2017年4 月 8日 (土曜日)

川崎市麻生区で新一年生が1日署長に:新百合ヶ丘駅前で事故ゼロ呼びかけ

170407kodomosyocho001交通ルールを守って事故をなくしましょう——川崎市麻生区の新百合ケ丘駅南口のバスロータリーで4月7日、区内の男女2人の小学新1年生が1日麻生警察署長になり道行く人に交通安全を呼びかけた(写真右)。

170407kodomosyocho0024月6日から15日までの「春の交通安全運動」の啓発キャンペーンとして、麻生区交通安全対策協議会が実施する恒例の行事。この安全運動は、毎年、新入学児童・園児の交通事故防止が重点となるため、同区では区内の小学校が輪番で新入学児童が1日署長を務めており、ことしで19回目となる。
今回は入学式を終えた金程小学校の八幡優満君と松石茜音さんが警察官の制服を着て、麻生警察署で田中正博署長から辞令を受け取った後、14時20分からペデストリアンデッキで催された出発式に参列した。会場には、禅寺丸柿をあしらった麻生区公認のゆるキャラ「かきまるくん」も参加、子どもの人気を集めた(写真左)。
出発式のセレモニーでは、主催者を代表して高橋署長が「6日から春の交通安全運動が行われています。麻生署管内では死亡事故はありませんが、昨日までに88件に人身事故がありその5割が高齢者です。子どもたちが通学路で事故に遭わないように教えてほしい、信号が点滅したら次を待つよう事故防衛してほしい。ドライバーや自転車はやさしい心で子どもや高齢者に気をつけてほしい」と挨拶した。続いて北島仁美区長が「春の交通安全運動は新入学児童に併せた活動を行っています。川崎市の新入学児童用は黄色いランドセルカバーをつけていますが、カバーを見かけたら注意してほしい。通学に慣れた1カ月後くらいが危なく、交差点で低学年の飛び出しが多いので、おとなが気をつけて欲しい。期間中は1件も事故のないよう取り組みたい」と話した。その後2人の子ども署長は「交通安全 スタート」と号令をかけ、参加した交通安全関連団体の約100人とともに用意した約1,000個のチラシと色鉛筆を道行く人に手渡していた。
2人は「少し緊張したけどすてきな体験ができて楽しかった」「制服が格好良く、色鉛筆が配れてよかった」と話し、買い物客などから「かわいい署長さんね」と声をかけられ記念写真の撮影に応じていた。
(写真=白バイで敬礼する右から田中署長、松石さん、八幡君)

 

2017-04-08 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 12)防災・安全, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区 | Permalink | コメント (0)

2016年12 月 6日 (火曜日)

川崎市の中高生選手54人が福田市長を表敬訪問:中学駅伝、高校バレー・バスケット・サッカーの県代表が全国大会の活躍誓う

161118hyoukei 0212月から2017年1月にかけて開かれる中学生の駅伝と高校生のバスケットボール、サッカー、バレーボールの全国大会に神奈川県代表として出場する川崎市内の3校4部の中・高校生部員が11月18日に川崎市役所を訪れ、福田紀彦市長に大会での健闘を誓った。

写真=全国大会出場の選手らになむけの言葉を述べる福田紀彦川崎市長(右端)

161118hyoukei 01

第3庁舎講堂で行われた表敬訪問・激励会には、第24回全国中学校駅伝大会に初出場する市立井田中学校の女子駅伝部員8人、第47回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会に4年ぶり4回目の出場を決めた桐光学園高等学校バスケットボール部員15人、第95回全国高等学校サッカー選手権大会に2年連続で10回目の出場をする桐光学園高等学校サッカー部員17人、第69回全日本高等学校バレーボール選手権大会に優勝は逃したものの準優勝で神奈川県第2代表枠として2年連続23回目の出場を果たす橘高等学校女子バレーボール部員14人のほか各部の顧問、監督、マネジャーや学校長らが参加。市からは福田市長のほか渡邊直美教育長、斉藤義晴川崎市スポーツ協会会長などが出席した。
司会者から3校4部の校長、顧問と選手を紹介、各出場選手代表があいさつした。
桐光学園サッカー部でキャプテンで川崎フロンターレに入団が内定しているダビナス ジェファーソン選手が「大会では自分たちがこの学校に入ったこと証明するために一つ一つ確実に勝ち、一番高いところを目指すため頑張りたい」とあいさつ(写真左)

