2016年6 月20日 (月曜日)

狛江市長選挙:当選の高橋氏、早くも2期目に意欲

160619sityousennkyo 01任期満了に伴う狛江市長選挙の投票が6月19日行われ、即日開票の結果、現職の高橋都彦氏(64)=無所属、自民、公明、狛江・生活者ネットワーク・民進推薦=が、新人の平井里美氏氏(54)=共産、社民、新社会、緑の党グリーンズジャパン推薦=に4,577票の差をつけて2期目の当選を果たした。

開票は21時から順調に進み、21時59分に当選が決まった。
高橋氏は前回より1,000票余り得票を伸ばした結果に「4年間の実績を評価していただきほっとしている。希望としては2万票取りたかったが、(相手陣営から)事実ではないことを言われた分が相手に流れた。これからの市政運営でその誤解を解けるようにし、1期目以上の前進につとめる」と話し、掲げた公約の多くは既に道筋をつけ8合目まで達成したと胸を張るとともに、今後は「約束したことは優先順位をつけながら、できるものは前倒しをして進めたい」と意欲を見せていた。
敗れた平井氏は「多くの人に支えていただき感謝している。短い期間に多くの出会いがあり、貴重な体験ができた」と選挙事務所に詰めかけた支持者に笑顔で感謝の言葉を述べた。告示の45日前に出馬表明、初の選挙に臨んだが、告示後は矢野裕前市長が選挙カーに同乗するなど支持の拡大に努め善戦した。前回の選挙で矢野市長の後継として出馬した田邉良彦氏の得票に約700票届かず、初の女性市長の誕生はならなかった。
投票率は47.01で、前回(2012年)を1.32ポイント下回った。  
 

2016-06-20 in 06)政治, a) 狛江市のニュース, h)東京都 | Permalink | コメント (0)

2016年6 月19日 (日曜日)

狛江市長選挙開票速報(21時59分:選管確定):高橋氏が再選果たす

6月22日21時59分(選管確定:開票率100%)

当選 高橋都彦 無現 17,433
次点 平井里美 無新 12,856

2016-06-19 in 06)政治, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

狛江市長選挙開票速報(21時):開票始まる 2候補1,000票で並ぶ

6月22日21時00分(開票率6.51%)

高橋都彦 無現 1,000
平井里美 無新 1,000

2016-06-19 in 06)政治, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

狛江市長選挙、きょう投票、21時から開票 : 期日前投票は前回よりわずかに上回る

任期満了にともない6月12日に告示された狛江市長選挙は、19日に市内14カ所の投票所で午後8時まで投票が行われ、午後9時から市立体育館で即日開票される。
同市長選には、無所属新人(共産党、社民党、新社会党、緑の党グリーンズジャパンが推薦)の平井里美(ひらい・さとみ)氏(54)と2期目を目指す無所属現職(自民党、公明党、狛江・生活者ネットワーク・民進党推薦)の高橋都彦(たかはし・くにひこ)氏(64)(選管届け出順)がの2人が立候補した。
当日有権者数は65,986人(男31,461人、女33,925人)で、前回の当日有権者数62,996人より2,390人増えている。
18日まで行われた期日前投票を済ませた人は5,699人(全有権者の8.63ポイント)で前回の4,816人(同7.64ポイント)よりわずかに上回った。

お知らせ

k-pressでは6月19日夜から狛江市長選挙の開票速報をお伝えします。

 

2016-06-19 in 06)政治, 10)社会, a) 狛江市のニュース, h)東京都 | Permalink | コメント (0)

2016年6 月18日 (土曜日)

狛江市で選挙年齢引き下げを前に高校生ボランティアが活動: 狛江市長選挙の期日前投票を手伝う

160616senkyovolunteer 01若い世代に選挙に関心を持ってもらおう−−狛江市選挙管理委員会が6月19日に投票が行われる狛江市長選戦で初めて高校生のボランティアを募集した。応募した高校生は狛江市役所で行われている市長選挙の期日前投票で投票用紙の交付や受け付け事務などを手伝っている。

