« 2006年3 月 | メイン | 2006年5 月 »

2006年4 月30日 (日曜日)

川崎が引き分け:清水に公式戦初勝利はお預け

060429furon01 Jリーグ第10節第1日目の試合がGW初日の4月29日に行われ、川崎は清水エスパルスと対戦。先行された試合を逆転に持ち込み、初勝利に手が届きそうだったが、終了間際に追いつかれ、前節の2位から4位に後退した。

写真=試合後力なく引き上げる選手(撮影:藤井栄美)

2006-04-30 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0) | トラックバック

川崎市のつつじ寺・等覚院:新緑に映える極彩色のじゅうたん

Photo_8 「つつじ寺」の名で親しまれている川崎市宮前区神木本町1丁目の等覚院のつつじが満開となり、多くの見物客でにぎわっている。
(写真=角田珠子)

430 同院には、山門を囲むように色とりどりのつつじが植えられており、花期には市内だけでなく遠方からも多くの人が訪れる。ゴールデンウィークを前に見ごろを迎えたつつじは、極彩色のじゅうたんを敷き詰めたようで、木々の新緑との鮮やかなコントラストに見物客たちはため息まじりにみいっていた。

近くには、県立東高根森林公園(川崎市宮前区神木本町2丁目・写真下)でも、陽光に誘われて訪れる家族連れも多く、新緑のなかでのんびり初夏の一日を楽しんでいた。

2006-04-30 in 01) 自然・環境, b) 川崎市のニュース, b4) 川崎市宮前区 | Permalink | コメント (0) | トラックバック

2006年4 月29日 (土曜日)

狛江市の酒屋で地域ヒーロー「コマレンジャー」の日本酒販売

0604292 狛江市の地域ヒーロー「多摩川戦隊コマレンジャー」のラベルを貼った日本酒が狛江市駒井町の籠屋秋元商店でこのほど売り出された。この酒は、コマレンジャーが誕生した2003年に長野県佐久市の千曲錦酒造が作った純米無濾過の熟成純米酒で、同店で販売するほか市内や渋谷区の居酒屋でも扱われ人気を呼んでいる。

酒は、KOMA RED(狛江の守護神)、KOMA BLUE(多摩川の水神)、KOMA GREEN(五本松の化身)、KOMA YELLOW(小足立忍者の末裔)、KOMA PINK(まとじひめの子孫)の5人のヒーローと悪役のバカラス軍団の6種の4合(720ml)瓶のほか5人のヒーローを扱った一升(1.8l)瓶がある。価格は4合瓶は1260円、一升瓶は2415円。
060429 コマレンジャーは、同市を元気な町にしようと市民団体の狛江応援団が企画。2003年7月に同市元和泉で開かれたほおずき市に初めてお目見えした(写真・左)のを手始めに、市内のさまざまなイベントに呼ばれてショーを開催、最近は狛江市と交流する川口町のイベントなどにも参加、子どもたちだけでなく幅広い年代に指示されている。
コマレンジャーを地域おこしのツールに活用しようと、協賛企業・商店主などでコマレンジャー・プロジェクトが発足。コマレンジャーのキャラクターを使った「狛江発」の商品の第一段として、秋元賢社長に相談したところ、蔵元の協力で2003年に仕込んだ酒のうちタンク一本分(一升瓶600本分)の酒に特製ラベルを張り、売り上げの一部がコマレンジャーの活動資金となることが決まった。
3月から限定販売されているが、秋元社長によると話題性だけでなく味の良さで求める客も増え、現在約30件の居酒屋でも取り扱われている。
問い合わせは電話03(3430)8931籠屋秋元商店。

2006-04-29 in 05)歴史, 08)経済・農業, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, | Permalink | コメント (0) | トラックバック

2006年4 月28日 (金曜日)

川崎が京都に快勝:ナビスコカップ予選第3日

060428nabisuko01 ヤマザキナビスコカップ予選第3日が4月26日の夜に行われ、Bグループの川崎はホーム等々力で京都パープルサンガと対戦して快勝した。Bグループはこの日、鹿島アントラーズが大分トリニータに敗戦したため鹿島、川崎、大分が勝ち点6に並ぶ混戦となり、川崎は得失点の差で2位につけている。

写真=勝ち越しの2点をあげて喜ぶのジュニーニョ選手

2006-04-28 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0) | トラックバック

2006年4 月21日 (金曜日)

