2020年12 月30日 (水曜日)

中村憲剛選手の引退セレモニーと優勝報告会:18年間フロンターレ一筋に「ありがとう14」 

引退セレモニーMYZ_2801今季限りで現役生活を終える川崎フロンターレの中村憲剛選手の引退セレモニー&優勝報告会が12月21日の夜、川崎市中原区等々力陸上競技場で開かれ、約1万3千人のサポーターが別れを惜しんだ。セレモニーでは18年間川崎F一筋でトップ選手として活躍した中村選手に福田紀彦川崎市長から史上3人目となる市民栄誉賞が、チームには2年ぶり3回目のスポーツ特別賞が授与された。

写真(撮影:山本真人)=川崎市市民栄誉賞の副賞プレートを持つ中村憲剛選手と福田紀彦川崎市長

Fronnakamuraintai001
同クラブはこれまで、引退やチームを去る選手らは、シーズン最後のホームゲーム終了後などにセレモニーを実施していた。しかし、ことしは新型コロナウイルス感染拡大防止のため、優勝パレードを断念するなど、3度目のリーグ優勝を飾ったシーズンの締めくくりには寂しいところだった。
しかし、中村選手の現役卒業を見届けたいというサポーターは多く、有料セレモニーのチケットは発売直後に完売、スポーツ有料サイトのDAZNの中継も行われた。
Fronnakamuraintai00419時からのセレモニーは2部構成で行われ、前半は中村選手とゆかりのある人が特設ステージで挨拶したりビデオメッセージなどを披露、後半は中村選手が登壇して市民栄誉賞の授与、家族からの花束贈呈などが行われた。オープニングに中原消防署の飯田康行署長が挨拶、1日署長を務めた時の話を披露したほか、ハシゴ車から中村選手への感謝の言葉を記した懸垂幕を披露した。次いで中原警察署長、大西卓哉宇宙飛行士、東日本大震災で被災した陸前高田市の市民、関塚隆・元監督、鄭大世、大久保嘉人らOB選手など合わせて36人がステージに立って挨拶した。また、ジュニーニョなどからのビデオメッセージが披露された。
Fronnakamuraintai006その後、照明が消され客席の人たちが掲げたライトが揺らめくなかを半袖ユニフォームの中村選手がスポットライトを浴び大きな拍手の中を登場引退セレモニーAU0A7927。福田市長から市民栄誉賞の賞状と記念品が手渡された。続いて鬼木達監督と選手全員が登壇、福田市長がスポーツ特別賞の賞状と副賞を手渡す優勝セレモニーが行われた。選手を代表して小林悠選手が「憲剛さんがいたから僕がゴールを決める選手とした成長でき、チームも強くなった」と涙で声を詰まらせながら感謝の気持ちを伝え、優勝のシャーレを掲げて全員で記念撮影した。
Fronnakamuraintai008サポーターを代表して中村選手長男の龍剛君が「常にお手本だったお父さんが引退するのは自分にとってもショックだが、物事は終わりが来るから美しくおめでたい。諦めずに頑張ったことで優勝もでき、あこがれの存在だった。家族としてありがとうを伝えたい」と作文を読み上げ、中村選手もうっすらと涙を浮かべた。中村選手は「入団した頃は3、4,000人しか観客が入りませんでした。それでも地域密着を続けて皆さんと歩み続けて、これだけ大きなクラブになりました。川崎Fを強くしたいと先輩をはじめサポーター、スポンサーなどみんなが同じ方向に向かって来た結果です。ただサッカーをやっていればいいという発想の人間だったら、ここまで選手として続けてこれなかった。
Fronnakamuraintai010フロンターレに入りたい、フロンターレを目指している子どもたち。僕は小さい頃から体が小さくて、今もきゃしゃで強くないですが、40歳までプレーすることができました。体の小ささに悩んでいる子はいっぱいいると思いますが、『そうじゃない』と僕のキャリアが言ってます。みんなに可能性があり、自らフタをしてほしくないし、指導者の方も小さいから使わない、足が遅いから使わない、そういう目線で見ないでほしいと心から願っています。逆にそのハンデをチャンスだと思ってください。一日一日頑張れば、必ず道は開けます。そしてまわりが助けてくれます。明日からまた新しい気持ちでボールを蹴ってほしいと思います。
Fronnakamuraintai011フロンターレに無名だった僕を拾ってもらい感謝しています。チームは頼もしい後輩たちに任せて、僕は次のステージに進みます」と挨拶した。
中村選手はアメリカンフットボールのフロンティアーズの選手らが担ぐみこしに乗って場内を一周、メインスタンドとバックスタンド前で背番号と同じ14回胴上げが行われ、花火も打ち上げられた。

