2018年4 月14日 (土曜日)

J1・川崎フロンターレがセレッソ大阪に1対2で敗戦:知念先制弾も逆転許しホーム連敗

180411frontale-1J1リーグ第7節の試合が4月11日に一斉に行われ、川崎フロンターレは中原区の等々力陸上競技場にセレッソ大阪を迎えて対戦した。
川崎Fは22分、FW知念慶(#20)が今季リーグ戦初となる先制ゴールを決めたが、前半で1対2と逆転され、ホームで2連敗となった。

写真(撮影 : いずれも桑山輝明)=22分、川崎フロンターレのFW知念慶(#20)が先制ゴール

180411frontale-3前節までの成績は、川崎Fが3勝2分1敗の2位、C大阪が2勝3分1敗の6位と川崎Fが上回っている。しかし、両者は今季初の公式試合となった富士ゼロックス・スーパーカップで対戦、2対3でC大阪が勝ち、今季初のタイトルを獲得した。また、昨年11月のルヴァンカップ決勝でも0対2でC大阪が優勝。川崎Fは公式戦で連敗している。
平日のナイターだったが、競技場には両チームのサポーター17,113人が詰めかけた。
過密日程の連戦4試合目のため両チームともスタメンを入れ替え、川崎FはMF中村憲剛(#14)とMF阿部浩之(#8)、DF車屋紳太郎(#7)がベンチ入りしなかった。C大阪もケガ明けのMF清武弘嗣(#10)がベンチ入りした。
強風の中で行われた試合は、立ち上がりに両チームともチャンスを作るがラストパスがつながらず一進一退の攻防がくり広げられた。その後、22分に知念が相手GKとDFをかわし、倒れながら放ったシュートが無人のゴールに入って先制した。しかし、川崎Fは31分にファールから自陣でフリーキックを与え.これをMF丸橋祐介(#14」に直接決められ、先制からわずか9分後に追い付かれた。さらにその5分後にコーナーキックからMF福満隆貴(#17)に逆転のゴールを許し(写真左)、前半を1対2で折り返した。
180411frontale-4後半、ホーム連敗を避けたい川崎Fは55分と早い段階でMF齋藤学(#37)とMF守田英正(#25)の2人を同時に投入。左サイド攻撃を増やすなど攻撃のリズムを変えた川崎Fは71分にMF家長昭博(#41)を投入しさらに攻勢をかけ続けた。一方、C大阪も長身のFW杉本健勇(#9)や清武を投入、追加点を狙った。川崎Fは、C大阪をシュート1本に抑える一方、8本のシュートを放ったが、C大阪の固い守備に阻まれ(写真右)ゴールを割ることができず試合終了。C大阪に公式戦3連敗を喫するとともに、5位に後退した。
川崎Fのホーム等々力の日程は、4月18日19時から、予選リーグ敗退が決まったACLグループリーグ最終節が行われ、蔚山現代と対戦、初勝利をめざす。また、リーグ戦9節は21日16時から鹿島アントラーズと対戦する。

2018-04-14 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2018年4 月 9日 (月曜日)

川崎市麻生区で新一年生が1日署長:新百合ヶ丘駅前で事故ゼロ呼びかけ

180409itinitisyotyo-3交通ルールを守って事故をなくしましょう——川崎市麻生区の新百合ケ丘駅南口のバスロータリーで4月7日、区内の男女2人の小学新1年生が1日麻生警察署長になり道行く人に交通安全を呼びかけた。