泉の森会館で和紙と和菓子で2人展

Photo_4 和紙と和菓子で日本の美を表現するユニークな「和紙創作タペストリーと和菓子展」が狛江駅前の泉の森会館で19日から23日まで開かれている。

作品を作ったのは、和紙が狛江市和泉本町の久光寧子さん、和菓子が同市猪方出口成子さんの2人で、同市西河原公民館で活動する手漉き和紙グループ「こま」の仲間だ。
こまは、コウゾを使って木枠に繊維を流し込む本格的な紙漉グループで、最近は繊維を草木染めし、色紙も制作している。久光さんは、約10年前に西河原公民館で催された紙漉し講座からの会員で、独自のアイデアで透かしの技術を考案、同グループのリーダー的な存在。すいた紙を加工してさまざまな作品を制作、昨年都内で初の個展を開いた。今回は、作った作品を市内の友人らに見てもらおうと、和菓子作りが趣味の出口さんを誘い、春をイメージする2人展を開くことになった。
出口さんは、カルチャースクールで短期間和菓子を習ったことがきっかけで、材料や形などを独自に研究。さまざまな和菓子で季節感を演出するのを楽しみにしており、近い将来自宅で和菓子教室を開く計画を持っていることから、そのステップアップにしようと久光さんの誘いに応じた。
会場の壁には透かしに模様いり、2、3色の色が掛けあわされた手漉き和紙、花模様を漉き込んだ紙を組み合わせたタペストリーや和紙で作ったランプシェイドー、花瓶の多いなどを展示、テーブルには春をイメージした色鮮やかな和菓子が並べられ、落ち着いたなかにも華やいだ雰囲気を演出している。
展示時間は、午前10時から午後6時。問い合わせは電話03(5497)5444泉の森会館。

2006-04-21 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, | Permalink | コメント (0) | トラックバック

2006年4 月19日 (水曜日)

多摩川に親しんでとイベントラリー:源流から中流の4市町村の催しの参加者募集

狛江市のいかだレースなど多摩川の源流から中流域の5カ所で開かれる催し物に参加するイベントラリーが4月29日から始まる。多摩川に親しんでもらおうと1998年から流域の市町村が連携して開催しておりことし9回目を迎える。

ラリーは、29日の巨樹と清流のまち奥多摩町「森林浴ヘルシーウォーク」(奥多摩むかし道=10kmを歩く、電話0428-83-2112)を皮切りに、5月4日山梨県小菅村の水と火と味の祭典「源流祭り」(釣り大会、流域の芸能大会、夜は日本一のお松焼き電話0428-87-0111)、7月16日(雨天7月23日)「狛江古代カップ多摩川いかだレース」(仮装とタイムを競うレース03-3480-9367)、7月30日山梨県丹波山村「夏まつり丹波」(カヌー教室、木工教室、マスのつかみどり、水上丸太わたりほか、電話0428-88-0211)。最後は12月3日、狛江エコルマで行われる多摩川流域郷土芸能フェスティバル(小菅村、丹波山村、奥多摩町、狛江市などの郷土芸能の競演、電話03-3489-1166)。フェスタ会場では小菅村、丹波山村、奥多摩町の旅行宿泊券(ペア)やそれぞれの温泉入浴券、グアム旅行(ペア3泊4日)があたる抽選会、3つ以上のイベント参加全員には特産品がプレゼントされる。
ラリーの台紙は小田急線の狛江、和泉多摩川、喜多見、成城学園駅と狛江市などで配布している。問い合わせは電話03(3480)9367イベントラリー事務局。

2006-04-19 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0) | トラックバック

2006年4 月16日 (日曜日)

川崎がホームで快勝:3位を守る 

060516fron01_1 Jリーグ第8節の試合が4月15日と16日に行われた。第2日目日程の川崎はホーム等々力で大宮アルディージャと対戦。3対1とホームで3試合ぶりに快勝し、地元ファンを沸かせた。この勝利でチームは5勝2敗1引き分けで勝ち点17で、浦和レッズ、ガンバ大阪に続き前節終了時の3位を守った。

写真(上から)=3点目の原田選手のゴール(右から2番目)、200試合出場記念に妻から花束をもらう米山選手

試合は、今シーズンのプレシーズン(2月26日)で対戦したときと違いアグレッシブな展開。立ち上がりは今シーズン大型補強した大宮のペースだったが、GK相澤の冷静な処理で落ち着き、15分過ぎからは徐々にのリズムとなった。前半は大宮の体を使った厳しいデフェンスを交わしてマルクス、マルコン、我那覇、森がセットプレーを含めて10本のシュートを放つが大宮GK新谷の好守に阻まれ無得点。大宮は前半だけで4枚のカードが出された。
060416fron 後半、は開始直後からボールを左右に動かし大宮のゴールをうかがうが、GK新谷が好プレーでゴールを死守。62分大宮の選手交代直後のコーナーキックに箕輪が頭で合わせて先取点をたたき出した。その4分後には、マルコンが大宮DF2人をかわして放ったクロスボールをジュニーニョがダイビングヘッドで決め、あつい応援を送るGスポットのサポーター席前で飛び上がってアピール、観客から大きな賞賛を受けた。この追加点に同期昇格の意地を見せて攻撃を仕掛ける大宮に対し、はマルクスに替え原田を投入。交代直後の原田は、78分にゴール前で大宮DFに当たったボールを左足にあて身体ごとゴールに飛び込んで3点目をあげた。その直後に大宮は藤本がゴールを決めたが、残り時間で追加点を挙げることができず、が3対1で勝利した。
この試合開始前には、今季東京ヴェルディ1969から移籍した米山篤選手のJリーグ200試合出場を記念する花束が米山選手の妻まさみさんから手渡された。
次節は4月22日14時からアウェイ名古屋市陸上競技場で名古屋グランパスエイトと対戦。次のホーム試合は、リーグ戦は4月29日15時に昨年唯一2敗している清水エスパルスと対戦する。

