2017年10 月16日 (月曜日)

川崎市の麻生区地域功労賞に4氏2団体 : あさお区民まつりの舞台で表彰

171008asaotiikikorosyo-3川崎市麻生区で地域のために尽くした人に感謝をと、10月8日のあさお区民まつり会場で10回目の「麻生区地域功労賞」の授賞式が行われ、川崎市麻生区片平の小島信生さん、宮前区鷺沼の齊藤俊子さん、麻生区王禅寺東の関屋髙夫さん、同区東百合丘の鶴沼ひろさんの4氏と同区栗平白鳥自治会防災ボランティア、同はるひ野町会の水辺のある里山を守る会の2団体が表彰された。

写真=麻生区地域功労賞の(前列左から)鶴沼ひろさんの代理(娘)、栗平白鳥自治会防災ボランティア藤原美子さん、齊藤俊子さん、小島信生さん、関屋髙夫さん、はるひ野町会水辺のある里山を守る会・織野章さん、(後列左から)角山雅計あさお区民まつり実行委員長、北沢仁美麻生区長

171008asaotiikikorosyo-2表彰式では、あさお区民まつりの特設ステージで北沢仁美麻生区長が、受賞者の小島さんらに賞状と記念品をひとり一人に手渡した。その後北沢区長は「長年にわたり地域の活性化のためにご尽力されて誠にありがとうございます。日頃からこのような活動が『元気な町・麻生区のまち作りに』に大変貢献していただいたことに改めて感謝いたします。これからも引き続き、地域・麻生区・川崎市のためにさらなる力をいただきたればとお願いするところです」と祝いのことばを述べた。

171008asaotiikikorosyo-1

受賞理由は
○小島氏は、2002年から片平の神奈川県立麻生総合高校との連携により生徒を片平町内会の美化活動や行事に積極的に参加してもらうことで地域と学校との融合を図り、意識改革を進めている。また、4年前から片平川沿いの「麻生スポーツ健康ロード」脇に設置された地域ふれあい花壇の植え替え時にも生徒・町内会有志、老人会の調整・指導を行い学校と地域住民とのコミュニティづくりに多大な貢献をしている。

○齊藤氏は、1982年より麻生区でジャズ、健康など幅広い分野で親子体操教室などを主催しており、1989年の麻生老人福祉センター開設時から、高齢者向けの健康体操講座を開催、高齢者福祉や介護予防に積極的に貢献している。

○関屋氏は、20年以上前から王禅寺東5丁目の通称・ちびっ子広場で清掃活動を続て、石橋交差点付近で小学生の通学見守りを行い地域の交通安全に貢献している。このほか長年にわたり王禅寺町内会の老人会会長を務めて楽しい老人会づくりに尽力し、会員から大きな信頼を寄せられている。

○鶴沼氏は1970年から自宅で野点の会を毎年春と秋に開催するほか、地域の婦人の交流の場として茶話会を主催、茶道を通して地域住民、障がい者施設の人たちやかつて指導していた長沢中学茶道部の生徒を茶話会に招待し地域の文化交流、伝統文化・茶道の継承に貢献している。

○栗平白鳥自治会防災ボランティアは、防災・減債に備えるため2012年から、1年ごとに変わる自治会自主防災部の中でボランティアとして継続して地域防災に関わる取り組みを勧め、有事に慌てることが内容平時から住民同士が繋がる活動をしている。また、防災訓練を防災まつりと改め、楽しく参加できる工夫をし、毎月防災トピックスを回覧し日頃の備えを呼びかけ、防災啓蒙活動を継続的に続ける。

○水辺のある里山を守る会は、2009年からはるひの周辺の自然環境の保全・整備、気象な生きものなどの保護・育成に取り組んでおり、地域の人が豊かな自然に親しめるよう、緑地の整備やイベントを開催しており、地域住民のコミュニケーションが生まれ子供たちの自然矛への啓発に繋がり、地域の魅力づくりに貢献している。

地域功労賞は同区が2008年度に制定した制度。区内で地域や区のイメージアップなどに貢献する活動に地道に取り組み、他の表彰制度に該当しない個人または 団体に対し区が光を当てて功績を称えるもの。町会、自治会などから候補者を募集して区町会連合会、区社会福祉協議会、区文化協会役員などで構成する選考会で受賞者を選び、多くの区民に知ってもらうため、毎年区民まつりの会場で表彰している。

2017-10-16 in 02)イベント・催事, 09)市民活動, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区 | Permalink | コメント (0)

