2020年8 月31日 (月曜日)

川崎市麻生区で禅寺丸柿の柿もぎ体験会 : 親子の参加者を募集

川崎市麻生区と麻生観光協会が、同区黒川で禅寺丸柿のもぎ取りと芋掘り体験会を開催、小学生とその保護者と対象に参加者を募集している。
禅寺丸柿は約800年前に同区王禅寺の山中で見つかり、「柿生」の地名のもとになったと伝わる同区の特産品で、区の木にもなっている。

同区では、2012年に区の木に制定した禅寺丸柿に親しんでもらおうと毎年、禅寺丸柿の収穫期に柿生禅寺丸柿保存会の協力で、「ばっぱさみ」と呼ばれる先端が割れた長い竹の道具を使った昔ながらの柿もぎの体験会を開催している。
ことしは10月3日(荒天の場合中止)10時〜12時に黒川地区で柿もぎ、黒川東営農団地で芋掘りを行う。集合場所は小田急線黒川駅北口、定員は小学生(2人まで可)と保護者のペアで合計30人。応募多数の場合は抽選となる。参加費は1人600円(イモ3株と保険代)。当日は三密を避けるため、当選者だけが参加できる。また、柿の生育状況と新型コロナウイルス感染症の状況により中止する場合がある。
申し込みは、往復はがきに「禅寺丸柿の柿もぎと芋掘り体験」と書き、参加する小学生(2人まで)と保護者の住所、氏名、年齢、電話番号を明記し〒215-8570 川崎市麻生区万福寺1-5-1 麻生区役所地域振興課へ9月16日(消印有効)までに郵送する。
問い合わせは電話044-965-5113麻生区役所地域振興課。

 

 

2020-08-31 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, | Permalink | コメント (0)

2020年3 月 6日 (金曜日)

「新型コロナに負けるな」狛江FMが休校の子ども向け番組を3月2日から開始 : 9日から小学校の先生たちも電話出演

200306komaraji狛江市のコミュニティーFM「狛江FM」(略称:コマラジ・周波数85.7MHz)が、新型コロナウイルスで臨時休校となった子どもたちに向けた番組「コマラジこども月間」を3月2日から始めた。3月25日(予定)までの期間限定で、月曜から金曜の午後3時から55分間放送する。9日から市立小学校6校の先生も交代で電話出演する。

写真=スタジオで朗読する本を持つパーソナリティのユウティさん(左)と番組スタッフら

この番組は、同局パーソナリティーのひとりで、主婦のパフォーマンス集団「コマエンジェル」に所属するユウティさん(本名=篠宮悠子さん)が、2月27日の「全国一斉休校」のニュースを見て始めることを思い立った。小学生の2人の子がいるユウティさんは「(非常事態を親子で)明るく乗り切りたい」と子どものいるパーソナリティーらに呼びかけ、翌日のミーティングでスタートを決めた。番組はボランティアも含め2人のディレクターと数人のパーソナリティーが担当、ママ友やリスナーに協力を呼びかけた。
番組では、子どもだけでなくおとなから寄せられた川柳を紹介するとともに、子どもから寄せられたリクエスト曲を流す。また、パーソナリティーが集めた一斉休校にまつわるさまざまな情報に加え、宿題や課題などを記した各小学校のHPの内容を紹介する。3日からは児童書の読み聞かせ、今こんなことをしているなど子どもたちの生の声を電話出演形式で伝えている。
同局によると、準備期間は短かったがリスナーが日ごとに増えており、5日にはインターネットで聴いたという富山県の子からのリクエストもあった。
さらに、市内の全小学校の先生たちも協力、9日から番組のコーナー「帰りの会」に毎日(大震災関連の特別番組を流す11日を除く)交代で電話出演することになった。出演する日程は同局HP(こちら>)で。
ユウティさんらスタッフたちは「ほとんどの子どもたちにとってラジオというメディアはなじみが薄いけど、これをきっかけにおもしろさや楽しさを知ってもらう機会にしたい。この番組が、狛江の子どもとおとなが触れ合う場になれるようがんばるので、たくさんの人に聴いてほしい」と呼びかけている。
コミュニティーFMは、ラジオがなくてもインターネットや、スマホのアプリなどで聴くことができる。
同局のホームページはhttps://www.komae.fm。

2020-03-06 in 04)教育・子ども , 07)文化・芸術, 10)社会, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2019年9 月28日 (土曜日)