福田市長がそれぞれの部に対してはなむけの言葉とともに贈るとともに「全国大会出場おめでとうございます。皆さんが毎日努力したことがこの結果だと思います。1日1日一瞬一瞬に全力で集中してこれまでの努力の結果を全て出せるよう頑張っていただきたい。それぞれの全国での活躍をこころから期待しています」と応援の言葉を述べた。
表敬訪問に先立ち、桐光学園の一行は麻生区役所に立ち寄り激励会に参加、お祝いの花束を受け取った。


各大会の日程
中学駅伝大会は12月17・18日に滋賀県野州市の希望が丘文化公園スポーツゾーンで行われ、女子の部は17日11時スタートで12kmを5人でたすきをつないで走る。
高等学校バスケット選手権大会は12月23日から29日まで東京都渋谷区の東京体育館で催され、桐光学園の初戦は25日15時40分から前日試合が行われる大分県代表大分県代表・県立大分舞鶴高等学校と兵庫県代表・育英高等学校の勝者と対戦する。
高等学校サッカーは12月30日から1月9日まで等々力陸上競技場など首都圏各地で試合が催され、桐光学園の初戦は31日12時5分から等々力で長崎県代表の長崎総合科学大学附属高等学校と対戦する。
第69回全日本バレーボール高等学校選手権大会は、1月4日から8日まで東京都渋谷区の東京体育館で催され、橘高校の初戦は4日14時35分から岩手県代表の盛岡誠桜高等学校と対戦する。

161118hyoukei 03

 

 

 井田中学校女子駅伝部

 

161118hyoukei 04

 

 橘高等学校女子バレー部

 

161118hyoukei 05

 

 桐光学園高等学校バスケットボール部

 

161118hyoukei 06

 

 桐光学園高等学校サッカー部

2016-12-06 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, b5) 川崎市中原区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年11 月10日 (木曜日)

狛江消防少年団が夜回り:夜の街で「火の用心」呼びかけ

161109patrol002秋の火災予防運動が始まった11月9日夕、狛江消防少年団の団員や父母、狛江消防署員など約50人が小田急線狛江駅周辺などを午後5時30分頃から約1時間にわたって夜間パトロール、拍子木に合わせて「マッチ一本火事の元」などと叫びながら、道行く人たちに「火の用心」を呼びかけた。

写真=火の用心を呼びかける子どもたち

このパトロールは同少年団が毎年、火災予防運動の一環として行っている。
団員たち約30人は狛江消防署に集合、午後5時20分頃に同署を出発、狛江市役所前を経て狛江駅北口と南口などを回るコースと、松原通りから西野川,東野川を回るコースに分かれて約1時間にわたって夕方の街を歩き、防火を呼びかけた。この日は都心で木枯らし1号が吹くなど12月上旬並みの寒さで、通行人のなかには「ご苦労さま」と声をかける人もあった。

 

2016-11-10 in 04)教育・子ども , 12)防災・安全, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2016年9 月16日 (金曜日)

9月17日に「あさお子育てフェスタ」:子育て支援目的に親子で楽しめるイベント

「子育てをするなら麻生区で〜安心・楽しい・助かる〜」をテーマに、あさお子育てフェスタ(麻生区役所主催)が9月17日10時から15時に麻生区役所、麻生市民館で催される。

同区では、子育てを支援する取り組みを行う保育園や幼稚園、子育て支援団体などの関連団体やグループ、大学が協力して、就学前の子どもと保護者、プレパパ・プレママを対象に子育て支援の情報収集、親同士の交流、親子で楽しめる場としてフェスタを開催しており、ことしで3回目を数える。 会場では、リトミックやバルーンでの遊び、パネルシアター、人形劇、おもちゃコーナー、木工作、絵本コーナーとお話し会、フリースペース、親子クッキングに加え、区内の保育園と幼稚園の作品展、子ども用品のフリーマーケットも行われる。 問い合わせは電話044-965-5117麻生区役所企画課。