よみうりランドに早くもイルミネーション:首都圏最大級550万球で夜の遊園地が宝石箱に

171013yomiuriland008約550万球という首都圏最大級のイルミネーションが10月12日からよみうりランド(東京都稲城市、川崎市多摩区)で始まった。宝石をモチーフにし「ジュエルミネーション」と名付けたこのイルミネーションは、世界的な照明デザイナー石井幹子さんがプロデュース。2010年に初めて開催されて以来、秋から冬のイベントして若者や家族連れの人気を集めている。ことしはライトを50万球増やしたほか、新たにスイーツをイメージした5色を追加、8種類約30色を使って夜の遊園地を彩る。イルミネーションは2018年2月18日まで122日間点灯される。

写真=イルミネーションで飾られたよみうりランド

写真ニュースを見る>

171013yomiuriland001ことしは、これまでのジュエリーエリア、アクアエリア、ラブリーストリームエリア、フォレストエリア、キュートエリア、ウィズダムエリアの6つのエリアに加え、フルーツの甘さを連想させる新色のスイーツジュエリーを使い、女性をターゲットにした「スイーツエリア」を新設、イルミネーションとスイーツを一緒に味わうことができる。
アクアエリアでは、高さ12メートルの回転するリングとウォータースクリーンによる水と光の多彩な造形美を表現する噴水ショーが繰り広げられる。
プリンセス・ガーデンでは直径40メートルのプリンセスの王冠を光で再現する。このほか、各エリアでイルミネーションを使ったライトオンダンス、音楽と連動したイルミネーションのトンネルなど、趣向をこらしたさまざまなイベントが用意されている。
また、11月16日からは高さ27メートルの燈台「ジュエリー・ライトハウス」が点灯するほか、17日から初めてアイススケート場「ホワイトジュエル」がオープン、イルミネーションに照らされながらスケートを楽しめるほか、カーリングも体験できる。
12日には石井さん、歌手のShuta Sueyoshさんらによる点灯式(写真左)がアクアエリアで催され、水と光による華やかな噴水ショーが披露されると訪れた人たちから大きな歓声が上がっていた。
「ジュエルミネーション」は期間中の16時から20時30分(12月16日〜25日は21時まで)。 料金はナイト入園料おとな(18〜64歳)1400円、中高生・シルバー(65歳以上)600円、小学生300円(11月15日まではおとな同伴の小学生はナイト入園無料)。ナイトパス(入園料含む)おとな2400円、3歳〜高校生・シルバー1600円。
問い合わせは電話044-966-1111。 ホームページhttp://www.yomiuriland.com

2017-10-16 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, b) 川崎市のニュース, b2) 川崎市多摩区, f)稲城市 | Permalink | コメント (0)

2017年10 月12日 (木曜日)

10月13日から狛江ゆかりの浮世絵展:多摩川や万葉東歌にちなんだ北斎や広重、歌麿の秀作32点を展示

北斎・武州玉川北斎、広重、歌麿などの多摩川や狛江にゆかりの浮世絵の秀作を展示する「浮世絵にみる多摩川と武蔵国の記憶」が10月13日から25日まで、小田急線狛江駅北口の泉の森会館で開催される。

写真上=葛飾北斎「富嶽三十六景 武州玉川」 、写真下=初代歌川広重「今様六玉川の内 武蔵調布」(砂子の里資料館所蔵)

初代広重・今様六玉川の内 武蔵調布狛江市観光協会が初めて催すもので、浮世絵収集家として知られる狛江市観光協会の斎藤文夫会長の協力で、斎藤さんが館長を務める川崎・砂子の里資料館所蔵のコレクションから選りすぐった32点を展示する。
会場では、同市内に歌碑がある万葉集の東歌(あずまうた)をテーマにした作品や、多摩川やアユ、富士山など浮世絵を「玉川の里」「故郷の眺め」「街道の賑わい」「懐かしい風景」の4コーナーに分けて展示。最盛期の秀作に加え、近代の作品も展示、高度な技術に裏打ちされた浮世絵の多彩な魅力を味わえるのが特色。
時間は10時(13日は11時)〜16時30分(入場は4時)で、入場は無料。
問い合わせは電話3430-1111狛江市観光協会事務局(狛江市地域活性課狛江の魅力発進担当)。

2017-10-12 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2017年9 月13日 (水曜日)

