2016年12 月27日 (火曜日)

天皇杯準々決勝・川崎フロンターレがFC東京に2対1で勝利 : 9シーズンぶりに準決勝に進出

161224frontale 03第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝の4試合が12月24日に各地で行われ、川崎フロンターレは、調布市西町の味の素スタジアムで、FC東京と対戦した。
試合は、来シーズンFC東京へ移籍予定のFW大久保嘉人(#13)のゴールで先制したF川崎が2対1で勝利、2007年以来9シーズンぶりに準決勝に進出した。

準決勝は12月29日で、川崎Fは横浜市港北区の日産スタジアムで15時から大宮アルディージャと対戦する。

写真(撮影 : すべて山本真人)=20分、大久保嘉人の先制に喜ぶ川崎fイレブン

161224frontale 01ことし3回目となる多摩川クラシコで、リーグ戦では川崎Fが2勝している。
川崎Fは、
クラブ創設20年の節目でリーグ戦はあと一歩のところでタイトルを逃しておいる。来季は監督も替わりエースの大久保が抜けるため最後のチャンスとなるこの大会にかける思いが強い。一方、東京はリーグ戦は9位と振るわなかったが、AFCアジアチャンピオンリーグに出場しラウンド16に進出、アディショナルタイムでベスト8を逃した悔しさを晴らすためにもACL連続出場を望んでおり、両チームともモチベーションは高い。
161224frontale 02会場には青や赤のチームカラーのサンタ帽などを身につけた多くのサポーターが来場、29,378人が観戦した。
試合は、立ち上がりから川崎Fが攻勢に出てパスをつないでチャンスを作り、20分に右サイドをかけ上がったDF田坂祐介(#6)のセンタリングに大久保が反応して先制した。その後、東京の反撃をかわし、登里のインターセプトから28分にMFエウシーニョ(#18)が追加点を奪った。2失点した東京は、落ち着きを取り戻しMF中島翔哉(#39)を中心に反撃、前半を川崎Fの2点リードで折り返した。
161224frontale 05東京はハーフタイムに負傷明けで先発したDF徳永悠平(#2)に替え小川諒也(#25)を送り出した。後半は、
攻守の切り替えが早くなり、カウンターの応酬で一進一退の攻防が続いた。追いつきたい東京は、63分にFW前田遼一(#20)に替えFW平山相太を、75分には水沼宏太(#48)からFW阿部拓馬(#44)と早めに選手を入れ替えた。
161224frontale 06
終了間際、ボールをかわす川崎fの中村憲剛(#14)

川崎Fは72分に攻守にわたり活躍した登里からMF三好康司(#26)、83分に小林悠(#11)からDF板倉滉(#28)を投入、全員が高い守備意識で相手の攻撃をかわした。終了間際の90分には大久保を下げMF中野嘉大(#22)を投入したが、4分のアディショナルタイムが表示された直後に相手の直接フリーキックから平山にヘディングを許して1点差に迫られ(写真左中)、なおも反撃されたが守備陣が粘って守り切り準決勝にコマを進め、悲願のタイトルに望みをつないた
161224frontale 07試合後は、得点を挙げた大久保とエウシーニョが青いサンタ帽を被ってサポーターに笑顔で「このメンバーでやれるのは後2試合ナノでみんなで頑張る」とあいさつ、大きな拍手とコールを受けていた。

2016-12-27 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, e)調布市, h)東京都, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年12 月17日 (土曜日)

アメフトXボウル : 富士通フロンティアーズがオービック シーガルスに勝利 : 2年ぶり2度目の社会人王者

161212cameronアメフトの社会人日本一を決める「JAPAN X BOWL(第30回アメリカンフットボール日本社会人選手権)」が12月12日、東京ドームで行われた富士通フロンティアーズとオービック シーガルスと対戦。富士通が守備陣の活躍でシーガルスの攻撃を封じ16対3で快勝し2年ぶり2度目の社会人王者に輝いた。富士通は1月3日に同会場で行われるライスボウルに進出する。

写真(撮影 : 池田理)=MVPに輝いた富士通フロンティアーズのQBコービー キャメロン(#3)

写真ニュースを見る>

富士通は4年連続8回目の出場。昨年はパナソニック インパルスの驚異的な粘りで再逆転されて連覇を逃したが、その悔しさをバネに今シーズン勝ち上がってきた。一方のオービックは、3年ぶり10回出場で過去最多の9回目の優勝を目指した。
会場には、両チームのファンなど25,455人が観戦、応援合戦を繰り広げていた。
試合は、富士通が第1クォーター(Q)で、タッチダウンのパスは失敗したが5分26秒にフィールドゴール(FG)で先制、第2Qでも5分45秒と11分22秒にFGを決め9対0で前半を終えた。
第3Qでは、オービックのクォーターバック(QB)が経験豊富な菅原俊(#6)に替わり富士通は自陣1ヤードまで攻め込まれたが、ディフェンス陣がしのいでタッチダウン(TD)を許さず相手FGで逃げ切った。富士通は11分21秒にはランニングバック(RB)のジーノ ゴードン(#29)が待望の初TDを決め、16対3と再び点差を広げた。第4Qでもオービックに攻め込まれたが、富士通のデフェンス陣がQBサックなどで防ぎ、リードを守って勝利した。
MVPには富士通のQBコービー キャメロン(#3)が選ばれた。