2016-09-16 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , b1) 川崎市麻生区 | Permalink | コメント (0)

2016年6 月18日 (土曜日)

狛江市で選挙年齢引き下げを前に高校生ボランティアが活動: 狛江市長選挙の期日前投票を手伝う

160616senkyovolunteer 01若い世代に選挙に関心を持ってもらおう−−狛江市選挙管理委員会が6月19日に投票が行われる狛江市長選戦で初めて高校生のボランティアを募集した。応募した高校生は狛江市役所で行われている市長選挙の期日前投票で投票用紙の交付や受け付け事務などを手伝っている。

写真=狛江市役所の狛江市長選挙期日前投票でボランティアをする高校生の河野未有さん

ボランティア募集は、7月執行の参議院議員選挙から選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられることにちなみ、現行の選挙権では最後の首長選挙となる同市長選を手伝うことで選挙制度への理解と関心を深めようと同委員会が企画。5月15日号の「広報ごまえ」で市内在住または市内在学の高校生を募集したところ、同市在住で都立狛江高校2年の河野美有さん(16)が応募した。
河野さんは、13日から18日までほぼ毎日放課後に市役所に来て期日前投票の投票用紙の交付や受け付け事務を1日あたり2時間行っている。河野さんは「小さいころから選挙の度に母に連れられて投票所に行っていました。別のボランティア活動で市内の複数の市議とも交流があり選挙への関心がありました。今回の体験を通して選挙制度や天気や時間帯によって投票に来る人数が違うことなど投票所の様子を実感できて面白かったです。次の参議院選挙は私はまだ投票権はないですが、この体験を学校の友人らに話して『一票の大切さ』を広めたい」と笑顔で話した。
市選挙管理委員会の井上和信事務局長は「今回の応募は1人だけだったが、次は投票事務のアルバイトに高校生を採用することも検討し、新たに有権者となる人も含め若い人に選挙への関心を高めていきたい」と話している。

2016-06-18 in 04)教育・子ども , 06)政治, 10)社会, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2016年4 月 8日 (金曜日)

川崎市麻生区で新1年生が1日警察署長 : 「交通ルールを守ってね」交通安全を呼びかけ

160405itinitisyotyo 02交通ルールを守って事故をなくしましょう——川崎市麻生区の新百合ケ丘駅南口のバスロータリーで4月5日、この日入学式を終えたばかりの区内の男女2人の小学新1年生が1日麻生警察署長となり道行く人に交通安全を呼びかけた。

写真=啓発物を配る新1年生の1日警察署長と麻生警察署長

 

160405itinitisyotyo 034月6日から15日までの「春の交通安全運動」の啓発キャンペーンとして、麻生区交通安全対策協議会が実施する恒例の行事。同運動は、毎年、新入学児童・園児の交通事故防止が重点となるため、同区では区内の小学校が輪番で新入学児童に1日署長を依頼しており、ことしで18回目となる。
今回は入学式を終えたはるひ野小学校の関口央理君と加藤玲菜さんが警察官の制服を着て、麻生警察署で三鬼洋二署長から辞令を受け取った後、14時20分からペデストリアンデッキで出発式に参列した。会場には、禅寺丸柿をあしらった麻生区公認のゆるキャラ「かきまるくん」も参加、子どもの人気を集めた(写真左)
160405itinitisyotyo 01出発式のセレモニー(写真右)では、主催者を代表して三木署長が「6日から春の交通安全運動が行われています。麻生区は柿生駅列車事故による死亡事故は以外は死亡事故はありませんが、けが人がすでに100人織り、県全体では31人が死亡しています。人身事故の多くは、自転車を含めた二輪者と高齢者で半数に達し、自転車でもヘルメットは必要です。運動期間中は特に、一瞬で犯人と被害者になる交通事故をぜひ避けたい」と挨拶した。続いて4月1日に着任した北島仁美区長が「春の交通安全運動は新入学児童に併せた活動を行っています。川崎市はセレサ川崎から新入学児童用に黄色いランドセルカバーを贈られていますが、カバーを見かけたら注意してもらいたい。通学になれた1カ月後くらいが危なく、交差点で低学年の飛び出しが多いので、大人が気をつけて欲しい。期間中は1件も事故のないよう取り組みたい」と話した。その後2人の子ども署長は「交通安全 スタート」と号令をかけ、参加した交通安全関連団体の約100人とともに用意した約1,000個のチラシと色鉛筆を道行く人に手渡していた。
2人は「寒い日だったけど、でみんなが集まってくれてうれしかった」「チラシ配りは少し恥ずかしかったけど制服を着て楽しかった」と話し、買い物客などから「かわいい署長さんね」と声をかけられ記念写真の撮影に応じていた。