川崎市麻生区で10月6日に禅寺丸柿の柿もぎ体験と歴史散歩 : 麻生区役所と麻生観光協会が開催

川崎市麻生区役所と麻生観光協会が、区内の特産品で800年前に発見された日本初の甘柿と伝わる禅寺丸柿をもぐ体験と歴史散歩を10月6日に開催、参加者を募集している。

イベントは、多くの人に区の木「禅寺丸柿」に親しんでもらうとともに区の歴史や地元の資源を知ってもらうことを目的に、柿生禅寺丸柿保存会の協力で禅寺丸の産地のひとつの同区黒川地区で開催する。
当日は、13時に小田急線黒川駅に集合、同地区の農家で昔ながらの「ばっぱさみ(もぎ取り棒)」を使って柿もぎの体験と試食をした後、西光寺、汁守神社を経て川崎市内の農産物を直売するセレサモスで買い物タイムを設け、黒川青少年野外活動センターに寄り16時30分頃に黒川駅南口で解散、全行程で約3.4km。
地域の歴史については麻生歴史観光ガイドの会が解説する。なお、柿もぎ体験は柿の生育状況により中止の婆がある。定員は30人で超えた場合は抽選となる。参加費は資料代500円で、荒天の場合は中止になる。

参加申し込みは、往復葉書(1枚で2人まで)に「禅寺丸柿歴史散歩」と記した上、参加者全員の住所、氏名、年齢、電話番号を書き、〒215-8570 川崎市麻生区万福寺1-5-1 川崎市麻生区役所 地域振興課へ9月20日(消印必着)までに郵送する。
問い合わせは電話044-965-5113麻生区役所地域振興課。

 

2017-09-13 in 02)イベント・催事, 05)歴史, 11)まちづくり, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, | Permalink | コメント (0)

狛江市の音楽集団が山猫合奏団祭り2017 : 「注文の多い料理店」など5作品を公演

宮澤賢治などの物語をベースに言葉と器楽演奏のコラボレーションによるユニークな音楽を発表する山猫合奏団が、ことしも「山猫合奏団祭り2017」を開き首都圏各地で公演する。

山猫合奏団は、ピアニストで作曲家の白石准さんが主宰する狛江市岩戸北に事務所がある音楽集団。祭りは、白石さんが1981年に玉川大学演劇科の卒業制作として宮沢賢治の童話「どんぐりと山猫」をモチーフに作曲した同合奏団の最初の作品の冒頭部分に山猫からの葉書に「かねたいちろうさま、9月19日~」と書かれていたことに加え、2014年に宮沢賢治の生前中に唯一出版された童話集『注文の多い料理店』の90周年にちなんで初めて企画され、以来毎年9月中旬に開催している。
今回は、9月8日に事務所のある狛江市の音楽ホールを皮切りに、9月15日19時から目黒洗足のプリモ芸術工房で太宰治「走れメロス」、19日19時同会場での草野心平「蛙」の組曲と宮澤賢治「どんぐりと山猫」、24日14時から茅ヶ崎市の長谷川楽器店三階で宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」、29日19時狛江市の泉の森会館宮沢賢治「注文の多い料理店」で公演する。いずれもピアノ演奏などをバックに語る一般的な朗読劇とは異なりセリフを音符と同じ速さで語る新しい音楽。出演は、白石さんのピアノと白石さんの大学時代からの舞台仲間の俳優・高山正樹さん・楠定憲さんの言葉のほか、「セロ弾きのゴーシュ」はチェリストの大島純さんが出演する。
入場は各回とも3,000円、中学生以下1,000円、各回共通3枚綴り7,500円(3人で利用可能)。
問い合わせはM.A.P 電話03-3489-2246 FAX03-3489-2279またはメールmpro@mbh.nifty.com
山猫合奏団のHP(こちら>)

 

2017-09-13 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, a) 狛江市のニュース, 音楽 | Permalink | コメント (0)

川崎フロンターレ麻生アシストクラブが麻生区民対象にバスツアー : ベガルタ仙台戦を応援、参加者募集

川崎フロンターレを応援する麻生区内の団体「川崎フロンターレ麻生アシストクラブ」(高桑光雄会長)が10月14日の川崎フロンターレのホームゲーム川崎フロンターレ対ベガルタ仙台戦(15時キックオフ)の応援観戦バスツアーを麻生区と共催、参加する区民を募集している。

