« 川崎市麻生区の麻生不動でだるま市:6万人の人出でにぎわう | メイン | 川崎市が体験型農園の利用者募集:農家が作付けから収穫まで指導 »

2009年1 月30日 (金曜日)

川崎市高津区の2月5日にかわさきデザインフェア:デザインコンペの公開審査や講演会

川崎市高津区坂戸のかながわサイエンスパーク 西棟3階KSPホール・ギャラリーでで、2月5日午後1時から「第20回かわさきデザインフェア」が催される。今回は、主催の川崎市が初めて外部と連携、スウェーデン大使館の後援で後援会やスウェデッシュデザイン展を同時開催する。

同市では、市内産業の高付加価値化やだれもが使えるユニバーサルデザイン、エコロジーデザインの理念の普及のため、産業デザイン作品を公募・審査し、優秀作品を公開するなど毎年デザインフェアを実施している。
フェアは2部構成になっており、午後1時から3時15分まで「かわさき産業デザインコンペ2008」の公開審査会が行われる。「みんなの幸せ、あなたが創る」をテーマに全国から寄せられた143点の作品の中から一次審査に通過した10点作品を公開審査、グランプリ作品などを決める。審査にあたるのは、東海大学教養学部芸術学科教授でインダストリアルデザイナーで戸谷毅史審査委員長など5人。
午後3時30分からの後半は、川崎市長、スウェーデン大使の挨拶、午後3時50分から講演会が行われる。ボルボ・カーズ・ジャパン広報室の赤堀淳さんが「スウェーデンの社会とボルボのデザイン」を演題に約1時間30分講演する。午後5時30分からはデザインコンペの表彰式が行われ、その後、参加者の交流会も開かれる。
参加は無料で、申し込み制で、定員は先着250人。希望者は、公共施設などに配布のデザインフェアのチラシに裏にある申込用紙またはメールに、氏名(フリガナ)・勤務先名/学校名・所属/学部等・住所・郵便番号・電話番号・FAX番号・Eメールアドレス・デザインコンペ公開審査及び講演会などを記入し、Eメール(28sangyo1@city.kawasaki.jp)またはFAX(044-200-3920)で、川崎市経済労働局産業振興部新産業創出担当へ2月2日までに申し込む。
問い合わせは、電話044(200)2513川崎市経済労働局産業振興部新産業創出担当。

○ギャラリーでスウェデッシュデザイン展

関連イベントとしてKSPギャラリーでは、5日から12日まで(8日は休館日)福祉の分野などですくれたデザインポリシーを持つスウェーデン企業9社によるスウェデッシュデザイン展(ケイエスピー主催)を同時開催する。展示するのは、ハンディのある人が使いやすい刃物、お皿やスプーン、チャイルドフレンドリー商品、楽器など約50点。ギャラリーでは、別コーナーにデザインコンペの入賞作品も展示。開館時間は午前11時から午後6時。入場は無料。問い合わせは電話044(200)2001(株)ケイエスピー。

2009-01-30 in 02)イベント・催事, 08)経済・農業, b) 川崎市のニュース, b3) 川崎市高津区 | Permalink

コメント

コメントを投稿