2013年5月〜2015年4月)のほか社会常任委員長、多摩川衛生組合議会議員などを歴任した。
監査委員の石川氏は2007年4月に初当選して連続4期目。監査委員、建設常任委員長、多摩川衛生組合議会議員などを歴任した。
また、総務常任委員会は三角たけひさ委員長(57歳、自民党・明政クラブ)、宮坂良子副委員長(68歳、共産党)、社会常任委員会は田中智子委員長(61歳、共産党)、小野寺克己副委員長(54歳、公明党)、建設常任委員会は佐々木貴史委員長(51歳、公明党)、しの浩司副委員長(54歳、自民党・明政クラブ)、議会運営委員会は谷田部一之委員長(56歳、自民党・明政クラブ)、鈴木えつお副委員長(69歳、共産党)がそれぞれ選出された。

2019-05-17 in 06)政治, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2019年5 月 5日 (日曜日)

狛江の貸しボートが無料体験:「こどもの日」にちなみ

ボート1狛江市の多摩水道橋下流で貸しボートを営業している「たまりや」が「こどもの日」にちなんで5月4日と5日にボートの無料貸し出しを行い、人気を呼んでいる。この貸しボートは、ことし1月から休業していたが、多くの人に初夏の一日を水に親しんでもらおうと実施したもの。4日は家族連れなどが次々と訪れ、さわやかな初夏の川風に吹かれながらボートを楽しんでいた。
ボートの無料体験は5日16時まで。

ボート2多摩水道橋付近には、多い時には狛江川と川崎側合わせて4件の貸しボートが営業、気軽な川遊びとして人気を集め、夏などの休日には順番待ちの列ができるほどだった。しかし、次第に客足が減少するとともに次々と廃業、「たまりや」だけが営業を続けてきた。
ことし1月に経営者の谷田部靖彦さんが急逝して続けられなくなり、営業を休止していた。靖彦さんと一緒に業務を続けてきた弟の和夫さんは、存続が難しくなったため、長く親しまれた多摩川のボートを多くの人の記憶にとどめてもらおうと考え、無料で貸し出すイベントを開催することにしたもの。
イベントには、交流のあった市民などのボランティアが協力している。
4日は、話を聞いた市民などが子供を連れて次々と訪れたが、手漕ぎボートに初めて乗るという人も多く、ボランティアから漕ぎ方などの習う姿も見られた。ボートを降りた人たちからは「初めてだったけど、楽しかった」「50年ぶりぐらいに乗ったけど、すごく気持ち良かった」「なくなってしまうのは寂しい。ぜひ続けてほしい」などと話していた。
貸し出しは10時から16時までで、1回30分。高校生以下は保護者の同伴が必要。


2019-05-05 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2019年4 月23日 (火曜日)

「こまエコライフ」実現に向け自然との共生考えよう:狛江市が5月11日にフォーラム

狛江市が「狛江の自然と生きものフォーラム」を5月11日10時から狛江市防災センターで開催する。人と自然・生きものがよりそう「こまエコライフ」の実現に向けて(公財)日本鳥類保護連盟評議員・研究員の葉山嘉一さんが講演する。

狛江市は多摩川や野川、緑道、樹林地などの自然が住宅地の身近にあるが、そうした自然のなかで暮らす生きものと今後も共存していくための方策を考えようというもの。
当日は、葉山さんが、身近な生きものたちの“まち暮らし戦略”とは、と題して、同市の自然環境等と(仮称)狛江市生物多様性地域戦略の基本的な方向性について説明するほか、参加者が人の暮らしと自然や生きものとの共存などについてアイデアを出すグループワークも行う。
また、狛江にいる生きものについての調査結果も紹介する。
対象は市内在住・勤・学の小学生以上の人で、定員は先着30人。
申し込み・問い合わせは電話03-3430-1111内線2561・2562狛江市環境部環境政策課水と緑の係。