同クラブは、区内に練習場がある川崎フロンターレを区民ぐるみで支援する組織で、毎年観戦ツアーの他さまざまなイベントを行っている。
今回は、リーグ戦をはじめルヴァンカップ、ACL、天皇杯と4つのタイトルにチャレンジできる好成績を維持する同チームを、地域一体となって応援しようと企画された。
バスツアーは、麻生区役所向かいの新百合21ビルに12時に集合、往復バスで試合を観戦する。定員は80人で越えた場合は抽選となる。費用は観戦チケット、バス代を含めて高校生以上は4,000円、小・中学生は2,200円。
申し込みは、往復葉書に参加者全員(40人)までの氏名・住所・年齢・性別・代表者の連絡先と「川崎フロンターレ応援バスツアー」と記入し、215-0021 川崎市麻生区上麻生3-6-1 麻生スポーツセンター内 川崎フロンターレ麻生アシストクラブ事務局に9月25日(必着)までに申し込む。
問い合わせは電話044-965-5223 FAX 044-965-5201 麻生区役所地域振興課。

 

2017-09-13 in 02)イベント・催事, 09)市民活動, 11)まちづくり, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, スポーツ, 旅行 | Permalink | コメント (0)

2017年8 月13日 (日曜日)

狛江市の多摩川で8月17日に灯ろう流し

150821tourounagashi088 のコピー多摩川の夏の風物詩「多摩川灯ろう流し」(多摩川灯ろう流し実行委員会主催、狛江市観光協会後援)が、8月17日午後6時30分から多摩水道橋下流の多摩川狛江市側河川敷で催される。当日は、数百基の灯ろうが屋形船から流され、夜の川面を静かに彩る。

写真=2016年の灯ろう流し

同市の灯ろう流しは、江戸時代から行われていると伝えられ、かつては花火大会と同時に開催されたこともあった。
多摩川の伝統的な夏の風物詩を市民の手で守り、世界平和と環境保全を願って、2005年から寺院関係者とボランティアの市民が実行委員会を結成、灯ろうの点火や回収などの運営を行っている。 

灯ろうは1基1000円で、前日まで市内6カ所の寺院で申し込みを行うほか、当日午後4時から6時まで会場でも受け付ける。
見学は自由。
当日雨天の場合は翌18日に順延。
問い合わせは電話03(3489)8440円住院内多摩川灯ろう流し実行委員会事務局。

 

2017-08-13 in 02)イベント・催事, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)

2017年8 月 4日 (金曜日)

狛江市の和泉多摩川駅前で8月5日に夏祭り : メイン通りでライブやダンスなどイベント開催


和泉多摩川商店街振興組合が8月5日12時〜20時30分にサマーフェスティバル「一八〇(いちはちまる)」と名付けた祭りを開催、メインストリートを歩行者天国にして、さまざまなイベントを催す。当日雨天の場合は6日日に順延。

このイベントは同振興組合が、商店街を身近に感じてもらうきっかけをつくろうと、多くの人がつながる場を提供し商店街の活性化と地域振興につなげようと計画した。
モール化されたメインストリートの長さが約180mにちなんでイベント名を「一八〇」と名付け、「いつもと違う、いつもの通り」をコンセプトに、商店街のメイン通りを歩行者天国にしてテーブルとイスを設置し、狛江市の特産品の枝豆の特設販売ブースを設ける。特設ステージでライブ演奏、枝豆をかたどった段ボールに来場者が絵を描くスマイルアーチプロジェクト、シルクスクリーン体験、撮影機材体験、縁日、約20の店舗によるブースでは商品の展示や販売などを行い、子どもからおとなまで楽しめるさまざまなイベントを行う。舞台参加は、商店街近くの都立狛江高校合唱部や軽音学部、狛江第二中学ダブルダッチ部など狛江にちなんだ団体で、撮影機材体験なども駅周辺の企業の協力によるもの。
詳しくはHP(こちら>)
問い合わせMizumita magawa180@gmail.com和泉多摩川商店街振興組合。

2017-08-04 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 08)経済・農業, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, 音楽, | Permalink | コメント (0)

2017年7 月27日 (木曜日)

7月29日、30日に狛江駅北口周辺で「狛江フェスティバル」:親子で楽しめるイベントやビールフェスタ

狛江の夏を盛り上げようと「狛江フェスティバル2017」が小田急線狛江駅北口周辺で7月29日、30日に催される。

緑の三角ひろばでは両日とも11時〜21時に「KOMAE BEER FESTA(狛江ビールフェスタ)」が開かれる。
世界や日本各地のクラフトビールが2日間で約50種を味わえるほか、市内の飲食店など12店が提供したつまみを審査するおつまみグランプリが行われる。
泉龍寺では「こまえ夏まつり」が29日11時〜20時、30日16時〜20時に催され、屋台や縁日、竹を使った楽器や水鉄砲作りなどの体験イベントのほか、音楽やダンスのステージなど親子で楽しめる催しがある。
泉の森会館前の通りでは29日10時30分〜19時30分、30日10時〜18時30分に朝市、ストリートダンス、ライブなどを行うほか、30日18時頃に同会場から泉龍寺へ阿波踊りのパレードがある。
問い合わせ☎3480-9367木村メガネ。

