« フロンターレ退団選手の送別会 | メイン | ナビスコ決勝戦の反省 : 森勇介選手の笑顔 »

2009-11-05

ナビスコカップ準優勝 : 2位の重みとスポーツマンシップ

3度目のチャレンジとなるナビスコカップ決勝戦で「一位以外のタイトルはいらない」と自らを鼓舞していた川崎フロンターレが、またも準優勝に終わり、涙をのんだ。

一度はともにJ1に昇格した対戦相手・FC東京は得点源の主力選手のけがなど不安材料を抱えていたのに対し、川崎フロンターレはリーグ1の得点力で好調をキープし万全の準備で試合に臨んだだけに、敗戦のショックが大きく表彰どころではなかったのかもしれない。ロイヤルボックス前の表彰台にもたれ込む、首にかけられた銀色のメダルをすぐ外す、握手に応じない、優勝チームの表彰を座り込んだままで見ないなど「態度が悪い」とJリーグチェアマンらからクレームをつけられた。
クラブは、翌日社長がJリーグお詫び行きコメントを発表。11月5日には社長が練習前の選手らに直接指導、キャプテンなどを伴いJリーグに再びお詫びに行き、賞金の全額返還、一部の選手の公式戦出場辞退などを申し入れする異例の事態となった。
2年前の準優勝の時も、悔しさのあまりメダルを外す選手がいたが、今回ほどではなく、唇をかみしめながらも再びこの舞台にのぼることを誓った。銀色のメダルは18チームのうちの2位で、決して恥ずかしいものではないはずだが、「初タイトル」にこだわるあまり「いらないもの」になってしまったのだろうか? 大会を準備した関係者や優勝チームに対して失礼というばかりではなく、この場に臨めなかったチームに対しても不遜な態度だったと言わざるを得ない。
初の決勝に臨んだ2000年、リーグ戦成績不振のため1年でJ2降格が決まるなかでの準優勝は、クラブにとっては唯一といってもいいほどの明るい話題だった。選手らは堂々と表彰台に昇り、祝勝会の準備をしていたホーム等々力競技場で寒空のなか、選手は笑顔でサポーターとともに記念写真を撮影、2位の重みと喜びをかみしめていたと記憶している。
プロスポーツの世界では勝利にこだわるのが当たり前だが、もう一度原点に戻ってスポーツマンシップを心に刻みつけ、残りのリーグ戦、天皇杯を堂々と戦ってもらいたい。(ネコ)

Posted by k-press on 2009-11-05 at 11:22 午後 in ウェブログ, スポーツ, 川崎市 | Permalink

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01287752e364970c0128775357e8970c

Listed below are links to weblogs that reference ナビスコカップ準優勝 : 2位の重みとスポーツマンシップ:

コメント

コメントを投稿