市民栄誉賞は、スポーツ、芸術、学術、文化などで市民に明るい希望と誇りを与え、川崎市の名を高めるのに顕著な業績があった人に授与する特別な賞で、これまでパラリンピックの水泳で金メダルを取った成田真由美さんが3回(1996年、2000年、2004年)、光触媒の研究者の藤嶋昭さんの2人が受賞している。

 

 

2020-12-30 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2020年11 月30日 (月曜日)

Jリーグ・川崎フロンターレが史上最速で2年ぶり3回目の優勝:家長のハットトリックで華添える

ガンバ大阪_DSC0050Jリーグ第29節が11月25に行われ、川崎フロンターレはホームの川崎市中原区等々力の等々力陸上競技場にガンバ大阪を迎えて対戦した。川崎Fは5対0とG大阪を完封、勝ち点を75に伸ばし、4試合を残してJ1リーグ史上最速で2年ぶり3度目のリーグ優勝を果たした。

写真=優勝を喜ぶ選手たち

ガンバ大阪_DSC0863ダミアンゴール前節までの勝ち点は、首位の川崎Fが72、2位のG大阪が58で、川崎Fが引き分けか勝利でリーグ優勝が決まる。今季の1回目の対戦は川崎Fの1対0の辛勝だった。
ガンバ大阪_DSC0909家長ゴール試合は、前節の大分戦で退場になった谷口彰悟(#5)に変わり、MF大島僚太(#10)がキャプテンマークを付けた。前半から川崎Fがゲームを支配、22分にFWレアンドロ ダミアン(#9)が先制点を決める(写真左上)と優勝決定戦特有の固さが取れたかのように攻撃の勢いが増し、前半終了間際にFW家長昭博(#41)が追加点を奪い(写真右上)2対0で前半を終えた。
ガンバ大阪_DSC0174川崎Fは後半も勢いを保ち、家長が49分と79分に自身初のハットトリックを決めて勝利を近づけた。86分には家長を2アシストしたFW三笘薫(#18)と交代したMF斎藤学(#19)がダメ出しとなる今季初ゴールを決めて5点差とした。また86分の交代時には、今季限りの引退を表明していた中村憲剛(#14)が、交代する大島からキャプテンマークを受け取ってピッチに入ると、客席から大きな拍手が送られた。アディショナルタイムにはG大阪のFWパトリック(#18)が川崎Fゴール前に迫ったが、GKチョン ソンリョン(#1)が左足でファインセーブ、完封勝利を飾った。

今季の川崎Fは、2月22日の開幕戦こそ引き分けたが、新型コロナウイルス感染症の中断から明けた7月4日の2節から11節まで10連勝。さらに13節から25節まで12連勝とJ1の連勝記録を塗り替えた。連勝中には多くの試合で複数得点を重ね圧倒的な強さで首位を独走した。優勝が見えた26節の2度目の敗戦以降は連勝できず、優勝を期待するサポーターをやきもきさせたが、ホームで優勝を決め、サポーターを喜ばせた。
ガンバ大阪_DSC0415B優勝セレモニーでは、金色に塗った風呂桶を用意、選手とスタッフ全員がシャーレをあしらった特製のTシャツを着用。試合に出られなかった谷口キャプテンがシャーレを掲げ、風呂桶の中で中村選手が桶を揚げて喜ぶなどフロンターレらしい演出にスタジアムの観客を喜ばせた。

 

2020-11-30 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2020年10 月12日 (月曜日)

ルヴァンカップ準決勝・川崎フロンターレがFC東京に0対2で敗戦 : 連覇の夢消える

201007fron-1ルヴァンカップ準決勝の2試合が10月7日に行われ、昨年優勝の川崎フロンターレは、ホームの等々力競技場にFC東京を迎えて対戦。川崎FはF東京の堅守速攻を崩せず、0対2で敗れ、連覇の望みを絶たれた。もう一試合の横浜F・マリノス対柏レイソルは1対0で柏が勝利し、11月7日に新設の国立競技場で開かれる決勝戦でF東京と対戦する。