写真=狛江市役所の狛江市長選挙期日前投票でボランティアをする高校生の河野未有さん

ボランティア募集は、7月執行の参議院議員選挙から選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられることにちなみ、現行の選挙権では最後の首長選挙となる同市長選を手伝うことで選挙制度への理解と関心を深めようと同委員会が企画。5月15日号の「広報ごまえ」で市内在住または市内在学の高校生を募集したところ、同市在住で都立狛江高校2年の河野美有さん(16)が応募した。
河野さんは、13日から18日までほぼ毎日放課後に市役所に来て期日前投票の投票用紙の交付や受け付け事務を1日あたり2時間行っている。河野さんは「小さいころから選挙の度に母に連れられて投票所に行っていました。別のボランティア活動で市内の複数の市議とも交流があり選挙への関心がありました。今回の体験を通して選挙制度や天気や時間帯によって投票に来る人数が違うことなど投票所の様子を実感できて面白かったです。次の参議院選挙は私はまだ投票権はないですが、この体験を学校の友人らに話して『一票の大切さ』を広めたい」と笑顔で話した。
市選挙管理委員会の井上和信事務局長は「今回の応募は1人だけだったが、次は投票事務のアルバイトに高校生を採用することも検討し、新たに有権者となる人も含め若い人に選挙への関心を高めていきたい」と話している。

2016-06-18 in 04)教育・子ども , 06)政治, 10)社会, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2016年6 月13日 (月曜日)

狛江市長選挙 : 2氏が立候補し舌戦、6月19日に投票

160612komaesityosen02任期満了に伴う狛江市市長選挙が6月12日に告示され、日本語学校非常勤講師で無所属新人(共産党、社民党、新社会党、緑の党グリーンズジャパンが推薦)の平井里美(ひらい・さとみ)氏(54)と2期目を目指す無所属現職(自民党、公明党、狛江・生活者ネットワーク・民進党推薦)の高橋都彦(たかはし・くにひこ)氏(64)(選管届け出順)が立候補を届け出た。
市長選挙の投開票は6月19日で、1週間の舌戦を繰り広げる。

160612hirai 01平井氏は、10時に狛江駅北口ロータリーで共産党、社民党の市議会議員のほか国際ジャーナリストの伊藤千尋氏、前市長の矢野裕氏、音楽仲間の友人・支持者らが参加して第一声。平井氏は「日本語の非常勤講師をしながら2人の子どもを育ててきたが、非常勤のため保育園に入れず失職した経験がある。狛江市は現在、保育園待機児童が140人、学童の待機児童が70人を超えており、胸を痛めている。保育園に落ちた母親が市に増設を訴えたが『10年後、20年後のニーズがわからないので経営責任がとれない』と切り捨てられた。私は市民の声をしっかり聴き、市民の立場に立った市政を目指し、だれもが大切にされ、生きることを支援する市役所に変えていく。また、安保法制に反対し、この町から国に求めていく。本当に安全で安心なまちにするために、戦争はいらない。みなさんの声でこの町をつくりたい」と初の女性市長の誕生と「『まちの主人公は市民』の原則を取り戻そう」と訴えた。
平井氏は島根県生まれで、駒澤女子短大保育学科卒業後、不動産会社やタクシー会社に勤務、結婚を機に1990年から狛江市に住み、非常勤日本語講師になる。第一子が保育園に入れず失職中に公民館でさまざまな問題を学び、市民の手によるこまえ財政白書の発行や「狛江市民センターを考える市民の会」代表となり、公民館、図書館、財政、環境などさまざまな視点で、ワークショップなどを催し、公民館の増改築についての市民提案をまとめた。東野川在住で夫、娘と息子との4人家族。