写真=麻生区のゆるキャラ「かきまるくん」と敬礼する田中正博麻生警察署長(右端)、1日署長の松元さんと小松君

180409itinitisyotyo-14月6日から15日までの「春の交通安全運動」の啓発キャンペーンとして、麻生区交通安全対策協議会が実施する恒例の行事。この運動は、毎年、新入学児童・園児の交通事故防止が重点となるため、同区では区内の小学校が輪番で新入学児童が1日署長を務めており、ことしで20回目となる。
今回は岡上小学校の小松耀君と松元律花さんが警察官の制服を着て、麻生警察署で田中正博署長から辞令を受け取った後、14時20分からペデストリアンデッキで催された出発式に参列した。会場には、禅寺丸柿をあしらった麻生区公認のゆるキャラ「かきまるくん」も参加、子どもの人気を集めた(写真左)。
出発式のセレモニーでは、主催者を代表して田中署長が「6日から春の交通安全運動が行われています。麻生署管内では昨年10月から死亡事故はありませんが、人身事故が増えており自転車事故が多いです。特に新入学児童は初めて一人で外を出歩くケースも多く、保護者は子どもたちに信号の確認な事故を防ぐことをしっかり教えてほしい。自転車は車と同じ扱いなので、交通ルールをしっかり守ってほしい」と事故を予防する話を交じえて挨拶した(写真左)。続いて4月1日に就任した多田貴栄区長が「5日に入学式が行われ、新入学児童は黄色いランドセルカバーをつけています。通学路に少し慣れた頃に事故が増えると言われていますが、黄色いカバーを見かけたら、おとなは子どもの安全に注意を払ってください」と呼びかけた。
180409itinitisyotyo-2その後2人の1日署長は「交通安全 スタート」と号令をかけ、参加した交通安全関連団体の約100人とともに用意したチラシと色鉛筆が入った袋約1,000個を道行く人に手渡した(写真右)
2人は少し緊張しながらも「制服が着られて楽しかった」とニッコリ。買い物客などから「かわいい署長さんね」と声をかけられ記念撮影に応じていた。
運動期間中、同区では交通安全関連団体の委員らが小学校の通学路にあたる50カ所の交差点で朝の通学時間帯に街頭監視と児童の交通安全指導などを行う。

2018-04-09 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , 12)防災・安全, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区 | Permalink | コメント (0)

川崎市が4月21日に麻生区早野で竹とふれあうイベント開催: タケノコ掘りも実施

川崎市は、麻生区早野で4月21日に行う竹林の美化運動「早野の竹林とふれあおう!」の参加者を募集している。

作業を行うのは早野聖地公園の竹林で、午前9時から正午までの3時間で竹の切り出しのほか、タケノコ掘りも行う。
募集は先着30人で、子どもの参加は保護者同伴が必要で参加費は100円(保険代).。申込期間は4月18日までに川崎市都市農業振興センター農地課に4月18日までに電話で申し込む。参加者は、動きやすい服装で、スニーカーなど滑りにくい靴を着用し、軍手、タオル、飲み物大きめの袋などを持参して午前9時までに早野聖地公園墓苑サービスセンタ一前に集合する。
問い合わせ・申し込みは電話044-860-2461川崎市都市農業センター農地課。

2018-04-09 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, | Permalink | コメント (0)

2018年4 月 5日 (木曜日)

J1・川崎フロンターレがサンフレチェ広島に0対1:オフサイド判定で痛い敗戦

180331frontale-2日本代表の国政親善試合などのため2週間中断していたJ1リーグが再開、第5節の試合が3月30日、31日、4月1日に行われ、第2日程の川崎フロンターレは3月31日にホームの中原区等々力の等々力陸上競技場でサンフレッチェ広島と対戦した。川崎Fは、後半広島にゴールを許したが途中出場のMF長谷川竜也(#16)がゴール前のこぼれた球を押し込んだがオフサイドの判定でゴールを認められず、0対1で敗れた。この結果、昨年8月の第20節(FC東京戦)以来続いていたリーグ戦無敗記録は19で止まった。

写真(山本真人、桑山輝明)=11分、川崎FのFW大久保嘉人(#4)のシュートを防ぐ広島のGK林卓人(#1)

