« 2009年4 月 | メイン | 2009年6 月 »

2009年5 月30日 (土曜日)

FC東京、川崎のサポーターが手を携えチラシ配り : サポーター版クラシコ大会を呼びかけ

090524kurashiko01 FC東京と川崎の試合が行われた5月24日、狛江駅北口のバスロータリーで両チームのレプリカユニフォームを身につけたサポター有志が手を携え、サポーター版「多摩川クラシコ」—綱引き大会の再現を呼びかけるチラシを配った。

配布したのは、FC東京サポーターの徳永健さん、津田道典さん、大出有志さんと川崎サポの佐藤雄紀さんの4人。配ったのは徳永さんと津田さんが所属する「FC東京を応援する狛江人の会」が制作した「狛江青赤通人」と題するA4判のミニ新聞。誌面には2001年3月、拡幅に伴い開通した川崎市と東京をつなぐ新しい多摩水道橋の完成記念イベント「橋・わたし・夢フェスタ」で行われた両チームサポーターの綱引き大会や両チームの選手がサッカー雑誌の誌上対談に利用した狛江のスポーツカフェの紹介などを掲載している。徳永さんは、約10年前からスポーツを通して地元を応援しようとHP「FC東京を応援する狛江人の会」を運営、市内でFC東京のポスターなどを掲示するお店の協力を呼びかけ、味の素スタジアムで行われるホームゲーム時には、津田さんとスタジアムへのシャトルバスが発着する狛江駅北口で狛江をPRする手作りのチラシを配布するなど、地域とサポーターを結ぶ地道な活動を行っている。
090524kurashiko02 徳永さんは、1勝1敗で終わった綱引き大会で両チームのサポーターが盛り上がり楽しく交流した思い出が忘れられず、ぜひ再現したいと自身のHPで呼びかけたところ、大出さん、佐藤さんがメールで協力を申し出て、この日に初めて対面。意気投合して、午前11時30分から約2時間、チラシ配りを行った。試合前はあいにくの雨だったが、臨時バスを待つ多くのサポーターは、配られたチラシをにこやかに受け取っていた。
徳永さんは、「両チームのユニフォーム姿のせいか、いつもより好意的にチラシを受け取り熱心に読んでくれた。きょうのように両チームのサポーターが手をつなぎ、地域の商店街などの協力を得てサポーターのクラシコ・綱引き大会を実現したい」と夢をふくらませている。サポータークラシコについての問い合わせはこちら>

2009-05-30 in 02)イベント・催事, 09)市民活動, 11)まちづくり, a) 狛江市のニュース, b) 川崎市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2009年5 月29日 (金曜日)

しんゆり映画祭事務局がボランティア・スタッフを募集 : 中学生の映画作りをサポート

NPO法人KAWASAKIアーツ・KAWASAKIしんゆり映画祭事務局が、「ジュニア映画制作ワークショップ」のボランティア・スタッフを募集している。

ジュニア映画制作は、15年目を迎える同映画祭の目玉企画のひとつで2000年から実施している。ボランティアの内容は、映画制作中の中学生の安全管理、制作現場の備品の準備、ワークショップ参加者の出欠管理・事務連絡・ジュニア映画制作ワークショップのホームページ管理などの事務作業のほか中学生の相談役なども行う。
応募資格は、高校生を除く18歳以上の人若干人で、選考がある。活動期間は6月中旬から9月下旬まででの休日で、夏休み中は平日も活動する。
応募は、映画祭ホームページの専用応募フォームより申込みまたは氏名(ふりがな)、年齢、性別、職業、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、参加理由(形式・字数自由)で映画祭事務局へ封書で郵送のいずれかで、6月7日(消印有効)までに申し込む。
申し込み・問い合わせは〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1-2-2 新百合21ビル地下2階 NPO法人KAWASAKIアーツ・KAWASAKIしんゆり映画祭事務局「ボランティア・スタッフ募集」係 担当:豊里洋、小堀陽太、電話044(953)7652、FAX044(953)7685、E-Mail= cinema-uma@siff.jp
ホームページはこちら>しんゆり映画祭ジュニアワークショップ

関連記事=川崎市麻生区で中学生の映画制作の説明会

2009-05-29 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 07)文化・芸術, 09)市民活動, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, 映画 | Permalink | コメント (0)

