2017年7 月16日 (日曜日)

狛江で多摩川いかだレース:猛暑にめげず手作りいかだ89艇が懸命の力漕

170716ikada002自作のいかだで多摩川を下る狛江市の夏の名物イベント「狛江古代カップ第27回多摩川いかだレース」(同いかだレース実行委員会主催)が7月16日に催され、市内や多摩川流域など20の地域からいかだ89艇が参加した。参加者たちは精一杯の力漕でタイムを競ったり、アイデアを凝らしたいかだに仮装して乗り組んでのんびり川を下るなど、思い思いにレースを楽しんでいた。レースの結果は、いかだのできばえやアイデアを競う企画部門の最優秀企画賞に多摩源流二号、タイムレース部門はハートフルおやじファミリー号が11分42秒で4連覇を果たした。

写真=力漕するいかだの上空にはパラグライダーの編隊 

170716ikada001
優勝したハートフルおやじファミリー号(右)

このレースは多摩川に親しみ、他の地域の人と交流しようと1990年から催されているもの。狛江市をはじめ、多摩川流域の調布市、川崎市、稲城市、世田谷区などのほか狛江市と交流のある山梨県小菅村、新潟県長岡市など多くの地域から出場する多摩川流域最大規模のいかだレース。

170716ikada003
最優秀企画賞の多摩源流二号(奥)

ことしは、空梅雨で川の水量が少なくスタート地点から数百メートルの下流では膝下くらいの浅瀬もあり、多くの艇がいかだからおりて艇船を押す姿も見られ、昨年に比べ全体的にタイムはあまり伸びなかった。
いかだの中には、おとぎ話の桃太郎や、アニメに登場するネコバス、映画「美女と野獣」など、趣向を凝らしたいかだと衣装でパフォーマンスを披露するチームもあり、岸に陣取った大勢の応援団からはにぎやかな声援が送られていた。

最終の第12レースには、スピード自慢のチームが出場、狛江から出場した3連覇中のチームハートフルおやじファミリー号が、2位のラフティーに47秒の差をつけて4連覇を果たした。メンバー代表の関谷勉さんは「水が少なく、昨年より1分30秒以上遅かったが、昨日、川の様子や水深をチェックしてコース取りを決めており、作戦通りのレース展開ができました。来年はいかだを新造して5連覇をめざします」と余裕の笑顔を浮かべていた。
企画部門は、富士山が噴火する姿を模した山梨県小菅村から参加の多摩源流二号が最優秀企画賞を受賞した(写真左上)。メンバーは「21年前にシンプルないかだで初めて参加、企画部門は今回が17回目です。参加者や見学者に安心・安全を呼びかけるつもりで、富士山の噴火をテーマにして、初めて大賞を獲得できてうれしい」と大喜びしていた。
表彰式が行われた多摩川緑地公園グランドでは、特産の枝豆を提供するビアガーデン、産直野菜の直売、山梨県小菅村の○×クイズ、ミニコンサートなどが行われ、人気を集めていた。

●いかだレースの結果
レース部門
▽一般=優勝 ハートフルおやじファミリー号(11分42秒)、2位 チーム・ラフティー(12分29秒)、3位 狛六ファイターズB(13分55秒) ▽レディース・ジュニア=優勝 狛江六小いかだファイターズB(16分41秒)、2位 ボーイスカウト狛江第一団カブ隊
(21分32秒)、3位 稲六ボーイズ(22分24秒) ▽学生=優勝 ボーイスカウト狛江第1団ベンチャー隊(18分33秒)
企画部門
最優秀賞=多摩源流二号、企画賞=ギョニソ丸(改)、狛六ファイターズ、BLUE PRINCE、狛江市商工会、狛江市シルバー人材センター「乙女号」
、審査員特別賞=警視庁調布警察署、狛江FIRE FIGHTERS、川口遊川の会、大塚グループ賞=多摩川流域11自治体交流イベントラリー、狛江消防署長賞=美しい多摩川フォーラム号、ナマステ号、調布警察署長賞=フレッシュ★みずほ狛江、城南信ちゃんドリーム号、多摩区観光協会会長賞=カンティプール号、大会名誉会長賞=多摩源流一号、アメンボⅡ世号

 

2017-07-16 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, h)東京都 | Permalink | コメント (0)