180331frontale-1ともに開幕から負け無しの3勝1分けで得失点差で川崎Fが1位、広島が2位の首位対決とあって、等々力競技場はチケットが完売でほぼ満席の240,18人の観客が来場、試合前から熱い応援をくり広げた。
川崎Fは、日本代表の2試合に出場したベンチスタートのFW小林悠(#11)に代わりFW大久保嘉人(#4)がリーグ戦初先発、マリ戦で負傷したMF大島遼太(#10) に代わりMF森谷賢太郎(#19)がボランチとして出場。
試合は、開始直後に広島に与えたペナルティエリア近くのフリーキックをしのぐと川崎Fがボールを保持、11分に大久保がシュートを枠に放ったが、広島のGK林卓人(#1)のビックセーブで防がれた。川崎Fは、その後もチャンスを作るが広島の体を張った固い守備に阻まれると、しだいに広島のカウンター攻撃を受ける回数が増え、前半を0対0で終えた。
後半、互いに譲らない展開となり、流れを変えるため広島は59分に守備でも活躍したFW工藤荘人(#9)に替えMF川辺駿(#36)を、川崎Fは森谷から小林と早めに交代カードを切った。その後、互いにチャンスは作るが枠内へのシュートとはならず無得点のまま時間が過ぎた。85分にコーナーキックからGKチョン ソンリョン(#1)が一度はクリアしたボールをつながれFWパトリック(#39)に押し込まれ先制を許した(写真左)
180331frontale-3ホームで負けられない川崎Fは反撃、78分にDF登里享平(#2)と交代した長谷川が終了間際にゴール前の混戦から押し込みゴールを揺らした。だがこのシュートは主審と副審の話し合いの結果ノーゴールとなり、観客席からは大きなブーイングが巻き上がったものの判定変わらず、両チームの選手の意地がぶつかり合う白熱した試合は、後味の悪い結果となった。
川崎Fの次のホーム試合は4月11日で19時からセレッソ大阪と対戦する。

2018-04-05 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2018年3 月28日 (水曜日)

狛江市で4月1日に桜まつり : 26日から西河原公民館前などでライトアップ

20180327sakuralightup-1狛江市の多摩川団地付近の根川さくら通りで4月1日に第4回こまえ桜まつりが行われる。期間中に夜桜を多くの人に楽しんでもらおうと3月26日から同市元和泉の六郷さくら通りの西河原公民館前と水神前から多摩川堤防まで間で桜のライトアップが行われるほか、30日には西河原公民館の3階ホールで桜コンサートも開かれる。

写真=西河原公民館前のライトアップされたソメイヨシノ(3月27日撮影)

20180327sakuralightup-2ライトアップは「こまえ桜まつり」の一環として行われているもので、当初は29日から3日間の予定だったが、桜の見頃が早まったため、急きょ26日からの実施となり、午後6時〜8時に沿道の桜を照らし出す。29日と30日は狛江市シルバー人材センターによるさくら茶の無料配布(なくなり次第終了)がある。
30日午後6時30分からの桜コンサートは、市内在住のヴァイオリニスト飯守朝子さん、ピアニスト小井土文哉さんがベートーヴェンのピアノとヴァイオリンのためのソナタ「春」などを演奏、先着150人が無料で入場できる。また会場まえのロビからライトアップされた桜も官署できる。
桜まつりは、時間は午前10時から午後4時までで、根川さくら通りのメイン会場に、ケバブ、モツ煮などのキッチンカー18台、市民団体が出店するヤマメ塩焼き、焼き鳥、広島焼、おでん、和菓子など15の店舗が、花見を楽しんでもらう趣向だ。サブ会場の多摩川住宅ニ棟中央公園にはキックターゲット、ふわふわドームなどのキッズコーナーを開設、親子で楽しめる。また、根川地区センターバス停付近ではストリートダンスコーナーが設けられ、狛江第二中学校ダブルダッチ部と狛江ストリートダンス協会がダンスなどを披露する。根川地区センターではパラリンピックの競技「ボッチャ」の体験ブースや、オリンピック・パラリンピックのPRブースなどがある。
当日は午前8時〜午後6時は会場となる根川さくら通りの区間は自動車、バイク、自転車が通行禁止となる。また駐車場がないため、自転車やバスなどを利用するよう主催者側では呼びかけている。
このほか、関連イベントとして3月31日午後5時30分からむいから民家園で「むいから能楽鑑賞会」が行われ、市内在住の能楽師・中村昌弘さんが主宰する故おまえ能楽普及会の会員が能や謡の一部を披露する。4月1日午前10時から午後4時まで同園で昔遊びとミニ工作がが催される。
問い合わせは電話03-3430-1149狛江市役所秘書広報室。