川崎市麻生区で中学生の映画制作の説明会: 川崎市・KAWASAKIしんゆり映画祭実行委員会が参加者募集

川崎市とNPO法人KAWASAKIアーツ・KAWASAKIしんゆり映画祭事務局が、ことしも中学生を対象にしたジュニア映画制作ワークショップを開催、6月13日午後1時から小田急線新百合ヶ丘駅北口前の日本映画学校で説明会を開く。

ワークショップは、日本映画学校の講師や映画祭スタッフの指導で、中学生が企画から脚本作り、俳優、カメラマン、監督、録音、スクリプターなどに映画作りの一連の作業に挑戦して1本の映画を完成させる。2000年からはじまりことしで10回目となる。これまでに劇映画、ドキュメンタリーの18本を制作しており、映画界をはじめ全国の自治体、教育現場などからも注目を集め、その後各地で同様の企画を行うところも増えている。
今回は、あらかじめ定員を設けず説明会に参加して6月22日の応募締切までに応募した子どもたちの人数により、制作作品数を決めワークショップを行う。
説明会後の主なスケジュールは、6月中に課題の作文提出、オリエンテーション、7月は夏休み前の土曜日に脚本作り、夏休み後は映画作りに必要な技術の実技、撮影準備、撮影編集などを行い8月末に映画を完成させ試写を行う予定。完成した作品は9月の「KAWASAKIしんゆり映画祭」で上映する。
応募資格は、川崎市とその周辺に在住・在学している中学生。参加費は5000円(制作実費、撮影中の移動交通費は自己負担)。説明会で、ワークショップの詳しい内容やスケジュール、課題の作文などが提示される。説明会に本人が都合で出席できない場合は保護者の代理も認められるが、説明会に本人・代理出席がない場合は応募が認められない。
申し込み・問い合わせはNPO法人KAWASAKIアーツ・KAWASAKIしんゆり映画祭事務局(〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1-2-2新百合21ビル、電話044-953-7652、FAX44-953-7685)または川崎市市民・こども局市民文化室(問い合わせのみ)=電話 044-200-2280。
ホームページ=しんゆり映画祭(http://www.siff.jp/jw2009/

関連記事=しんゆり映画祭事務局がボランティア・スタッフ募集

2009-05-29 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 07)文化・芸術, 09)市民活動, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, 映画 | Permalink | コメント (0)

2009年5 月28日 (木曜日)

川崎市アートセンターで活弁付き上映会 : 小津安二郎監督「東京の合唱」

川崎市麻生区万福寺の川崎アートセンターアルテリオ小劇場で5月31日午後2時から、無声映画を日本を代表する活動弁士の語りとピアノ演奏で鑑賞する「活弁で蘇る名画」が催される。

上映されるのは、岡田時彦、八雲恵美子、菅原秀夫、高峯秀夫らが出演する1931年松竹キネマ鎌田作品「東京の合唱(コーラス)」。小津監督が27歳の時に制作、その後の「小市民作品」と呼ばれる小津作品の先駆けとなったモノクロ91分の作品。弁士は、日本を代表する活動弁士の澤登翠さん、ピアノ演奏は荒垣隆さん。
物語は、失業したサラリーマンが大学時代の教師の紹介で職を得るまでのできごとを数々のギャクを織り込んで淡々と描き出しており、クライマックスには大学の寮歌を皆で歌うシーンもある。弁士の澤登さんが、不況にあえぐ現代への応援歌にしたいとあえて選んだ作品だ。
上映後の午後3時45分から澤登さんと白鳥さんのトークも行われる。
入場は、一般2,000円、高校生以下・シニア・障害者とその介助者は1,800円。全席自由で、当日午後12時30分から入場整理券を配布する。
問い合わせは電話044(953)7652NPO法人KAWASAKIアーツ・映画祭事務局。

2009-05-28 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, 音楽 | Permalink | コメント (0)

2009年5 月26日 (火曜日)

Jリーグ・川崎がFC東京に逆転勝利

090524fron01 Jリーグ第13節第2日程6月24日に調布市の味の素スタジアムで、多摩川を挟んだライバルの東京FC対川崎の対戦「多摩川クラシコ」が行われ、川崎Fは2点リードされた試合を58分から10分間に3ゴールまとめうちして逆転、3連勝して4位に浮上した。