写真(撮影:安永能美)=14分、FC東京の先制ゴール

201007fron-2
後半、F東の攻撃を阻止するMF大島僚太(#10)

多摩川クラシコとなった対戦、川崎Fは先発を直前のセレッソ大阪戦に出場したFW小林悠(#11)をFWレアンドロ ダミアン(#9)に替えただけなのに対し、F東京はFWディエゴ オリヴェイラ(#9)以外の10人を入れ替えた。前回は新型コロナウイルス感染症拡大防止の中断期間が開けた第3節で、川崎Fが4対0で快勝した。
川崎Fはルヴァンカップ連覇、F東京は前回のリベンジを目標に臨んだ。
入場者は平日で雨のため6,635人だったが、川崎Fがチャンスを迎えるたびにサポーターが熱い手拍子で選手らを鼓舞していた。
試合は川崎Fのペースで始まったが、14分にFWレアンドロ(#20)にCFを直接決められ先制を許した。その後、互いに中盤でボールを奪い合う攻防が続いたが前半を0対1で折り返した。
201007fron-3川崎FはハーフタイムでMF脇坂泰斗(#8)、FW齋藤学(#19)に替え、MF大島僚太(#10)、MF三笘薫(#18)を投入して巻き返しを計ったが、F東京も選手交代で対応。62分に相手FKからレアンドロにゴールを決められ2対0となった。川崎Fは直後に小林、FW旗手怜央(#30)を送り、77分にもFW宮代大聖(#20)を投入して攻勢に出たが、ペナルティーエリア付近でDF森重真人(#3)やGK林彰洋(#33)らF東京の堅い守りを崩せず(写真左)、無得点のまま試合終了、連覇の夢が消えた。

 

2020-10-12 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2020年10 月 3日 (土曜日)

Jリーグ16節・川崎フロンターレが横浜FCに3対2で勝利 : カズや憲剛らレジェンド4人が対決

×FC横浜_DSC0060Jリーグ第18節が9月23日に行われ、川崎フロンターレはホームの川崎市中原区等々力の等々力陸上競技場に横浜FCを迎えて対戦、3対2で競り勝ち6連勝を果たした。

写真(撮影:桑山輝明)=J1最年長出場記録を更新した横浜FCの三浦知良選手の突破を阻む川崎FのMF守田英正選手

FC横浜_DSC0811憲剛
中村憲剛選手の突破に対応する中村俊輔選手

神奈川ダービーとなったこの試合には、横浜FCからキングカズこと53歳の三浦知良(#11)が13年ぶりにJ1のピッチに立ち、J1最年長出場記録を大幅に更新。さらに42歳のMF中村俊輔(#46)、39歳のMF松井大輔(#22)がスタメンに起用された。川崎Fからも39歳のベテランMF中村憲剛(#14)が今季初スタメンを果たし、レジェンド4人の対決に注目が集まった。
FC横浜_DSC0695田中ゴール相手の出方をうかがうように始まった試合は、徐々に首位の川崎Fがボールを支配、22分にMF田中碧(#25)が、中村俊と松井を振り切って先制ゴールを決めた(写真右)。途中から雨も降り始めたが、その後も川崎Fが優位に試合を進め、前半を1対0で折り返した。
FC横浜_DSC0829旗手ゴール川崎Fはハーフタイムで中村憲とFWレアンドロ ダミアン(#9)に替え、FW小林悠(#11)とMF三笘薫(#18)をピッチに送ると、この交代が功を奏し、後半開始直後にペナルティーエリア前の小林のパスからFW旗手怜央(#30)が追加ゴールを決め、リードを広げた(写真左)。横浜FCもその2分後に中村俊のコーナーキックをDF小林祐希(#4)がゴールを決め1点差に迫った。横浜FCは56分にカズ、60分に松井と中村俊に替えてMFレアンドロ ドミンゲス(#40)らを投入して攻撃力を増強、攻守が入れ替わる展開となった。しかし、川崎Fは67分に旗手が相手GKをかわしてこの日2点目となるゴールを決めて再び2点差となったが、横浜FCはレアンドロ ドミンゲスのパスを受けたMF佐藤謙介(#8)が追加点を奪い1点差とした。横浜FCはさらに攻撃を続けたが、川崎Fがディフェンス陣の踏ん張りでこれをしのぎ1点差で勝利した。