2018-03-28 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース, 音楽, | Permalink | コメント (0)

2018年3 月 4日 (日曜日)

J1・川崎フロンターレが湘南ベルマーレと1対1:ホーム開幕戦は6年連続で引き分け

180302frontale-2Jリーグ第2節の9試合が3月2〜5日の3日間に開催。川崎フロンターレは、第1日程の2日の金曜日に川崎市中原区等々力の等々力陸上競技場で今季j1に復帰した湘南ベルマーレと対戦した。ホーム開幕の川崎Fは、FW小林悠(#11))が56分に先制したがすぐに追いつかれ1対1の引き分けに終わった。
川崎Fはホームでの開幕戦の引き分けが2013年から続いており、ことしで6年連続と記録を更新した。今季はひと足早く開幕したAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の初戦も負けており、ホームでの白星はお預けとなった。

写真(撮影 : 山本真人、安永能美)=56分、小林悠(#11)の先制ゴール

180302frontale-3川崎Fは、ACLで2敗、その前のゼロックススーパーカップでもセレッソ大阪に敗戦し公式戦3連敗でリーグ戦の開幕をアウェイで迎えたが、ジュビロ磐田に3対0と快勝、ホームで連勝して開幕ダッシュにのりたいところ。一方の湘南も、V・ファーレン長崎と昇格組同士の対戦で勝利しており連勝をめざす。
平日のナイターだったが、神奈川ダービーとあってアウェイチームののサポーターも大勢来場、22,475人が観戦した。
川崎Fは、開幕戦の接触による負傷の大事を取ったGKチョン ソンリョン(#1)に替わり新井章太(#30)が先発以外は1節と同じメンバー。
試合は、立ち上がりに続けてコーナーキックを得た湘南の攻撃を落ち着いてかわした川崎Fが次第にゲームを支配し、最前線のFW知念慶(#20)が体を張ってチャンスを作るもののフィニュッシュのタイミングが合わない。19分にDFエドゥアルド(#23)が負傷、急きょ奈良竜樹(#2)が送り出され、その後も攻め続け、周南の倍の6本シュートを打ち33分には知念がビックチャンスを作ったが(写真左)相手GKの好セーブなどで得点できず前半を0対0で折り返した。
180302frontale-4後半、ボールを握った川崎Fは、MF家長昭博(#41)のセンタリングに合わせた小林のヘディングで先制した。しかし66分、相手に与えたコーナーキックの混戦でヘディングのこぼれた球を新卒のFW松田天馬(#18)に押し込まれて失点、同点となった。(写真右)
ホームで勝ちたい川崎Fは69分にFW大久保嘉人(#4)、83分にMF阿部浩之(#8)を送り出しチャンスはつくるもののシュートの精度が今ひとつ足りず追加点を奪えなかった。一方の湘南も終了間際に交代したFW野田隆之介(#15)が川崎ゴールに迫ったが、新井の好セーブに阻まれ試合をひっくり返すことができず、両チームとも連勝はできず勝点1の積み上げに終わった。
川崎Fの次のホーム試合は、3月7日19時からACL第3節メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦、リーグ戦は3月10日13時からはガンバ大阪と対戦で、ホーム初勝利が期待される。

2018-03-04 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2018年1 月30日 (火曜日)

川崎市の麻生不動でだるま市:境内除雪し開催、売り声響く

180128darumaiti-2川崎市麻生区下麻生の麻生不動院で1月28日、恒例のだるま市が開かれ、縁起物のだるまや火伏せのお札などを求める参拝客で終日にぎわい、境内はだるま屋の客寄せの呼び声があがっていた。

 

