« スローダウンの日々 | メイン | ユニバーサルデザインの靴 »

2007-12-11

松葉杖の生活

松葉杖生活が始まって2週間が経つ。
医師から、できるだけ動かない、歩行時は絶対にかかとを付けてはいけない、イスに座っている時も足を高くしているよう言い渡された。自宅までの移動が困難で、事務所に仮住まいの生活をしている。 

両手で松葉杖を使うためお茶一杯すら運べず、食事の手配をはじめ身のまわりのことはほとんど人に頼むしかない。骨折の経験は2度目だが、前回の尾てい骨骨折と違って、傷みが強くないのが唯一の救いだ。
この間、診察も含めやむを得ない用事で3回だけ外出した。一番大変なのが2階の事務所から道路までの移動。松葉杖で階段を下りるのは、バランスがうまく取れず怖い。幸いなことに階段に手すりが付いており、これに伝ってゆっくり片足跳びで降りる。松葉杖は、あらかじめ友人に運んでもらった。1回目の移動は、車イス付の移送車だったので問題はなかった。その後はタクシーと一般乗用車だったが、乗るのに一苦労。松葉杖で体を支えながら座席に座るのだが、これがなかなか大変、ドアに足をぶつけながらようやく乗り込む始末だった。
そこで気づいたのが、車や玄関のドアも含めて扉の形状。引き戸ならば、体を片側の杖で支えて動かせるが、ドアの場合は、自分の立つ場所によっては困ったことが多い。特に大変なのがバネの力で開閉するドア。車イスで外出した場所は、3万人もの人を収容する競技場だったが、車イス用トイレが見つからず、ドアの前で利用する女性が来るまで待つことになった。
体の機能が下り坂の筆者にとっては、よい経験ができたと考えるよりほかはない。(ネコ)

Posted by k-press on 2007-12-11 at 03:11 午前 in ウェブログ | Permalink

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01287752e364970c0120a850b711970b

Listed below are links to weblogs that reference 松葉杖の生活:

コメント

コメントを投稿