2017年6 月10日 (土曜日)

狛江市で6月11日に「こまエコまつり」:親子で楽しめる環境にちなんだ多彩な催し

6月11日に「こまエコまつり」が狛江市役所と小田急線狛江駅前の緑の三角ひろばなどで催される。会場では廃食用油でせっけん作り体験、フリーマーケット、再生エネルギーを題材にしたドキュメンタリー映画の上映、リサイクル自転車の抽選会、花の無料配布など、環境にちなんださまざまな催しが行われる。

このまつりは、6月5日の「世界環境デー」にちなんで毎年この時期に催されているもので、ことしで45回目。
市役所前市民ひろばでは、午前10時30分から花の無料配布、廃食用油を使ったせっけん作り体験、緑のカーテン用のゴーヤの種の無料配布(午前11時、先着100人)、フードドライブ、リサイクル自転車の抽選会(13時30分・抽選券を11時15分から配布)、浄化した工業廃水を使った金魚すくい、水道水とミネラルウォーターの飲み比べ、エコハピコースター作りなどが行われる。また、ヤマメの塩焼き、お好み焼きなどの飲食や山梨県丹波山村の特産品の販売もある。
中央公民館でドキュメンタリー映画「日本と再生〜光と風のギガワット作戦」の上映(10時30分・15時30分、300円)、講演会「多摩川の自然と環境」(13時)、子ども服とマタニティー服の交換会(10時)を催す。
緑の三角ひろばでは、楽市(フリーマーケット)を開催する。
会場ではスタンプラリーを実施し、会場を回ってスタンプを集めると弁財天池の竹炭がもらえる(数に限りあり)。
問い合わせ電話03-3430-1287狛江市市民活動環境部環境政策課。

 

 

2017-06-10 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, | Permalink | コメント (0)

2017年3 月27日 (月曜日)

サクラの開花情報を速報 : 「今日の桜2017」がスタート

川崎市、狛江市とその周辺の桜の開花状況を写真と短い記事で伝える「今日の桜2017」(こちら>)が3月22日にスタートしました。

この企画は、地域の四季折々の花情報を伝える市民ボランティアの「花咲案内人」が、決まった桜を定点観測して、桜の花のアップと開花の進み具合、周辺の様子などを開花から満開、花の散るまでを日ごとに紹介しているもので、毎年多くの方から好評をいただいています。

現在も、桜のガイドをするボランティアを募集していますので、ぜひご応募ください。
問い合わせ・応募はEメール(mail@k-press.net)でインターネット新聞「k-press」今日の桜2017係へ。

2017-03-27 in 01) 自然・環境, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, b) 川崎市のニュース | Permalink | コメント (0)

2016年10 月26日 (水曜日)

川崎市が都市農業活性化連携フォーラムを10月28日に開催:多様な視点から川崎の農業考える

都市農業活性化連携フォーラムが10月28日15時から川崎市中原区の川崎市総合自治会館で催される。川崎市内の農業者と工業者、商業者、福祉法人、市民などが連携する場の創造を目指して開催されるもので、6月に続いて2回目。当日は福田紀彦市長も出席、講演、意見交換などを行う。

当日は、農林水産省食料産業局食文化・市場開拓課の西経子和食室長が「実りの秋に考える川崎農業の可能性」、和光大学表現学部芸術学科長の倉方雅行教授が「農業とデザイン」と題して基調講演を行うほか、明治大学農学部の学生の発表、農商工等連携推進モデル事業の紹介がある。第2部では参加者が意見交換と交流を行う。
会場では農業者と他の業種などが連携して作ったトマトジャム、ほうれん草チーズケーキ、トマトケチャップ、クラフトビールなどの地域商品を用意する。
定員はフォーラム、意見交換会とも各150人。フォーラムの参加は無料。意見交換会は会費2000円。
問い合わせは電話044-860-2462川崎市経済労働局都市農業振興センター農業振興課。

2016-10-26 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, | Permalink | コメント (0)

2016年7 月17日 (日曜日)