10月13日に川崎港で帆船のセイルドリル付きクルーズ : 10月2日まで参加者を募集

10月13日に川崎港内で行われる帆船のセイルドリル(帆を張る訓練)体験とクルーズを親子で楽しむイベントの参加者を募集している。

このイベントは第46回川崎みなと祭り開催中に行われるもので、1982年にスペインで南極探検を目的に建造され、海洋・気象調査船として使われ、現在は清水港を母港に駿河湾近海で活躍している「ドーントレッダー号」(131.94t、全長32.5m、幅7.0m)が川崎港に寄港するのを記念するもの。
当日は東扇島防災浮桟橋付近で10時〜11時30分と13時〜14時30分の2回実施、港内ではフルセイルで帆走ができないためエンジンをかけた帆走を行う予定。当日荒天の場合は中止。
対象は川崎市内在住の小学3年生以上の子どもとその保護者で各回10組20人。参加は無料。
申し込みは往復葉書に住所、全員の名前、子どもの学年、中止などの連絡が取れる電話番号、希望時間を書き〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地 川崎市港湾局港湾振興部誘致振興係へ10月2日(消印有効)までに送る。応募多数の場合は抽選で10月10日までに結果を通知する。
問い合わせは電話044-200-0350川崎市港湾局港湾振興部誘致振興課。

2019-09-28 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , b) 川崎市のニュース, b7) 川崎市川崎区 | Permalink | コメント (0)

2019年5 月 5日 (日曜日)

狛江の貸しボートが無料体験:「こどもの日」にちなみ

ボート1狛江市の多摩水道橋下流で貸しボートを営業している「たまりや」が「こどもの日」にちなんで5月4日と5日にボートの無料貸し出しを行い、人気を呼んでいる。この貸しボートは、ことし1月から休業していたが、多くの人に初夏の一日を水に親しんでもらおうと実施したもの。4日は家族連れなどが次々と訪れ、さわやかな初夏の川風に吹かれながらボートを楽しんでいた。
ボートの無料体験は5日16時まで。

ボート2多摩水道橋付近には、多い時には狛江側と川崎側合わせて4件の貸しボートが営業、気軽な川遊びとして人気を集め、夏などの休日には順番待ちの列ができるほどだった。しかし、次第に客足が減少するとともに次々と廃業、「たまりや」だけが営業を続けてきた。
ことし1月に経営者の谷田部靖彦さんが急逝して続けられなくなり、営業を休止していた。靖彦さんと一緒に業務を続けてきた弟の和夫さんは、存続が難しくなったため、長く親しまれた多摩川のボートを多くの人の記憶にとどめてもらおうと考え、無料で貸し出すイベントを開催することにしたもの。
イベントには、交流のあった市民などのボランティアが協力している。
4日は、話を聞いた市民などが子供を連れて次々と訪れたが、手漕ぎボートに初めて乗るという人も多く、ボランティアから漕ぎ方などの習う姿も見られた。ボートを降りた人たちからは「初めてだったけど、楽しかった」「50年ぶりぐらいに乗ったけど、すごく気持ち良かった」「なくなってしまうのは寂しい。ぜひ続けてほしい」などと話していた。
貸し出しは10時から16時までで、1回30分。高校生以下は保護者の同伴が必要。


2018-08-26 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 08)経済・農業, 12)防災・安全, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区 | Permalink | コメント (0)

2018年7 月25日 (水曜日)

松原新狛江市長が初登庁 : 人に優しいまちづくり目指し、早くも始動

180724matsubara004狛江市の松原俊雄(まつばら としお・66)新市長が7月24日、狛江市役所に初登庁した。午前中に早速、庁内放送で職員に「街の主役は市民です。窓口などで市民に優しく接してもらいたい」と呼びかけ、公約の「日本一やさしいまち、狛江」の実現をめざし市長としての第一歩を踏み出した。

写真=支持者から花束を受け取る松原新市長

180724matsubara006松原市長は秘書広報室の上田博記室長とともに狛江駅から歩いて市庁舎へ9時30分に到着、水野穣副市長ら幹部をはじめ約100人の職員が拍手で出迎えた。正面玄関前で秘書広報課の職員と支持者の石黒敬子さんから花束を受け取り、市長執務室に入って着席、「責任の重さを感じます」と感想を述べた(写真右)
その後、小川克美議長や松原市長を推薦した明政クラブ・自民党、公明党の議員らに就任の挨拶回りをした。
10時45分からの初の記者会見では「市民から住み続けたいまち、住んでみたいまちと思われるよう職員と一緒にがんばりたい」と前置きし、選挙の相手陣営が訴えていたセクハラ問題の検証については「副市長から報告を聴いた上で今後の対応をしていく」とした上で「職員や市長、議員など内部については議員提案の条例ができたが、平和と人権が守られ、すべてのハラスメントに対応できる条例作りに向け、専門家を交じえた市民参加でやっていきたい」と選挙中に訴えてきたことを繰り返した。
前市長の施策については「防犯対策は進んだ。待機児童対策については、保育所が設置でき、一定の方向性が出されているので、この2点は継承していく」と評価、市民協働については「市民参加への理解が不足しているためか、少し後退しているように感じる。いまの時代に合った市民協働−特定の人の参加、その人の意見が強くなるのではない多数の意見を取りあげるのが課題と感じている。また、まちの活性化のためのイベントが多いが、運営を市民に任せるなど整理する必要がある」と持論の市民参加・市民協働について語った。
松原市長は午後、市役所の各課を回って職員とのコミュニケーションづくりを行うなど、1日目から早くもエンジン全開という様子だった。