2016-04-08 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 12)防災・安全, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区 | Permalink | コメント (0)

2016年1 月29日 (金曜日)

狛江のエコルマホールで3月20日に「和っていい音」:邦楽の魅力がたっぷり、ワークショップ参加者も募集

小田急線狛江駅前のエコルマホールが3月20日に邦楽の楽しさを体験できるイベント「ふらっとエコルマ、オープンハウス 和っていい音(ね)」を開催する。邦楽の楽器演奏や、プロの演奏家による楽器の仕組みの解説、邦楽演奏をバックに女優の中井貴惠さんによる読み聞かせなどが行われる。また、小学生から高校生を対象に、プロと一緒に演奏するワークショップもあり、参加者を募集している。

オープンハウスは、「気軽にエコルマホールに来て音楽に親しんでもらいたい」と、同ホールの開館15周年を迎えたのを記念し、同館を管理運営している狛江市文化振興事業団が2010年に初めて開催して好評を集め、その後、毎年テーマを変えて催している。
6回目の今回は、邦楽器の箏(こと)・三味線・尺八による「和の響き」を楽しんでと狛江市三曲協会などの協力で市内在住の演奏家が企画立案、運営を担当する。当日はホールのほか、リハーサル室、ロビー、展示多目的室などエコルマホールのいろいろな場所で楽器の仕組みを学んだり演奏体験などを行う。
4階ホールでは10時30分からプロと一緒に三曲を演奏、13時30分から指揮者の榊原享さんの解説で「夕顔」「梅は咲いたか」などを演奏する三曲の世界「三曲ってな〜に?」、16時から「戦場のメリークリスマス」などを演奏する「みんなで演奏」などのプログラムで、邦楽の魅力を伝える。
4階リハーサル室では、12時30分から三味線・箏・尺八奏者による楽器の仕組み、14時45分から「江戸で大人気!町人も口ずさんだ音楽とは?」のレクチャーを行う。いずれも当日開始10分前に受け付け、先着20〜30人が参加できる。
ロビーでは、試奏コーナーやお楽しみLIVEのほか邦楽関係の楽譜や書籍などを販売する。
6階展示多目的室では、12時から「大人と子どものための読み聞かせ」として、もりやまみやこさん作の『きいろいばけつ』を中井さんが朗読する。14時45分からミニ・コンサートを開くほか、10時から楽器体験もできる。
オープンハウスの入場は500円で中学生以下は無料。

○ワークショップ参加申し込み

プロと一緒に演奏するワークショップの演奏曲目は、小学生が「カントリー・ロード」、中学生が「さくら降る街」、高校生が「島の風Island Breeze」で、いずれも事前に練習する。楽器は箏・尺八・三味線で、小学生・中学生・高校生各20人。対象は、各楽器の演奏経験がある人で、事前練習に必ず参加するほか、尺八の場合は楽器持参が条件。
練習は、小学生が3月18日17時〜18時30分と3月19日14時〜15時、中学生が3月19日15時〜17時、高校生が3月18時〜20時、3月19日13時〜14時。参加は楽譜代の実費のみだが、高校生はオープンハウスの入館券500円が必要。
参加申し込みは、エコルマホールのホームページ(こちら>)から申込み用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAX03-3430-4110、〒201-0013狛江市元和泉1-2-1(財)狛江市文化振興事業団・3/20オープンハウス参加係へ。締切2月1日(消印有効)。応募多数の場合は狛江市在住・在学者優先。
問い合わせは電話03-3430-4106 (財)狛江市文化振興事業団。