狛江古代カップ多摩川いかだレース:手作りいかだ97艇が川下り、ハートフルおやじファミリー号が大差で3連覇

160717ikada008自作のいかだで多摩川を下る狛江市の夏の名物イベント「狛江古代カップ第26回多摩川いかだレース」(いかだレース実行委員会主催)が7月17日に催され、市内や多摩川流域など21の地域からいかだ97艇が参加。参加者たちは精一杯の力漕でタイムを競ったり、アイデアを凝らしたいかだに仮装して乗り組んでのんびり川を下るなど、思い思いにレースを楽しんでいた。レースの結果は、いかだのできばえやアイデアを競う企画部門の最優秀企画賞に南生田中学校美術部&南生田パパロール隊コラボチーム、タイムレース部門はハートフルおやじファミリー号が10分8秒で3連覇を果たした。

写真=手作りいかだで川下りを楽しむ

写真ニュースはこちら>

160717ikada003このレースは多摩川に親しみ、他の地域の人と交流しようと1990年から催されているもので、狛江市をはじめ、多摩川流域の調布市川崎市、山梨県小菅村のほか、新潟県長岡市など遠方からも多くのチームが参加する多摩川流域最大規模のいかだレース。
今回は、川の水量もまずまずだったが、コース途中の浅瀬に乗り上げて脱出するのに苦労したり、スタート地点で転覆するいかだも見られた。いかだの中には、竜宮城を模して魚などのかぶり物をかぶったり、テレビの大河ドラマ「真田丸」にちなんだ甲冑姿の子どもや、野球のユニフォームを着てバットの素振りをするなど、にぎやかな仮装や縁起を披露するチームも多く見られ、堤防上の観客を喜ばせた。シルバー人材センターのいかだがアラビア風の仮装で白いドライアイスの霧を川面に漂わせながら下ると、岸に陣取った大勢の応援団からはにぎやかな声援が送られていた。
160717ikada018最終の第13レースには、スピード自慢のチームが出場、2連覇中のハートフルおやじファミリー号が、V12の記録を持つチームラフティーを序盤からリード、2位のラフティーに1分8秒の大差をつけて3連覇を果たした(写真右)。メンバーのひとりは「3連覇ができてうれしい。(私は)ことし還暦を迎えたが、還暦でも優勝できる。みなさん、年齢に関係なくがんばりましょう」と参加者にエールを送っていた。
企画部門は、南生田中学校美術部&南生田パパロール隊コラボチームが人気漫画をモデルにした帆船のいかだとコスチュームで参加し最優秀企画賞を受賞した(写真左上)。メンバーは「中学のおやじの会が中心になって4年前から参加している。ことしは南生田中美術部の生徒に加わり、そのアイデアをもとに2カ月がかりで作った。5回目の参加で最高の賞をもらえてすごくうれしい」と大喜びしていた。
表彰式が行われた多摩川緑地公園グランドでは、特産の枝豆を提供するビアガーデン、産直野菜の直売、山梨県小菅村の○×クイズ、ミニコンサートなどが行われ、人気を集めていた。

いかだレースの結果
レース部門
▽一般=優勝 ハートフルおやじファミリー号(10分8秒)、2位 チーム・ラフティー(11分16秒)、3位 カンティプール号(11分28秒) ▽レディース・ジュニア=優勝 狛江六小いかだファイターズB(13分16秒)、2位 狛六ファイターズB(14分33秒)、3位 ボーイスカウト狛江第1団カブ隊弐型(17分40秒) ▽学生=優勝 ボーイスカウト狛江第1団ベンチャー隊(18分48秒)

企画部門
最優秀賞=南生田中学校美術部&南生田パパロール隊コラボチーム、優秀企画賞=シルバー人材センター「乙女隊」、企画賞=ぎょにそ丸、フレンズ、狛六ファイターズ、駄倉町会青年部、狛江六小いかだファイターズZ、審査員特別賞=かわぐち游川の会、多摩源流一号、美しい多摩川フォーラム号、大塚グループ賞=イ号棟自治会すずらん号、山梨県小菅村賞=シルバー人材センター「青年隊」、狛江消防署長賞=多摩川流域11自治体交流イベントラリー、調布警察署長賞=多摩源流一号、多摩区観光協会会長賞=カンティプール号、大会名誉会長賞=狛江青年会議所、狛江FIRE FIGHTERS、東京土建狛江支部

2016-07-17 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2016年7 月15日 (金曜日)