 ナビスコカップ予選 4月26日に等々力で第3節
  対戦相手は京都パープルサンガ

また、その前の4月26日19時からナビスコカップ予選リーグ第3節で京都パープルサンガと闘う。ことしのナビスコカップは川崎は鹿島、京都、大分と同組のBグループに入り、第1節(3月29日)は京都に4対3で勝ち、第2節(4月12日)は鹿島に3対1で敗戦、現在の成績は1勝1敗。決勝トーナメントに進出するできるのはA〜Dの各グループの1位と2位の成績の上位3チーム。
詳しくはJリーグのHP(ヤマザキナビスコカップ)>

2006-04-16 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0) | トラックバック

狛江市で初の子ども農業体験塾

06041501 夏野菜の種まきから収穫までの一連の作業を体験する「狛江市子ども農業体験塾 野菜作りの達人教室」の開校式が4月15日、狛江市和泉本町の狛江第一小学校体育館で開かれた。

写真=8件の受け入れ農家と子どもたち

この塾は、次世代を担う子どもたちに土に親しむ作業を通して食べ物を作る大変さ、自然の恵み、都市農業などについて関心を高めてもらおうと、同市市民部産業生活課と市教委学校教育部指導室が共催、JAマインズ農産物直売会に所属する農家の協力で初めて行われ、市内の各小学校を通して参加者を募集、30人が応募した。
開校式には、小学4年から6年の子ども21人と保護者、受け入れ農家のほか担当の市職員などが参加。木村忍教育長が「今日は入学式。作業は大変なこともあるけど、楽しんで作物を育ててください」と開講の言葉を述べた。その後、農家側を代表してJAマインズの秋元一明支店長が「都市の農家は厳しい状況下にはあるが、狛江市は(集荷などの)立地条件がよいので新鮮、安全、おいしいものをつくるのに意欲的な農家が多い。教室を通して野菜が生きていることを知ってほしい。楽しみながら元気に作業して収穫祭であいましょう」とあいさつ。直売会の小町新一会長が受け入れ先の農家を紹介した。
子ども達は家に近い農家の8班に分かれ今後の作業の日程などの説明を受けた。作業は、4月の後半から主に月2、3回土曜日の午前中に狛江の特産品のエダマメのほか、トマト、ナスなど2、3種類の野菜の種まき、草取り、支柱立て、収穫などを体験、7月22日には全員で収穫祭を行う予定だ。
参加者のひとり神田暁乃さん(小学4年)は「土遊びがすきなので、仲良しの友だちと参加しました。作業が楽しみです」と目を輝かせていた。

2006-04-16 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 08)経済・農業, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, | Permalink | コメント (0) | トラックバック

2006年4 月13日 (木曜日)

泉の森会館でテディベア展:市内の人気作家小町さえりさんの作品

060413bearten01 小田急線狛江駅前の泉の森会館が、同市中和泉在住のテディベア人気作家小町さえりさんを招き、ドイツや日本各地のテディベア展で受賞した作品と最近作を展示販売している。

写真(上から)=会場風景の一部、小町さんと作品、古布で作った洋服を着る最新作のテディベア、ドイツでのコンテストで2位に入賞した親子のベア、ベア柄を持ったテディベア