160612takahashi 01高橋氏は11時に狛江駅北口ロータリーで、狛江市議会議員16人のほか調布市など近隣の市長や市議会議員、都議会議員ら支援者と支持者が参加して出陣式を行った。高橋氏は「4年間市政改革に取り組み一定の成果は出したが、それを軌道に乗せるため出馬を決意した。財政の健全化はようやく緒についたところで、問題となっている待機児童は4年後に解消できる見通しがついた。地元警察との信頼関係が回復し防犯カメラを設置、自衛隊が防災訓練に参加するようになり、都内でも犯罪の少ない町になったが、日本一安心で安全な町にする。東京オリンピック、パラリンピックが開かれる2020年は市制50年にあたり、狛江らしいシティーセールスを行い、市の内外に届ける。そこまでやるのが私の仕事」と豊富な行政経験と4年間の実績、今後の取り組みを訴えた。
高橋氏は大分県生まれで、横浜国立大学経済学部卒業後、1975年に東京都に入庁。清掃局を振り出しに総務局、港湾局、産業労働局などでさまざまな部署で仕事を担当、2010年に都公園協会理事長に就任。2012年に狛江市長選挙で初当選し、狛江市へ転居した。子どもは娘1人で結婚して独立。現在は元和泉の自宅で妻と2人暮らし。

 

 

2016-06-13 in 06)政治, a) 狛江市のニュース, h)東京都 | Permalink | コメント (0)

2016年4 月29日 (金曜日)

狛江市長選:日本語学校教師の平井里美氏が無所属で出馬を表明

160428hirai 01任期満了に伴い6月12日に告示、19日に投票が行われる狛江市長選挙に、「市民センターを考える市民の会」元代表で、日本語学校教師の平井里美(ひらい・さとみ)氏(54)が無所属で立候補すると表明した。4月28日に市議会応接室で開いた記者会見で明らかにしたもので、同市長選には、現職の高橋都彦(たかはし・くにひこ)氏が15日に再選への出馬を表明している。

写真=平井里美氏

記者会見した平井氏は、約2カ月前に市民グループから出馬を打診されたものの一端断った経緯を明らかにしたうえで、「普通の市民が立候補することで政治が身近になり、何かできるかもしれないという希望がこの町に生まれるなら」と先週、立候補を決意したと話した。
また、日本語講師をしていた時に第一子を出産したが、非常勤だったため保育園に子どもを預けられず失職、それがきっかけで公民館でのサークル活動などを通して地域との関わりができ、地域活動を始めた。市民センター増改築に関する市民運動では、市民の声が行政に届きにくく、軽く扱われることを実感、「市への要望を市民が自由に発言できない現状が、立候補を決意した大きな理由」と説明。さらに「多様な価値観が大切にされ、行政と市民と専門家が一緒にまちを考えて作っていく市民参画・市民協働を実現したいと考え、公民館や図書館を充実を願う市民とともに『市民センターを考える市民の会』を立ち上げ、提案をまとめ4月6日に市に提出しました」「市民と行政が対等にまちづくりに取り組む方法を狛江から全国に発信したい」などと話した。
政策の主な骨子として「子どもも親も大切にされるまち」「小さな声もしっかりと聞き取り対話する市政」「魅力と活気、安全で住みよい住民本位のまちづくり」「立憲主義回復、安保法制廃止を狛江から」「地方自治体として、市民の声や願いを国や都に届ける」「市民要望の実現と財政確立を両立させる」を掲げ、5月中旬までに具体的な政策を発表する予定だ。
選挙母体となる「小さな声を聞く狛江」は、さまざまな市民活動をしている市民で構成。公民館・図書館再生市民プロジェクト事務局の青木香奈さん、ジャーナリストの伊藤千尋さん、団体職員の大熊啓さん、元東京農工大学大学院教授の小島喜孝さんが共同代表を務める。
記者会見には伊藤さんを除く3人が同席した。

同会では5月下旬に選挙事務所を開設する予定。

2016-04-29 in 06)政治, 10)社会, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2015年10 月14日 (水曜日)

狛江市で10月23日に安保法制テーマに憲法学者・小林節さんが講演 : こまえ九条の会などが主催

狛江市の中央公民館で10月23日18時30分から慶應義塾大学名誉教授で憲法学者の小林節さんを招いて安全保障法制や立憲主義について学ぶ学習会が開かれる。

学習会は「こまえ九条の会」と「平和憲法を広める狛江連絡会」が主催するもの。両会は、護憲や平和の立場から毎年秋にさまざまな学習会を開催しており、今回は、多くの国民が疑問や不安、反対の声を上げるなかで、強行採決された安全保障法制をテーマに選び、法案の問題点などについて学ぶ。
講師の小林節さんは、同法についてことし6月に国会で開かれた憲法審査会で他の学者とともに「今回の安保法案は違憲」と意見陳述し、その後も立憲主義と集団的自衛権容認反対の立場からデモに参加したり講演活動を行っている。
当日は公民館地下ホールで、オープニングに「大熊啓と仲間たち」による歌の後、小林さんが約90分講演した後、質疑応答する。
参加費は500円で学生は無料。問い合わせは03-3480-6794みんなの広場。