写真=同点ゴールに喜ぶ川崎の選手たち(撮影:山本真人)

2009-05-26 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, e)調布市, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2009年5 月25日 (月曜日)

川崎市高津区役所が区役所から橘樹郡衙へのウォークを企画

川崎市高津区で5月31日、現在の川崎市高津区役所から古代の市役所にあたる橘樹郡衙(たちばなぐんが)までの区内の遺跡などの見どころをたどる「高津区の緑を古人(いにしえびと)のロマンをたどるロングウィーク」が開催される。

このウォークは、同区と同区まちづくり協議会が、緑と史蹟の多い高津区の魅力を多くの区民に再発見してもらおうと企画。郡衙は、古代国家が形成された7,8世紀の郡役所で、武蔵野国橘樹郡は現在の川崎市の市域とほぼ一致する。
コースは全長約10km。高津区役所を午前9時に出発、薬医門公園〜久本横穴古墳〜江戸見桜・ターザンの木〜増福寺〜明鏡寺〜杉山神社〜新作小学校〜市民プラザ(昼食休憩)〜西福寺古墳〜たちばなの散歩道〜高津市民健康の森〜影向寺〜橘樹郡衙跡〜富士見台古墳〜橘神社〜子母口貝塚を経て子母口バス停前で午後3時30分ごろに解散する。
参加は、区民でなくても可能で途中から途中まででも可。事前申し込みは不要で、参加費はなし。
問い合わせは☎044-861-3133高津区役所地域振興課。

2009-05-25 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 05)歴史, 11)まちづくり, b) 川崎市のニュース, b3) 川崎市高津区 | Permalink | コメント (0)

2009年5 月21日 (木曜日)

ACL・川崎が浦項スティラーズに敗戦 : 予選グループ2位でステージ16はガンバ大阪とアウェイ対戦

090519fron01 川崎は、5月19日ホーム等々力競技場に浦項巣ティラーズ(韓国)を迎え、AFCアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の予選リーグ第6戦を戦い、0対2で敗戦した。H組の川崎Fは、第4節で勝ち点11となり、早々とグループリーグ突破を決めたが、この結果でH組1位を浦項に明け渡してグループ2位となり、F組1位のガンバ大阪と6月24日にアウェーで対戦する。

写真=後半、川崎FW鄭大世のキーパー正面のシュート

2009-05-21 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

川崎市麻生市民館で5月21日に議員と語る会 : 市長選挙や議会のありかた地域の諸問題テーマに意見交換

市政を身近にしようと、川崎市麻生区の市民団体が5月21日午後6時30分から8時30分まで麻生市民館で麻生区選出議員を招き「麻生区選出議員と市政を語る会2009」を催す。

主催するのは、区内に住む7人の市民で作る「麻生区選出議員と市政を語る会2009実行委員会」。同団体は、市議会議員と同じフロアで話し合い、市民の意見を議会に反映させようと、統一選挙前に市議会立候補予定者を招いて公約などを聞き、選挙後は当選議員の活動を検証するため毎年「語る会」を催しており、今回は6回目。
同会では毎回、事前に選出議員に質問状を送りその返事を公表、当日、出席議員が司会者からの質問に答えたり参加者からの質問を受けて発言する形式で行われている。
今回は、ことし10月に行われる川崎市長選挙と現在議会で検討されている「議会基本条例」を念頭に、(1)阿部市政の評価・検証、(2)議会のあり方の検証、(3)区民の地域活動の場の確保の3点について質問状を出している。当日は、2部構成で進行、前半は質問状を中心に進め、後半は休憩中にフロアの参加者から集めた地域の身近な諸問題などの質問などをもとに意見交換する。
同会によると、当初は選出議員7人のうち6人が出席を表明していたが、最近になって欠席の連絡が相次ぎ、参加するのは自民の尾作均議員、共産の勝又光江議員の2人だけとなり、主催者を残念がらせている。しかし同会では、いつも押せ押せで時間が足りなくなる後半の意見交換会は、参加議員が少ないため多くの市民からの意見を聴くことができると前向きに評価。市政に関心を持つ機会にしたいと区民の積極的な参加を呼びかけている。
参加は無料。問い合わせは電話044(955)9381「麻生区選出議員と市政を語る会」事務局。