2018-07-25 in 04)教育・子ども , 06)政治, 10)社会, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2018年4 月 9日 (月曜日)

川崎市麻生区で新一年生が1日署長:新百合ヶ丘駅前で事故ゼロ呼びかけ

180409itinitisyotyo-3交通ルールを守って事故をなくしましょう——川崎市麻生区の新百合ケ丘駅南口のバスロータリーで4月7日、区内の男女2人の小学新1年生が1日麻生警察署長になり道行く人に交通安全を呼びかけた。

写真=麻生区のゆるキャラ「かきまるくん」と敬礼する田中正博麻生警察署長(右端)、1日署長の松元さんと小松君

180409itinitisyotyo-14月6日から15日までの「春の交通安全運動」の啓発キャンペーンとして、麻生区交通安全対策協議会が実施する恒例の行事。この運動は、毎年、新入学児童・園児の交通事故防止が重点となるため、同区では区内の小学校が輪番で新入学児童が1日署長を務めており、ことしで20回目となる。
今回は岡上小学校の小松耀君と松元律花さんが警察官の制服を着て、麻生警察署で田中正博署長から辞令を受け取った後、14時20分からペデストリアンデッキで催された出発式に参列した。会場には、禅寺丸柿をあしらった麻生区公認のゆるキャラ「かきまるくん」も参加、子どもの人気を集めた(写真左)。
出発式のセレモニーでは、主催者を代表して田中署長が「6日から春の交通安全運動が行われています。麻生署管内では昨年10月から死亡事故はありませんが、人身事故が増えており自転車事故が多いです。特に新入学児童は初めて一人で外を出歩くケースも多く、保護者は子どもたちに信号の確認な事故を防ぐことをしっかり教えてほしい。自転車は車と同じ扱いなので、交通ルールをしっかり守ってほしい」と事故を予防する話を交じえて挨拶した(写真左)。続いて4月1日に就任した多田貴栄区長が「5日に入学式が行われ、新入学児童は黄色いランドセルカバーをつけています。通学路に少し慣れた頃に事故が増えると言われていますが、黄色いカバーを見かけたら、おとなは子どもの安全に注意を払ってください」と呼びかけた。
180409itinitisyotyo-2その後2人の1日署長は「交通安全 スタート」と号令をかけ、参加した交通安全関連団体の約100人とともに用意したチラシと色鉛筆が入った袋約1,000個を道行く人に手渡した(写真右)
2人は少し緊張しながらも「制服が着られて楽しかった」とニッコリ。買い物客などから「かわいい署長さんね」と声をかけられ記念撮影に応じていた。
運動期間中、同区では交通安全関連団体の委員らが小学校の通学路にあたる50カ所の交差点で朝の通学時間帯に街頭監視と児童の交通安全指導などを行う。

2018-04-09 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 12)防災・安全, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区 | Permalink | コメント (0)

2018年1 月11日 (木曜日)

狛江市で成人式:社会人の自覚新たに夢に向かい第一歩

180108seijinshiki004狛江市の成人式が「成人の日」の1月8日、小田急線狛江駅前のエコルマホールで催され、参加した新成人たちは社会人としての第一歩を踏み出す決意を新たにしていた。