 

 

2016-01-29 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , a) 狛江市のニュース, h)東京都, 音楽 | Permalink | コメント (0)

2016年1 月10日 (日曜日)

多摩川河川敷でこまえ初春まつり:陽気に誘われどんど焼き、出初め式、ロードレースに人の波

160110hatsuharu001狛江市猪方の小田急線多摩川鉄橋下流にある多摩川緑地公園グランドで1月10日にどんど焼き、消防団出初式、ロードレースの3つの行事をまとめたこまえ初春まつりが行われ、暖かな陽気に誘われて多くの市民が河原で伝統行事やスポーツを楽しんだ。

写真=大きな炎を上げるどんど焼きの小屋

160110hatsuharu003
青空に6色の水のアーチ

このイベントは、これまで1月第2日曜に別々の会場で行われていた3つの行事を、多くの市民に一度に楽しんでもらおうと、昨年から行うことにしたもので、ことしで2回目。
イベントに先がけ、はしご車やポンプ車など消防車両が9時に狛江市役所から狛江駅北口ロータリー、狛江三叉路、多摩水道橋などをパレード、会場に入った。
下流のどんど焼き会場では、伊豆美神社の宮司がおはらいをした後、狛江市ボーイスカウト連絡協議会(服部英広会長)の狛江第5分団カブ隊の富岡優樹君とビーバー隊の大谷裕土君が10時に竹やわらなどで小屋にたいまつで点火した。前日に河川敷で刈ったカヤや竹などで市内のボーイスカウトの隊員が作った高さ約10mの小屋は数分でまっ赤な炎に包まれ、周りからは大きなどよめきが上がった。会場に立てられたテントでは甘酒とおしるこ各800人分がふるまわれ、訪れた人の長い列ができていた。会場には点火前から正月飾りを持った人が次々と訪れ、「門松やしめ縄はゴミに出すわけにはいかないので、助かる」などと話していた。

160110hatsuharu002
子どもたちも力走

消防団出初め式は、10時30分に北睦第二区五番組の木遣り・纏(まとい)ふるいの演技を先頭に、市内の6つの消防団と消防少年団など約130人が入場行進。消防総監優良表彰などに続いて、2015年に都大会で3位になった野川消防団などによる消防ポンプ自動車操法などの模範演技などが披露された。式の最後に一斉放水が行われ、赤、緑、黄色など6色の放水が青空にカラフルな弧を描き、見物客から一斉に拍手があがった。
会場には、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのPRブースなども設置され、狛江産の野菜を使った2,500食分のとん汁が振る舞われ、人気を集めていた。
46回目を迎えるロードレース(狛江市・狛江市教育委員会主催)には480人が参加。堤防上に設けられた1km、2km、3km、5km、10kmの5コースで年齢や性別に応じて14クラスに分かれ健脚を競った。
暖かで風もほとんどない絶好のレース日和に恵まれ、選手たちは沿道の盛んな応援を受けながらゴールめざして懸命に走り、気持ちの良い汗をかいていた。

2016-01-10 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 09)市民活動, 12)防災・安全, a) 狛江市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年1 月 2日 (土曜日)

全国高校サッカー選手権大会2回戦:桐光学園が長崎南山に3対0で快勝、エース小川が2発

_J6A7691第94回全国高校サッカー選手権大会の2回戦が1月2日に行われ、長崎県代表の長崎南山と等々力競技場で対戦した神奈川県代表の桐光学園(川崎市麻生区)は、3対0で快勝、3回戦に駒を進めた。
桐光は1月3日14時10分からニッパツ三ツ沢球技場で青森山田(青森県代表)と対戦する。

写真=3点目のPKを決めたFW小川航基

_J6A7007
先制ゴールを挙げてMF鳥海芳樹とハイタッチをかわすFW小川航基

地元の桐光を応援しようと同高の生徒だけでなく、麻生区をはじめ川崎市民が訪れ、スタンドを埋めた。
試合は、開始早々から9回目出場の桐光が初出場の長崎南山を相手に押し気味に進め、再三ゴール前に迫り5本のシュートを放ったが、必至に守りを固める長崎南山のゴールを割ることができず、0対0で折り返した。