2017-07-27 in 02)イベント・催事, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, 音楽, | Permalink | コメント (0)

2017年7 月16日 (日曜日)

狛江で多摩川いかだレース:猛暑にめげず手作りいかだ89艇が懸命の力漕

170716ikada002自作のいかだで多摩川を下る狛江市の夏の名物イベント「狛江古代カップ第27回多摩川いかだレース」(同いかだレース実行委員会主催)が7月16日に催され、市内や多摩川流域など20の地域からいかだ89艇が参加した。参加者たちは精一杯の力漕でタイムを競ったり、アイデアを凝らしたいかだに仮装して乗り組んでのんびり川を下るなど、思い思いにレースを楽しんでいた。レースの結果は、いかだのできばえやアイデアを競う企画部門の最優秀企画賞に多摩源流二号、タイムレース部門はハートフルおやじファミリー号が11分42秒で4連覇を果たした。

写真=力漕するいかだの上空にはパラグライダーの編隊 

170716ikada001
優勝したハートフルおやじファミリー号(右)

このレースは多摩川に親しみ、他の地域の人と交流しようと1990年から催されているもの。狛江市をはじめ、多摩川流域の調布市、川崎市、稲城市、世田谷区などのほか狛江市と交流のある山梨県小菅村、新潟県長岡市など多くの地域から出場する多摩川流域最大規模のいかだレース。

170716ikada003
最優秀企画賞の多摩源流二号(奥)

ことしは、空梅雨で川の水量が少なくスタート地点から数百メートルの下流では膝下くらいの浅瀬もあり、多くの艇がいかだからおりて艇船を押す姿も見られ、昨年に比べ全体的にタイムはあまり伸びなかった。
いかだの中には、おとぎ話の桃太郎や、アニメに登場するネコバス、映画「美女と野獣」など、趣向を凝らしたいかだと衣装でパフォーマンスを披露するチームもあり、岸に陣取った大勢の応援団からはにぎやかな声援が送られていた。

最終の第12レースには、スピード自慢のチームが出場、狛江から出場した3連覇中のチームハートフルおやじファミリー号が、2位のラフティーに47秒の差をつけて4連覇を果たした。メンバー代表の関谷勉さんは「水が少なく、昨年より1分30秒以上遅かったが、昨日、川の様子や水深をチェックしてコース取りを決めており、作戦通りのレース展開ができました。来年はいかだを新造して5連覇をめざします」と余裕の笑顔を浮かべていた。
企画部門は、富士山が噴火する姿を模した山梨県小菅村から参加の多摩源流二号が最優秀企画賞を受賞した(写真左上)。メンバーは「21年前にシンプルないかだで初めて参加、企画部門は今回が17回目です。参加者や見学者に安心・安全を呼びかけるつもりで、富士山の噴火をテーマにして、初めて大賞を獲得できてうれしい」と大喜びしていた。
表彰式が行われた多摩川緑地公園グランドでは、特産の枝豆を提供するビアガーデン、産直野菜の直売、山梨県小菅村の○×クイズ、ミニコンサートなどが行われ、人気を集めていた。

●いかだレースの結果
レース部門
▽一般=優勝 ハートフルおやじファミリー号(11分42秒)、2位 チーム・ラフティー(12分29秒)、3位 狛六ファイターズB(13分55秒) ▽レディース・ジュニア=優勝 狛江六小いかだファイターズB(16分41秒)、2位 ボーイスカウト狛江第一団カブ隊
(21分32秒)、3位 稲六ボーイズ(22分24秒) ▽学生=優勝 ボーイスカウト狛江第1団ベンチャー隊(18分33秒)
企画部門
最優秀賞=多摩源流二号、企画賞=ギョニソ丸(改)、狛六ファイターズ、BLUE PRINCE、狛江市商工会、狛江市シルバー人材センター「乙女号」
、審査員特別賞=警視庁調布警察署、狛江FIRE FIGHTERS、川口遊川の会、大塚グループ賞=多摩川流域11自治体交流イベントラリー、狛江消防署長賞=美しい多摩川フォーラム号、ナマステ号、調布警察署長賞=フレッシュ★みずほ狛江、城南信ちゃんドリーム号、多摩区観光協会会長賞=カンティプール号、大会名誉会長賞=多摩源流一号、アメンボⅡ世号

 

2017-07-16 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, h)東京都 | Permalink | コメント (0)