写真=高橋市長に向かい誓いの言葉を述べる新成人

写真ニュースを見る>

180108seijinshiki005同市の新成人は昨年より約70人多い800人。式典には、現在市外に住んでいる参加希望者を含め824人に招待状を送付し、当日は435人が参加した。
同市の成人式は公募した新成人10人が実行委員会(田崎悠委員長)を組織して催しているのが特色で、昨年9月から企画の立案などの準備を進め、式典でも司会などの運営に当たった。
第1部の式典では、主催者を代表し高橋都彦市長が「成人おめでとうございます。これからの皆さんには前途洋々たる道が開け、無限の可能性があります。一度きりの人生です。1日1日を大切に過ごしてください。全国的に人口が減少するなかで狛江は増え続けています。その原因のひとつとして狛江の街がコンパクトで顔と顔の見える関係がつくりやすいことにあると思っています。(狛江は)『日本一安心で安全なまち』の実現を目指しており、『障がいのある人もない人も地域で自立して生活していける社会づくり』を目標に追加しました。1月14日の初春まつりや4月の桜まつりなど多くのイベントに足を運んで街への認識や愛着を深めてください」と祝辞を述べた。
180108seijinshiki006これにこたえて、新成人代表の石賀万葵さんと川上優太朗さんが「私たちは本日の成人式をもって、生活や立場は違いますが、社会の一員として歩み始めます。現在では18歳以上に選挙権が与えられますが、成人という節目で今一度、主体的に社会と向き合う責任の重さを感じています。スポーツの世界では素質のある選手でさえ、努力を怠りません。新成人の私たちも、目標は違いますが『自分をより成長させよう』『社会で活躍できるように』と日々努力を重ねています。おとなとしての自覚と大きな夢を持って、あらゆる分野で活躍していくことを誓います」と誓いの言葉を述べた(写真左上)
180108seijinshiki007第2部では、小・中学校の行事の写真や教師からのビデオレター投映(写真右中)に続いて、ディズニーランドのペアチケットなどが当たる抽選会が行われた(写真左下)。ことしの新企画の「新成人の主張」では、会場からステージに上がって、思っていることなどを次々と発言。両親への感謝の言葉だけでなく、「母のティーカップを割ってしまった」といったざんげや、愛の告白も飛び出し、会場は笑いやどよめきに包まれていた(写真右下)
180108seijinshiki010第3部は同ホールの展示・多目的室で立食パーティーが催され、久しぶりに再会したかつての級友や恩師と近況報告や思い出話に花を咲かせていた。

 

2018-01-11 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2018年1 月 3日 (水曜日)

富士通フロンティアーズがライスボウル2連覇:日大フェニックスに快勝、アメフト日本一に

10103ricebowl003アメリカンフットボールの日本一を決める第71回ライスボウルが1月3日東京ドームで行われ、社会人王者の富士通フロンティアーズが学生王者の日本大学フェニックスを37対9で破り、2連覇を果たした。MVPには富士通のクォーターバック(QB)コービー キャメロン(#3)が2年連続で選ばれた。

写真=日大ディフェンスをかわして突破をはかるRBジーノ ゴードン(#29)

10103ricebowl001試合は2年連続3度目出場の富士通に、不死鳥の名の通り27年ぶりに日大が挑戦する形となった。第1クォーター(Q)序盤は互いに一進一退の攻防が続いたが、13分33秒にキャメロンのパスをRBジーノ ゴードン(#29)がキャッチしてタッチダウン(TD)して先制(写真左上)。さらに第2Q開始早々の26秒にキャメロンのパスを受けたワイドレシーバー(WR)中村輝晃クラーク(#81)が49ヤード走ってTD。4分50秒にもキッカー(K)西村豪哲(#11)が41ヤードのフィールドゴール(FG)を決めて17対0にリードを広げた。対する日大は、第2Qに富士通のTD2本がビデオ判定で取り消されるなど幸運に恵まれたかにみえたが、注目の1年生QB林大希(#10)を中心とした攻撃が富士通のディフェンスの前にはね返され、第2Qの13分31秒にK篠原歩夢(#4)のFGでようやく一矢を報いたものの、前半を17対3で折り返した。
10103ricebowl002後半も富士通のペースで試合が展開、第3Qは1分47秒にキャメロン(写真右中)のパスを受けたRB強盛(#1)がTD、9分12秒に西村豪哲のFGを決めた。第4Qも4分44秒にゴードンが走り込んでこの日2本目のTD、12分17秒にK納所幸司(#5)がFGを決めて、37対4と34点差にまでリードを広げた。日大は終了間際の14分45秒にQB室井正道(#14)からパスを受けたWR小倉豪(#82)が走り込んでTDを決め学生の意地を見せたものの試合終了。富士通がその強さを遺憾なく発揮して社会人の連勝を9に伸ばし、社会人と学生の対戦成績を23勝12敗とした。
富士通の藤田智ヘッドコーチは「選手全員がシーズン全体で気持ちのこもったプレーをしたことが連覇につながり、学生に勝ててホッとしています。次のシーズンに向けて1から頑張ります」と喜びをかみしめていた。
10103ricebowl004MVPのキャメロン(写真左下)は「2連覇できてうれしい。ゲームプランに沿ってやり、パスも決まった。日大は良いチームで来年もこの場で戦いたい」と相手チームにエールをおくった。キャメロンとのホットラインが冴え、TDを決めた日大出身の中村輝晃クラークは「母校とやれるのが何よりうれしく、気合いを入れ過ぎず落ち着いてやろうと思った。立ち上がりはうまくいかないプレーもいくつかあったが、流れを変える自分らしいプレーができてよかった。まず3連覇、できればオービックの4連覇を破りたい」と早くも来シーズンへ気持ちを切り替えていた。
10103ricebowl005また、応援にかけつけた福田紀彦川崎市長は「富士通の2連覇で気持ちのいい新年を迎えられ、ことしも川崎のスポーツ界全体がいい年となるよう期待したい」と笑顔で話していた。

2018-01-03 in 04)教育・子ども , b) 川崎市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0)