_J6A7151
FWイサカ ゼインが頭で押し込み追加点

後半に入っても桐光の猛攻は続き、49分にU-18日本代表で主将のFW小川航基#9がMF鳥海芳樹#10からのパスを左足でけり込んで待望の先制点を決めた。その4分後には相手GKがはじいたコーナーキックのボールをFWイサカ ゼイン#7が頭で押し込んで追加点を奪った。71分にはFW小川がPKを冷静に決めて3点目を奪い、勝負を決定づけた。守っても長崎南山に1本もシュートを与えず、完封で勝利を収めた。
試合後、桐光の鈴木勝大監督は「前半はフィニッシュがうまくいかなかったが、ハーフタイムで修正して後半の早い時間帯で1点が取れ、自信になった。きょうの出来は60%程度。これから1戦1戦大切に戦っていきたい」と話していた。
小川主将は「ハーフタイムに監督からニアに走れといわれ、言葉通りにしてゴールできた。まだチャンスがあったのに決められなかったのが残念」と反省を口にしていた。2点目を挙げたイサカ ゼインは「(ゴールは)予測通りにボールが来たのでうまく決められた。小川に負けないぐらい点を取ってアピールしたい」と闘志を燃やしていた。
チームから贈られたユニフォームを着て応援した福田紀彦川崎市長は「後半は危なげなく勝てて良かった。この調子でがんばってほしい」と喜んでいた。

2016-01-02 in 04)教育・子ども , b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2015年12 月 9日 (水曜日)

川崎市麻生区民らが桐光学園に応援の檄布:高校サッカー選手権で優勝を

151204tokogekifu 01川崎市の多田昭彦麻生区長らが12月4日、第94回全国高等学校サッカー選手権大会に神奈川県代表として出場する同区栗木の桐光学園高等学校を訪問、「めざせ頂点」「神奈川の星となれ」などと同区職員や区民が寄せ書きした応援用の檄布(げきふ)と川崎フロンターレ麻生アシストクラブがお祝い金を小塚良雄同学園理事長、村上冬樹校長に手渡した。

写真=檄布(げきふ)を持つ(右から)村上校長、小塚理事長、中山さん、多田区長、渡邊さん、鈴木さん

151204tokogekifu 02訪問は、全国大会に出場する選手たちを地元ぐるみで励まそうと行われたもので、多田区長と同区職員3人のほか、中山茂・川崎フロンターレ麻生アシストクラブ会長、渡邊辰夫同副会長、鈴木憲治副会長ら7人が参加した。
同高サッカー部の全国大会出場が決まってから、同部のチームカラーの青地に「桐光学園サッカー部 めざせ頂点! 川崎市麻生区民の願いを込めて」の文字と同区のマークを入れた縦90、横135cmの旗を区で準備、多田区長が「2016年は桐光優勝でスタート!!」、中山会長が「祈優勝」などと書き込んだのち、11月16日から30日まで同区役所のロビーや麻生区スポーツセンターなどに置いて同部への応援メッセージの寄せ書きを呼びかけ、多くの区民が書き込んだ。
小塚理事長は「いつも温かい応援ありがとうございます」とお礼の言葉を述べ、参加者と歓談(写真左)、「決勝戦でこの旗がテレビで放映されるようみんなで応援したい」、「初戦が新装された等々力競技場でできるのはうれしい」、「初優勝したら区内でパレードしたい」などと笑顔で話し、「キャプテンがJリーグに入団すると聞いており、大会でがんばって2020年のオリンピックに出てもらいたい」と夢を伝えた。
これに対し小塚理事長は「(他校のように)全国から生徒を集めれば、初優勝はもっと早く実現したかもしれないが、当校は基本的には家から通える生徒たちに限っているので地元色が強い。そうしたカラーを守っていくなかで、優勝をめざしたい」と話していた。

2015-12-09 in 04)教育・子ども , b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, c)町田市, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)