180128darumaiti-1周辺の参道はだるまをはじめ、植木や食べ物など約400件の露店が並んだ。だるま屋によると、売れ筋は高さ15〜20cmの4〜7号、価格は2000円から4000円のもので、だるまが売れるたびに「商売繁盛、家内安全。ヨヨヨイ ヨヨヨイ、ヨヨヨイのヨイ」と威勢のいい掛け声があがっていた。
麻生不動院役員の高桑光雄さんによると、境内は1月22日に降った雪が寒さで解けず雪が20cmほど積もっていたため、境内でだるまを売る地元の王鶴組合の組合員約15人で2日前の1月26日に小型のユンボを使って約4時間がかりで除雪をして開催にこぎ着けたという。
ことしは日曜日の開催で多くの人出が予想されたが、主催者によると寒さの影響で「毎年立ち寄る年配の客の中には、雪のせいで来なかった人が何人もいた」と話し、例年より1割程度人出が少なかったという。

2018-01-30 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区 | Permalink | コメント (0)

2018年1 月24日 (水曜日)

川崎フロンターレの小林悠選手に川崎市スポーツ特別賞:MVPと得点王の2冠たたえる

180123kobayashi001川崎市は、昨シーズンのJリーグ最優秀選手賞と得点王の2冠を獲得した川崎フロンターレの小林悠選手(30)にスポーツ特別賞を贈った。1月23日に市役所で福田紀彦市長から小林選手に表彰状と記念品のガラス製トロフィー「躍(やく)」、賞金10万円が手渡された。

写真=福田市長(右)から記念のガラス製トロフィー「躍(やく)」を受ける小林選手

180123kobayashi002スポーツ特別賞は2005年に設けられて以来、団体・個人合わせて30件に贈られており、今年度はJ1リーグで初優勝した川崎フロンターレ、ライスボウルで2連覇を達成した富士通フロンティアーズなどに贈られた。また、フロンターレからは中村憲剛、大久保嘉人、川島永嗣、稲本潤一、鄭大世の各選手が受賞しており、小林選手は6人目。
表彰式の席上、福田市長は「川崎市では昨年、いろんなうれしいニュースがあったが、市民が圧倒的に喜んだのがフロンターレの優勝と小林選手の活躍。毎試合、キャプテンとして見せる気迫あふれるプレーとあきらめない精神を見せてくれたことに、市民全体が大きな勇気をもらったと思う」と功績をたたえるとともに、今シーズンの活躍を祈っていた。
これに対し小林選手は「このような名誉ある賞をいただき、うれしい。この賞に恥じぬようにこれからもずっとフロンターレでがんばっていきたい」と話し、福田市長から昨シーズン初めてキャプテンを務めたことについて質問され、「始めはチームをまとめるのがすごく大変だったが、プレーで引っ張ることに専念するようになって肩の荷が下り、自分としてもチームとしても結果が付いてくるようになった」と打ち明けていた。

2018-01-24 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2018年1 月12日 (金曜日)

川崎市麻生区役所広場で七草がゆ:伝統の「ふるさとの味」に舌鼓

180107nanakusaXJ6A3970川崎市麻生区役所広場で1月7日、麻生区産の米や野菜で作った「あさお古風七草粥(がゆ)の会」が催され、家族連れやお年寄りなど1,000人がスズシロ(ダイコン)、スズナ(カブ)、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホチケノザ、セリの春の七草が入った手作りの「ふるさとの味」を野外で楽しんだ。