 

2020-10-03 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2020年9 月26日 (土曜日)

Jリーグ16節・川崎フロンターレがサンフレッチェ広島に圧勝 : 5対1でリーグ戦4連勝

広島MYZ_6654田中ゴールJリーグ第16節が9月12・13日に行われ、1位の川崎フロンターレは13日に川崎市中原区の等々力陸上競技場に9位のサンフレッチェ広島を迎えて対戦した。川崎Fは5対1で圧勝しリーグ戦4連勝した。

写真(撮影:山本真人)=14分、MF田中碧(#25)の先制ゴール

広島MYZ_6479
チャンスを作り出す川崎FのFW齋藤学(#19)

ホームで連戦の川崎Fは、4日前の神戸戦のスタメンだったDF谷口彰悟(#5)、DF登里享平(#2)、MF家長昭博(#41)、MF大島僚太(#10)、FW小林悠(#11)に替え、DF山村和也(#34)、DF車屋紳太郎(#7)、MF田中碧(#25)、MF脇坂泰斗(#8)、FWレアンドロ ダミアン(#9)が先発出場した。
試合は立ち上がりから川崎Fが正確なパスをつないで広島陣内に攻め入り、14分に4試合振りに先発した田中が豪快な先制ゴールを決めた。川崎Fはその後もチャンスを作るが、広島も次第に反撃に転じ、互いにゴールを奪うには至らず前半を1対0で終えた。
川崎Fはハーフタイムに脇坂とFW旗手怜央(#30)を下げ、大島とMF三笘薫(#18)を投入した。この交代が功を奏し、ペナルティエリアに入った三笘からいずれもパスを受けた47分にダミアン、50分に山村がゴールを決めた。さらに51分に田中がこの日2点目となるゴールを決め、わずか4分間で3点をたたき出して4点差とし、一方的な展開となった。
広島MYZ_7799小林ゴールこのところの複数得点を決めている川崎Fは、71分にダミアンとFW齋藤学(#19)を下げ、小林とFW宮代大聖("20)をピッチに送って追加点を狙う。すると88分に相手ハンドで得たPKを小林が決め5点差とした(写真右)。意地を見せたい広島は終了間際にゴールを決め、アデショナルタイムにもチャンスを作り出してシュートを放ったが、GKチョン ソンリョン(#1)に阻まれゲームセットとなった。

 

 

2020-09-26 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2020年9 月20日 (日曜日)

Jリーグ・川崎フロンターレがヴィッセル神戸に3対2で勝利 : シーソーゲームを制す

神戸_DSC0171宮代ゴールJリーグ第15節が9月9日に行われ、1位の川崎フロンターレは川崎市中原区の等々力陸上競技場に10位のヴィッセル神戸を迎えて対戦した。川崎Fは8分にFW小林悠(#11)がPKを得て先制したが、前半に追いつかれてゴールを奪い合うシーソーゲームとなり、85分にFK宮代大聖(#20)が自身J1初のゴールを決めて3対2で勝利した。

写真(いずれも撮影 : 桑山輝明)=85分、川崎FのFW宮代大聖(#20)が決勝ゴール

神戸_DSC0942両チームは8月26日の第24節、9月2日のルヴァンカップ準々決勝に続き2週間で3回目の対戦。1回目は川崎Fが追い付いて2対2の引き分け、2回目は6対0で圧勝した。
川崎Fはルヴァンと同じメンバーで臨み、立ち上がりから攻勢をかける。MF守田英正(#6)のシュートが相手DFにあたりPKを獲得。これを小林が決めて先制した。直後にもチャンスは作ったが、神戸が反撃。23分にゴールを許して同点になると試合の主導権を神戸が握り、前半を1対1で折り返した。
神戸_DSC0030神戸_DSC0009ダミアン・ゴール川崎Fは後半立ち上がりにチャンスを作るが、神戸GKや守備陣に阻まれ追加点が奪えず、56分にはFW旗手玲央(#30)が負傷退場、直後の56分に神戸に追加点を奪われた。川崎Fは66分に選手3人を入れて巻き返しをはかり、前線への圧力を強めた。83分にはピッチに送り出されたFWレアンドロ ダミアン(#9)がペナルティーエリアで倒され、この試合2本目となるPKを自ら落ち着いて決め、再び同点となった。流れの中から点が決められなかった川崎Fだが、85分にドリブルで相手陣内にかけ上がったMF脇坂泰斗(#8)のパスを受けた宮代がゴールを決めてこれが決勝点となり、その後の神戸の猛攻を退けて白熱した試合にピリオドを打った。