狛江で7月17日に多摩川いかだレース : 21地域98艇の手作りいかだがタイムと出来映え競う

150719ikada 06「狛江古代カップ第26回多摩川いかだレース」(いかだレース実行委員会主催)が7月17日に催される。レースには、21の地域から昨年より11艇多い手作りのいかだ98艇が参加、9時20分の開会式に続いて10時から12時にかけ13グループに分かれて川を下る。当日荒天の場合は24日に順延される。 また、ゴール地点では狛江産枝豆ビアガーデン、狛江産野菜やアユ、ヤマメの塩焼きなどの販売、太鼓などのコンサート、多摩源流小菅村ウルトラクイズも行われる。

写真=昨年のいかだレース

 

このレースは多摩川に親しみ、他の地域の人との交流を目的に1990年から毎年催されている狛江の夏の名物行事。狛江市をはじめ多摩川流域の調布市、青梅市、稲城市、山梨県小菅村、世田谷区、川崎市などのほか、新潟県長岡市、千葉県柏市など21の地域の人たちが参加する多摩川流域最大規模のいかだレースとして親しまれ、職場や学校、家族などがアイデアをこらした作ったさまざまな形のいかだやコスチュームで参加する。 レースは、同市元和泉の通称・五本松から宿河原堰手前までの約1.3kmをいかだで下り、一般、レディス・ジュニア、学生のクラス別に所要時間を競うタイム部門と、いかだのデザインなどのアイデアを競う企画部門の2部門で実施される。流域対抗でタイムを競う部門もあり、優勝チームを予想するクイズも行われる。 レースには、アルベールビル、リレハンメル五輪の金メダリスト荻原健司さん、タレントのダニエル・カールさんも参加する。 また、レース優勝タイム予想当てクイズ、多摩川流域対抗優勝チーム予想当てクイズを10時までスタート地点で行う。 ゴール地点の小田急線多摩川鉄橋下流の多摩川緑地公園グランドでは、10時から狛江特産の枝豆などを提供するビアガーデンと狛江ブランド野菜の販売、Singer haruのコンサート、大菩薩御光太鼓の演奏、多摩源流小菅村ウルトラクイズ、多摩川流域11自治体イベントラリーブースでの無料抽選会が行われる。 
問い合わせは電話03(3430)1111内線2225狛江市市民生活部地域活性課地域振興係。 ホームページhttp://ikadarace.webcrow.jp  

2016-07-15 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2016年6 月17日 (金曜日)

狛江市の泉龍寺弁財天池で6月18日にホタル鑑賞会 : 東京狛江ロータリークラブ

150613hotaru 04小田急線狛江駅北口近くの弁財天池(狛江市元和泉1丁目)で「ホタル鑑賞の夕べ」が6月18日(少雨決行、雨天19日)に催される。東京狛江ロータリークラブが実行委員会を結成、池を所有する泉龍寺の協力で催すもの。当日は19時からセレモニーを行い19時40分頃から池の付近に放したゲンジボタルを見せる。

写真=昨年の鑑賞会のゲージの中で光るホタル

関連記事=昨年のホタル鑑賞会(こちら>)

ホタル鑑賞会は、弁財天池の改修を手がけた同クラブ会員で造園業を営む鈴木一光さん(72)が、かつては狛江でも普通に見られたホタルの復活をめざし市制40周年記念と同クラブの創立40周年プレイベントを兼ねて2010年に初めて企画、泉龍寺の協力で開催し家族連れなど約1000人が参加して大きな反響を呼んだ。

この時のホタルのうち10匹を鈴木さんの会社の敷地内に設けたネットを被せた飼育用の池に放ったところ次の世代が生まれ、2011年6月下旬に2匹のホタルが光を放った。この飼育経験をいかし、2012年から弁財天池の周りの水路に飼育小屋を作って人工飼育を始めた。その後、同クラブでは毎年この時期に鑑賞会を開いて
いる。

2016-06-17 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2016年2 月 1日 (月曜日)

川崎市中原区で早咲きサクラが満開

P20160131_93川崎市中原区上小田中にある東日本旅客鉄道の車両基地「中原電車区」のサクラが早くも満開となり、見頃を迎えている。

写真=満開の早咲きサクラ(撮影 : 清水隆)