写真=区役所広場で七草かゆを楽しむ人たち

七草粥の会は、麻生区文化協会(菅原敬子会長)が無病息災を祈る地域の食文化を多くの市民に味わってもらおうと2004年から麻生区役所と共催で7日に開催しており年々参加者が増え、今回で15回目を迎える新年の風物詩となっている。
伝統の味が無料で振る舞われるのに加えことしは休日にあたったこともあり、午前10時前からシニアの夫婦や幼児を連れた家族などが次々と訪れ、開始の11時には長蛇の列となった。
参加者は、和服にかっぽう着姿の文化協会の女性らがよそった粥を「体があたたまる」「家で作るより楽」などと話しながらのんびりと味わっていた。なかにはあつあつの粥に息を吹きかけて、冷ましながら幼児に食べさせる親もいた。
粥づくりに使われたのは黒川で作られた米35キロと同会会員が5日に古沢の川でつんだセリやナズナのほか片平の中山茂さんから寄贈されたダイコン、カブなどを使い、前日に会員10数名が七草の下準備をし、当日は午前9時前から調理担当者が交代で麻生市民館調理室で、米1に対し水5の割合で約1時間かけてかゆをたき、七草を入れて仕上げ、1度に20〜30人分を作って会場に運び、大ナベに移して配食した。モチは早野聖地公園のボランティアが里山活動で作った炭を使って焼いた。
会場には、七草摘み、炭焼きや早野の里山活動、体験農業の米作りなど、かゆができるまでの作業の写真も展示した。
市民館入り口横の階段状になった屋外ステージでは、「麻生童謡を歌う会」が正月にちなんだ歌などなつかしい唱歌を披露。白山神社お囃子保存会やおはやしを披露、カルタとりやたこあげなど昔の遊びで七日正月に花を添えた。

2018-01-12 in 02)イベント・催事, 09)市民活動, b) 川崎市のニュース, b1) 川崎市麻生区, | Permalink | コメント (0)

2018年1 月11日 (木曜日)

狛江市で成人式:社会人の自覚新たに夢に向かい第一歩

180108seijinshiki004狛江市の成人式が「成人の日」の1月8日、小田急線狛江駅前のエコルマホールで催され、参加した新成人たちは社会人としての第一歩を踏み出す決意を新たにしていた。

写真=高橋市長に向かい誓いの言葉を述べる新成人

写真ニュースを見る>

180108seijinshiki005同市の新成人は昨年より約70人多い800人。式典には、現在市外に住んでいる参加希望者を含め824人に招待状を送付し、当日は435人が参加した。
同市の成人式は公募した新成人10人が実行委員会(田崎悠委員長)を組織して催しているのが特色で、昨年9月から企画の立案などの準備を進め、式典でも司会などの運営に当たった。
第1部の式典では、主催者を代表し高橋都彦市長が「成人おめでとうございます。これからの皆さんには前途洋々たる道が開け、無限の可能性があります。一度きりの人生です。1日1日を大切に過ごしてください。全国的に人口が減少するなかで狛江は増え続けています。その原因のひとつとして狛江の街がコンパクトで顔と顔の見える関係がつくりやすいことにあると思っています。(狛江は)『日本一安心で安全なまち』の実現を目指しており、『障がいのある人もない人も地域で自立して生活していける社会づくり』を目標に追加しました。1月14日の初春まつりや4月の桜まつりなど多くのイベントに足を運んで街への認識や愛着を深めてください」と祝辞を述べた。
180108seijinshiki006これにこたえて、新成人代表の石賀万葵さんと川上優太朗さんが「私たちは本日の成人式をもって、生活や立場は違いますが、社会の一員として歩み始めます。現在では18歳以上に選挙権が与えられますが、成人という節目で今一度、主体的に社会と向き合う責任の重さを感じています。スポーツの世界では素質のある選手でさえ、努力を怠りません。新成人の私たちも、目標は違いますが『自分をより成長させよう』『社会で活躍できるように』と日々努力を重ねています。おとなとしての自覚と大きな夢を持って、あらゆる分野で活躍していくことを誓います」と誓いの言葉を述べた(写真左上)
180108seijinshiki007第2部では、小・中学校の行事の写真や教師からのビデオレター投映(写真右中)に続いて、ディズニーランドのペアチケットなどが当たる抽選会が行われた(写真左下)。ことしの新企画の「新成人の主張」では、会場からステージに上がって、思っていることなどを次々と発言。両親への感謝の言葉だけでなく、「母のティーカップを割ってしまった」といったざんげや、愛の告白も飛び出し、会場は笑いやどよめきに包まれていた(写真右下)
180108seijinshiki010第3部は同ホールの展示・多目的室で立食パーティーが催され、久しぶりに再会したかつての級友や恩師と近況報告や思い出話に花を咲かせていた。

 

2018-01-11 in 02)イベント・催事, 04)教育・子ども , a) 狛江市のニュース | Permalink | コメント (0)