 

 

2020-09-20 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2020年9 月 4日 (金曜日)

Jリーグ・川崎フロンターレが清水エスパルスに5対0で圧勝 : 中村憲剛が自らのゴールで復帰を祝う

清水MYZ_5846中村ゴールJリーグ第13節が8月29日に行われ、1位の川崎フロンターレは川崎市中原区の等々力陸上競技場に16位の清水エスパルスを迎えて対戦、5対0で圧勝し3試合ぶりに勝利した。川崎Fは、昨年11月2日に左膝前十字靭帯損傷、左膝外側半月板損傷の大けがを負ったMF中村憲剛(#14)が今季初めてベンチ入りし後半途中から出場、85分には自らのゴールで復帰を祝った。

写真(撮影 : 山本真人)=85分、川崎Fの中村憲剛(#14)のループシュート

清水MYZ_4348川崎Fは、8月23日の第12節で名古屋グランパスに今季初の黒星を喫したのに続いて、8月26日の24節にはヴィッセル神戸と引き分けており、ぜひとも勝ちきりたい。一方の清水は、9節以降勝利から遠ざかっており、白星を持ち帰りたい。
中2日の川崎Fは神戸戦からメンバーを大幅に入れ替え、FW斎藤学(#19)、山村和也(#19)が今季初スタメンとなった。
 清水MYZ_4673旗手ゴール試合は立ち上がりから川崎Fがボールを保持して前線の斎藤らが相手陣内に攻め入り(写真右上)、21分にMF旗手怜央(#30)がゴールを決めて先制した(写真左)。川崎Fはその後もチャンスを作り続けたが、清水のGKのビッグセーブなど阻まれ前半を1対0で折り返した。
川崎Fは51分にFWレアンドロ ダミアン(#9)が追加点を奪うと、74分には旗手がこの日2本目のゴールを決めて3点差となったところで、77分には中村がピッチに送り出され、客席からは大きな拍手がわいた。85分にボールを奪った中村が鮮やかなループシュート決めたのに続いて、途中出場のMF三笘薫(#18)がダメ押しとなる5点目を奪い、無失点で試合を終了した。
次のホーム試合は、9月9日(第15節)18時30分から神戸と対戦する。

 

2020-09-04 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2020年8 月29日 (土曜日)

Jリーグ 川崎フロンターレがセレッソ大阪に快勝 : 10連勝でJリーグ新記録

C大阪_DSC0944脇坂ゴールJリーグ第11節が8月19日に行われ、1位の川崎フロンターレは川崎市中原区の等々力陸上競技場に2位のセレッソ大阪を迎えて対戦。試合はセレッソに先行されたが前半で逆転、後半はFW陣が次々ゴールを決めて5対2で快勝した。10連勝でJ1リーグ新記録(延長戦を除く同一シーズンの連勝記録)を達成した。

写真(撮影 : 桑山輝明)=21分、川崎FのMF脇坂泰斗(#8)がフリーキックを決めて同点

C大阪_DSC0542ダミアンゴール
77分、5点目となるレアンドロ  ダミアンのゴール(#9)

好調の川崎Fが連勝記録を伸ばすか、2017年の昇格後は川崎Fに勝ち越しているC大阪が記録達成を阻み、勝点差を縮めるかが注目の上位対決。
試合は、C大阪が優位に進めFWブルーノ メンデス(#20)が7分に先制した。その後もC大阪の守備に阻まれていた川崎Fは、21分に相手のハンドによるフリーキックのチャンスにMF脇坂泰斗(#8)が直接ゴールを決めて同点にした。その後もC大阪に押し込まれる時間が続いたが、41分にペナルティエリアでFW家長昭博(#41)が倒されて獲得したPKを自身で決め、前半は相手に押される中でセットプレーから逆転に成功した。

C大阪_DSC0807
ボールをキープするFW家長昭博(#41)

