« 川崎市の市営プールが予約制で開場 : 市民限定で申し込み受け付け | メイン | Jリーグ 川崎フロンターレが大分トリニータに完封勝利:8連勝でチーム記録更新 »

2020年8 月11日 (火曜日)

Jリーグ 川崎フロンターレが湘南ベルマーレに3対1:2試合連続で逆転勝ちし6連勝

200726syonan01Jリーグ第7節が7月26日に行われ、1位の川崎フロンターレは川崎市中原区の等々力陸上競技場に15位の湘南ベルマーレを迎えて対戦。川崎Fは後半に先制されたが、すぐに今シーズン湘南から移籍したDF山根視来(#13)が同点ゴール。さらに今季入団のFW三笘薫(#18)のリーグ戦初ゴールで逆転、MF田中碧(#25)が追加点を決めて3対1で逆転勝ちした。

写真(撮影 :桑山輝明)=61分、DF山根視来(#13)が同点ゴール

湘南_DSC0511
ボールを競り合うFW家長昭博(#41)

今節はサンフレッチェ広島・名古屋グランパス戦が、名古屋に新型コロナウイルスの感染者が出たため、急きょ試合延期となり、残り8試合が行われた。
神奈川ダービーとなった試合は、川崎Fが前半からボールを支配してチャンスを作るものの湘南のGKのファインセーブなど守備陣の堅い守りに阻まれ、前半を0対0で折り返した。
川崎Fは後半開始直後から、再三相手ゴールエリアでチャンスを作るもののゴールを奪えず、逆に湘南がワンチャンスからFWタリク(#11)に技ありのバイスクルシュートを決められ先制を許した。失点した川崎Fは、直後に選手を2人代えて反撃、61分にカウンターから山根が同点ゴールを決めて試合を振り出しに戻した。その後、途中交代の三笘が逆転、田中が追加点と若手の活躍で、前節のベガルタ仙台戦に続いて2試合続けて逆転勝利した。新型コロナウイルス感染防止による中断からリーグ戦が再開された7月4日から続くハードスケジュールの中で6連勝と好調を保っている。

2020-08-11 in 02)イベント・催事, 06)政治, b5) 川崎市中原区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink

コメント

コメントを投稿