1_1 15cm以下のミニチュアテディベア作家として人気を集める小町さんとテディベアの出会いは、18年前。小さいころから手工芸好きだった小町さんは武蔵野美術短大を卒業後に大手電機メーカー研究所に勤務し、出産と同時に退職し、娘さんのために編み物やボタンで手足が動くクマの縫いぐるみを作っていた。そんな時、自由が丘の駅 2_4 構内でテディベア展が開催されることを知って見に行き、テディベアの輸入卸売りをする赤田はつ子社長と出会ったのがきっかけ。その時の展示作品は、子どものおもちゃとしては高価で購入できず、自分で作ろうと材料や手足を動かずジョイントなどについて赤沢さんに聞いた。
3_4 その後、赤沢さんがテディベアの材料を販売する店を開店した連絡を受け、ジョイントなどが手に入りやすくなり本格的に作り始めた。当時は子どものおもちゃや自分の楽しみとして作品を作っていたが、1994年から毛足の長い「モヘア」と呼ばれる材料を使い、全国で開かれるテディベア展のコンテストなどに作品を出品するようになった。本体のほか小物までていねいに作った表情豊かな作品が人気を集め、各地のコンテストで受賞、テディベア作家として歩み始めた。
2003年にはテディベアの祖国ドイツのコンテストにも参加、翌年12cm以下のカテゴ4_4 リーでジオラマ風の親子クマの作品でみごと2位に入賞の経歴を持つ。
会場には、小町さんが集めたアンティークのタイプライター、子ども靴、糸巻き、おもちゃのアコーディオン、ミシンなどの中に、ドイツや日本各地で受賞した作品と新作の古布で作った洋服を着た6cmほどのベアが数十点展示されており、メルヘンあふれる世界を作りだしている。
同展は4月18日までで、時間は午前10時〜午後6時、最終日は午後3時まで。
問い合わせは03(5497)5444泉の森会館。

2006-04-13 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0) | トラックバック

2006年4 月12日 (水曜日)

川崎市の宮前スポーツセンターがオープン:大小体育室備え区民のスポーツの拠点に

01_1 宮前区のスポーツの拠点となる「宮前スポーツセンター」(串間満子館長)が4月7日、川崎市宮前区犬蔵1-10-3にオープンした。スポーツセンターは各区1カ所を目標に建設が進められており、同センターは6番目。

開館記念式典と施設の写真を見る>

02_3 同センターは犬蔵中学校北側に隣接した面積6,637平方メートルの敷地に建てられ、同中の体育施設を合築したのが特色。のべ床面積5,244平方mの館内には、1階にバスケットボール2面分、バレーボールなら3面分がとれる大体育室(面積1,017平方m)に加え、バレーボール1面分の小体育室(面積433平方m)、2階に各種のトレーニング機器を設置したトレーニング室(面積289平方m)、大体育室を一周するランニングコース、観客席などがある。また、会議や研修、健康体操などに使用できる研修室(面積74平方m)、区民サロン、更衣室、シヤワー室、事務室などを備えているほか、犬蔵中の格技室、25mプール、金工室、木工室などがあり、プールと格技室はセンター主催の事業に利用する予定。館内は外光を採り入れるなど明るい雰囲気で、太陽光発電や屋上緑化など環境に配慮したのも特色だ。
4日7日午後1時から大体育室で開館記会式典が催され、区民など約200人が参列、阿部孝夫市長、犬蔵中の生徒2人など7人がくす球を割って門出を祝った。
阿部市長は「いま、川崎のスポーツはがんばっている。厳しい行財政改革の影響を受けたが、地元のみなさんと計画段階からいろんな意見を出してもらい、区民やスポーツ団体の協力によって、充実した施設となった。これからは区民に幅広く有効に活用してほしい」とあいさつした。
式典に先立って、犬蔵中学校吹奏楽部が、この日の式典のために区内在住の作曲家成舞新樹さんが作った「セレモニアル・ファンファーレ」を初演。続いて「威風堂々 第1番」「ディズニー・プリンセス・メドレー」の記念演奏を行った。また、式典後には、「ユニサイクル野川」の中学生10人がそろいのコスチュームで見事な一輪車の演技を披露、見学者から盛んな拍手が贈られていた。
串間館長は「体育の教師を長く勤め、昨年は幸スポーツセンターに勤務したが、中高年の健康に対する関心の高さと意欲に驚いた。このセンターでは、地域のスポーツへの関心を高め、健康維持と増進のお手伝いをしていきたい。また、子どもたちにスポーツへの興味をもってもらうために、教室を開くなど活性化に努めたい」と意欲をみせている。
同館は団体利用が中心だが、トレーニング室は個人でも利用できるほか、卓球、バドミントン、ヨガ、太極拳、3B体操など個人を対象とした各種のスポーツデーを開催する。利用料金はトレーニング室、スポーツデーとも20歳以上200円、6〜20歳と学生100円。
同センターへは東急田園都市線宮前平駅からバス溝口駅南口行き「犬蔵」下車、徒歩約5分。
問い合わせは電話044-976-6350
ホームページ=https://www.city.kawasaki.jp/88/88sports/home/homepage/top.html

2006-04-12 in 04)教育・子ども , 07)文化・芸術, 09)市民活動, b) 川崎市のニュース, b4) 川崎市宮前区, スポーツ | Permalink | コメント (0) | トラックバック