後半、川崎Fはセカンドボールを拾って試合を優位に運び、53分にFW小林悠(#11)が3点目を決めた。C大阪もすぐに反撃、58分にDF瀬古歩夢(#15)がゴールを決めて1点差とした。しかし川崎Fは、交代でピッチに入ったMF三笘薫(#18)が75分に、FWレアンドロ ダミアン(#9)が77分に立て続けにゴールを決めて大差で勝利した。
次のホームゲームは第13節の8月29日19時から清水エスパルスと対戦する。

2020-08-29 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2020年8 月12日 (水曜日)

Jリーグ 川崎フロンターレが大分トリニータに完封勝利:8連勝でチーム記録更新

200808oita01Jリーグ第9節が8月8日と9日に行われ、1位の川崎フロンターレは8日に川崎市中原区の等々力陸上競技場に14位の大分トリニータを迎えて対戦。川崎Fは2対0で大分を完封で降して8連勝とし、チームのJ1連勝記録を伸ばした。

写真(撮影:山本真人)=FWレアンドロ ダミアン(#9)が追加点

200808oita02
ゴールを決めて祝福されるFW三笘薫(#18)

好調の川崎Fが連勝記録を伸ばすか、4連敗中の大分が勝利して浮上のきっかけをつかむかがかかった試合。
両チームとも、ルヴァンカップのグループリーグから中2日で、川崎Fは7人、大分は9人とスタメンを大幅に入れ替えてゲームに臨んだ。
立ち上がりからボールを支配する川崎Fは、リーグ戦初先発の大卒ルーキーFW三笘薫(#18)が5分に先制ゴール。さらに飲水タイム直後の24分に大分のゴール前のパスミスをFWダミアン(#9)がボールを奪ってゴールに押し込んで追加点を奪った。
後半、川崎Fは3点目を目指してFW小林悠(#11)らがゴール前で再三チャンスを作ったものの、大分の守備に阻まれてゴールネットを揺らすことはできなかった。しかし、前節のガンバ大阪戦に続いて完封勝利を飾った。
8月12日には、ルヴァンカップのプライムステージ進出をかけ、勝ち点で並ぶ名古屋グランパスと名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂スタジアムで対戦する。
次のリーグ戦のホームゲームは8月19日19時から3位のセレッソ大阪と対戦する。

2020-08-12 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2020年8 月11日 (火曜日)

Jリーグ 川崎フロンターレが湘南ベルマーレに3対1:2試合連続で逆転勝ちし6連勝

200726syonan01Jリーグ第7節が7月26日に行われ、1位の川崎フロンターレは川崎市中原区の等々力陸上競技場に15位の湘南ベルマーレを迎えて対戦。川崎Fは後半に先制されたが、すぐに今シーズン湘南から移籍したDF山根視来(#13)が同点ゴール。さらに今季入団のFW三笘薫(#18)のリーグ戦初ゴールで逆転、MF田中碧(#25)が追加点を決めて3対1で逆転勝ちした。

写真(撮影 :桑山輝明)=61分、DF山根視来(#13)が同点ゴール

湘南_DSC0511
ボールを競り合うFW家長昭博(#41)

今節はサンフレッチェ広島・名古屋グランパス戦が、名古屋に新型コロナウイルスの感染者が出たため、急きょ試合延期となり、残り8試合が行われた。
神奈川ダービーとなった試合は、川崎Fが前半からボールを支配してチャンスを作るものの湘南のGKのファインセーブなど守備陣の堅い守りに阻まれ、前半を0対0で折り返した。
川崎Fは後半開始直後から、再三相手ゴールエリアでチャンスを作るもののゴールを奪えず、逆に湘南がワンチャンスからFWタリク(#11)に技ありのバイスクルシュートを決められ先制を許した。失点した川崎Fは、直後に選手を2人代えて反撃、61分にカウンターから山根が同点ゴールを決めて試合を振り出しに戻した。その後、途中交代の三笘が逆転、田中が追加点と若手の活躍で、前節のベガルタ仙台戦に続いて2試合続けて逆転勝利した。新型コロナウイルス感染防止による中断からリーグ戦が再開された7月4日から続くハードスケジュールの中で6連勝と好調を保っている。

2020-08-11 in 02)イベント・催事, 06)政治, b5) 川崎市中原区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)