2009-05-21 in 02)イベント・催事, 06)政治, 09)市民活動, 11)まちづくり, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, 時事問題 | Permalink | コメント (0)

2009年5 月20日 (水曜日)

小田急線狛江駅北口噴水広場で5月23日に音楽会 : 災害のないまちめざし、東京消防庁音楽隊が青空演奏

災害のないまちづくりをめざしてと、5月23日午後1時から小田急線狛江駅前の噴水広場で、東京消防庁音楽隊による演奏会が開かれる。

この音楽会は、阪神・淡路大震災を契機に1998年から東京狛江ロータリークラブが、狛江消防署と東京消防庁音楽隊の協力で毎年この時期に実施している。当日は、広場で音楽隊が、「ハイデックスブルグ万歳」「おもちゃの兵隊」など子どもからおとなまで楽しめる曲を約1時間演奏する。また、高架下の同駅改札口付近の通路では、2010年4月から都内の住宅すべてに設置が義務化される住宅用火災報知器の展示と普及PR活動を行うほか、家具の店頭落下防止器具も展示する。
参加は無料。当日雨天の場合は、音楽会の会場が、高架下の通路に変更される。
問い合わせは、電話03(3430)0119狛江消防署予防課防火査察係。

2009-05-20 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, 11)まちづくり, 12)防災・安全, a) 狛江市のニュース, 音楽 | Permalink | コメント (0)

2009年5 月19日 (火曜日)

Xリーグパールボウル: アサヒビールシルバスター、富士通フロンティアーズなど4チームが準決勝に進出

090517fujituu01 第33回パールボウルトーナメントの準決勝にグループ戦第5・6日日程の4試合が5月16日と5月17日に川崎球場で行われ、アサヒビールシルバスター、鹿島ディアーズ、富士通フロンティアーズ、オービックシーガルスがそれぞれ2勝目をあげベスト4入りし、30日に同球場で開かれるセミファイナルに出場する。

写真=大活躍する富士通フロンティアーズの新人・金雄一の先制タッチダウン(17日第1試合)

16日午前11時からの第1試合は、ともに1勝しているアサヒビールシルバスターとIBMビッグブルー戦の対戦。試合は第1Qは両チームともファンブルやインターセプトでゴールラインまでボールを運べなかったが、第2Qでまずビッグブルーのキッカー崔慶浩がフィールドゴールで先制。シルバスターは前半終了近くの11分27秒にワイドレシーバー高橋昌宏がタッチダウン続くトライフォーポイントも決めて7対3と逆転。シルバースターは第3Qにクォーターバック波木健太郎と新人ランニングバック立花孝雄がタッチダウン奪い、20対6でビッグブルーを下した。
午後2時からの第2試合は、昨年のパールボウル覇者・鹿島ディアーズが、オール東京ガスクリエイターズを44対3と圧勝。
強い風と小雨がパラつくなかで行われた17日第1試合の富士通フロンティアーズとオール三菱ライオンズは、開始早々相手の攻撃圏を奪って新人ランニングバック金雄一が3分05秒に先制のタッチダウン。その後も新人とベテランの攻撃、守備陣がうまくかみあい試合をリード、オール三菱の反撃を振り切り30対10でセミファイナルに権利を奪った。続く第2試合は、第1Qで明治安田パイレーツが先制タッチダウンを決めたが、オービックシーガルスが第2Q、第3Qで3本のタッチダウンとフィールドゴールを奪い24対7でパイレーツを下した。

○準決勝は川崎球場で30日に開催

30日に行われるセミファイナル(準決勝)の組み合わせは、午前11時の第1試合がオービックシーガルスと富士通フロンティアーズ、午後2時30分からの第2試合は鹿島ディアーズとアサヒビールシルバスターが対戦。6月19日に東京ドームで午後7時から開かれる決勝戦に向け激しい闘いが行われる。入場は、一般・大学生が1000円、高校生以下は無料。

2009-05-19 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b3) 川崎市高津区, b7) 川崎市川崎区, スポーツ | Permalink | コメント (0)