同電車区のサクラは、例年早く咲くことで知られており、近くで居酒屋を経営するk-pressの花咲案内人・清水隆さんから写真が送られてきました。
2015年は、2月16日に満開の情報が寄せられた。淸水さんによるとことしは暖冬の影響で開花も早く、元旦に1輪咲いているのを見たが、一時寒波が訪れ、開花が足踏みした時期もあったが例年に比べて2週間ほど早く、1月31日に満開を迎えたという。

関連記事=かわさき花ごよみ

2016-02-01 in 01) 自然・環境, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区 | Permalink | コメント (0)

2016年1 月16日 (土曜日)

川崎市宮前市民館で区内の伝統行事などを題材にした映画上映と講演会 : 地域の絆考えるきっかけに

川崎市宮前区の宮前市民館大会議室で、1月23日に区内の伝統行事とそれに関わる地域の人を題材にしたドキュメンタリー映画「うつし世の静寂(しじま)に」の上映会と映画製作者小倉美惠子さんの講演会「地域の中で絆を考える」が開かれ、参加者を募集している。

この催しは、都市化して人と人の関係が希薄化する宮前区でいまも昔から同区に住む人たちの間で続けられている「講」を切り口に、地域コミュニティとは何か、顔の見える関係、人と自然の関わりなどについて学ぼうと企画された。
講師の小倉さんは区内にある「ささらプロダクション」の代表で、同区土橋の生まれで、実家の土蔵で見つけたお札をきっかけに2008年に関東一円にほりがるオオカミ信仰に迫ったドキュメンタリー映画「オオカミの護符」を製作した。
今回上映する「うつし世の静寂には」はそれに続く作品で2010年に製作した。明治政府による神社合祀で失われた鎮守の森で約100年ぶりに復活した「初山獅子舞」や区内に今も伝わる「念仏講」「巡り地蔵」などの伝統行事に携わる人たち姿を映し出し、風土と人のつながりを証言でつづった96分の作品。法政大学の田中裕子総長、元国立歴史民俗博物館館長の平川南産、哲学者の内山節さんの対談も収録されている。
公演の内容をより深めるために、10時30分から映画を上映、13時30分から講演する。
参加は無料で、定員は150人。
問い合わせは電話044-888-3911 宮前市民館。

2016-01-16 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, b) 川崎市のニュース, b4) 川崎市宮前区, 映画 | Permalink | コメント (0)

2015年10 月27日 (火曜日)

川崎市麻生区の市民健康の森で11月15日に植樹祭&収穫祭

川崎市麻生区の市民が里山の再生活動を続けている「麻生区市民健康の森(麻生鳥のさえずる公園)」(川崎市麻生区多摩美2丁目)で11月15日9時30分から13時30分まで「第15回植樹祭&収穫祭」が開かれる。

 


「麻生多摩美の森」は、小田急線読売ランド駅から京王線稲田堤駅までつながる「多摩自然遊歩道」添いにある多摩区菅仙谷と接する約1・2ヘクタールの谷戸の緑地。川崎市が各区に1カ所制定した「市民健康の森」の麻生区の森で、2001年から公募に応じた幅広い年代の区民が森の育成のボランティア活動を続けている。現在、約40人の会員が植樹や木の手入れ、自然観察会、畑でサトイモや菜の花を育てている。こうした活動の間には、地域の格好の自然学習・環境学習の場にもなっており世代を超えた交流が育まれている。
植樹祭&収穫祭は、この場所で活動する麻生多摩美の会(間野洋会長) 、多摩美みどりの会(小座間清次郎会長)、川崎・多摩美の山トラストの会(岡村克彦代表)の3団体が実行委員会を組織して開催するもの。15回目となる収穫祭は「森づくり15年を未来にー森のごちそうと音楽で祝おう」をテーマに、アジサイ、サツキ、キンモクセイの記念植樹のほか過去に植えて育つ木々の観察と畑の収穫物を使った豚汁、ゆでイモ、マシュマロ焼きなどを味わう。このほか、地元の子供たちにより多摩美太鼓の演奏、会員によるアルプホルン演奏なども行われる。
会場では、トラストの会の会員が製作した「森の展覧会」を同時開催している。
参加は無料で、少雨決行。主催者は厚手の軍手と歩きやすく丈夫な履物で来場と昼食をとる場合はおにぎり持参するよう呼びかけている。

問い合わせは電話044(966)7233間野さん。

2015-10-27 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 08)経済・農業, 09)市民活動, b) 川崎市のニュース | Permalink | コメント (0)