2015-10-14 in 02)イベント・催事, 06)政治, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2015年6 月20日 (土曜日)

狛江市で6月19日に安保関連法案反対の集会とデモ:「憲法9条守ろう」と小雨の中、市民が訴え 沿道から拍手も

150619sensohoan 02狛江市で6月19日夜、国会で審議中の安全保障法案に反対する集会とデモが行われ150人以上の市民が参加した。参加者は小雨の降る中、「憲法違反の戦争法案反対」「集団的自衛権行使は憲法違反だ」「狛江市平和都市宣言を生かそう」などとシュプレヒコールをしながらデモ行進した。

写真=夜の町をデモ行進

150619sensohoan 01この集会とデモは、こまえ社会保障推進協議会、東京土建一般労組狛江支部などが、「地域で平和を求める声をあげて行動しよう」と、5月中旬にこまえ九条の会、平和憲法を広める狛江連絡会などの市民団体に呼びかけ「6・19戦争なんてイヤだ!狛江市民集会&デモ」実行委員会(岡村誠実行委員長)を結成して主催したもの。
同委員会では、今国会での法案通過を阻止するため、法案に不安を持つ多くの市民に参加してもらおうと、チラシを3万枚を印刷、6月中旬に市内の各家庭に配布した。
150619sensohoan 03この日は18時30分から狛江市中央公民館で集会を開き、岡村委員長が、政府が2014年7月に集団的自衛権行使容認の閣議決定してから国会に上程するまでの経緯や衆議院憲法審査会で3人の学者が「法案は憲法違反」としたこと、狛江市の平和都市宣言、市議会で集団的自衛権撤回を求める意見書が採択されたことなどを説明。その後、こまえ九条の会の寺尾安子さんや市議会議員らが意見表明した。集会には主催者の予想を上回る150人以上が参加、趣意書などを書いたチラシが足りなくなるほどだった。
150619sensohoan 04集会後のデモでは、「9条を守ろう」などと書かれたカードを手に市内の本町通り、一中通り、狛江通りなど約3.5キロを1時間余りかけてゆっくりと行進、沿道では勤め帰りの人がデモの参加者に握手を求めたり、拍手を送る人もいるなど、法案への関心の深さを示す光景も見受けられた。
同実行委では、これからも国会の動きに注目して法案反対の意思を示したいと話している。

2015-06-20 in 06)政治, 09)市民活動, 10)社会, a) 狛江市のニュース, 時事問題 | Permalink | コメント (0)

2015年4 月27日 (月曜日)

狛江市議会議員選挙:22議席決まる、現職1人が落選する波乱、女性は9人全員当選

統一地方選後半の狛江市議会議員選挙の投票が4月26日行われ、即日開票の結果、22議席の新しい顔ぶれが決まった。

市議選には定数22に対し27人が立候補。開票の結果、現職17、新人5人が当選を果たした。
政党別では、候補者を絞り込んだ共産が5人全員が危なげなく当選、公明も4人が全員当選した。前回4人が当選した自民は公認候補2人が当選、また推薦した無所属候補6人のうち5人が当選したものの、現職1人が涙を飲んだ。ネットは1議席増えて2、一方、民主は現職が引退、2議席の維持を狙ったが果たせなかった。
女性は9人全員が当選、1人増えた。
2012年の補欠選挙で初当選した現職がトップ当選、政治評論家を父に持つ新人が2位に食い込み、市議会などの改革を訴える2人の無所属が無党派層の支持を集めたのが注目される。

全国的に地方選挙の低迷が叫ばれる中で、狛江市は投票率が50.00%と前回を1.ポイント上回った。期日前投票期日前投票は7,070人と、前回の4,664人から大幅に増えるなど、関心の高まりをうかがわせた。

2015-04-27 in 06)政治, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)