2016-12-17 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, h)東京都, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年11 月 1日 (火曜日)

J2・FC町田ゼルビアがカマタマーレ讃岐に0対1で敗戦 : シュート18本空砲、数的優位生かせず

161030zelvia 04明治安田生命J2第38節の試合が10月29日と30日に行われ、第2日程のFC町田ゼルビアはホームの町田市野津田の町田市立陸上競技場でカマタマーレ讃岐と対戦した。
町田は讃岐の激しいボールチェックに手こずり、9分に2年前まで在籍したFW木島徹也(#13)に恩返しの失点を許し、57分に相手が退場して数的有利になったものの、讃岐の体を張った堅い守備を崩せず0対1で敗戦した。

写真(撮影 : 山本真人、安永能美)=試合終了、立ち上がれない町田の選手と喜ぶ讃岐の選手

161030zelvia 03リーグ戦は残り5試合。町田は一時の勝ちきれない状態から抜け、復調の兆しを見せており、7位をキープ、3連勝をめざす。一方の讃岐は、19位だが最下位との勝ち点差はわずか3と厳しい残留争いの渦中にあり、勝ち点を少しでも積み上げたいところ。
競技場では、3,580人が観戦した。
試合は立ち上がりから、讃岐が厳しいボールチェックで攻勢に出て9分に先制(写真左上)。町田はセカンドボールが拾えず攻めきれない時間が続くが、その後何度かチャンスをつくるものの讃岐の長身DFエブソン(#30)やGK淸水健太(#1)に阻まれ、前半を0対0で折り返した。
161030zelvia 02後半、町田は51分にFW仲川輝人(#25)がペナルティエリア内で倒されPKを得たがゴールポストの当たって同点のチャンスを逸した(写真右)。57分に讃岐のFW仲間隼人(#19)がこの日2枚目のカードで退場、町田は
相手にシュートを一本も打たせず、中盤の選手を3人交替して一方的に攻め続けた。
しかし町田は、降格圏争いから抜け出すためには負けられない讃岐の気迫がこもる体を張った堅い守備を崩せず(写真左下)完封負けを喫した。
161030zelvia 05試合後の会見で相馬監督は「何度もチャンスはあったのですが、点を取る、取らせないという最後の勝負の部分で、相手に上回られてしまったのかなと思います。結果だけでなく、内容の部分でも物足りなさが残りました。今日のことをしっかりと受け止めて、残り4つ、どの相手にも自分たちの力を出せるように準備をしていきたいと思います」と悔しさをkかみしめて話した。
次のホームゲームは、11月3日14時からプレイオフ出場権内の5位ファジアーノ岡山と対戦する。この試合は、町田が関東リーグ在籍時代から応援している俳優の谷原章介さんが応援のため来場、イベントに参加する。

2016-11-01 in 02)イベント・催事, c)町田市, h)東京都, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年10 月13日 (木曜日)

FC町田ゼルビア:10月16日のロアッソ熊本戦で熊本地震復興支援イベント くまモンも来るよ

FC町田ゼルビアが、10月16日のホームゲームで対戦するロアッソ熊本戦(キックオフ16時)で熊本地震の復興支援イベントを行う。当日は会場にくまモンも来場する。イベントはマッチデースポンサーのイーグル建創とFC町田ゼルビア後援会、サポーターと協議・連携して行うもの。

募金活動のほか、被災者応援フラッグの寄せ書きのほか、同クラブのマスコットゼルビー君とイーグル君のコラボのマフラータオルを販売し収益を復興支援金として寄付する。このほか、当日試合の公式戦のないJ1リーグのサポーターを応援するサポーターを対象に、応援用マフラーを持参し、当日の熊本戦観戦チケットを持参した先着100人くまモングッズ(おとな用はし2膳、開運お守り、タオルハンカチ、学習帳の予定)のなかから1点をプレゼントする。グッズのプレゼント会場は、町田市立陸上競技場外側に設けられた飲食店などが並ぶゼルビーランド内の同後援会ブースで、時間は13時30分から15時30分。
問い合わせは、電話042-735-6050FC町田ゼルビア。

2016-10-13 in 02)イベント・催事, 09)市民活動, c)町田市, h)東京都, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年10 月 3日 (月曜日)

J2・FC町田ゼルビアが東京ヴェルディに2対1 : 数的劣勢はね返し逃げ切る ホームで84日ぶり勝利

161002zelvia 01明治安田生命J2第34節の11試合が10月2日に行われ、FC町田ゼルビアはホームの町田市野津田の町田市立陸上競技場で東京ヴェルディと対戦。町田は前半に2点を先制、退場で1人少ない数的劣勢にもかかわらず東京ヴェルディの反撃を1点に抑えて逃げ切り、勝利を収めた。ホームでの勝利は7月10日第22節の山形戦以来、84日ぶり。
写真(撮影 : 山本真人、安永能美)=41分、2点目のゴールに喜ぶ町田のFW中村祐也(#11)

161002zelvia 054年ぶりに復活した「東京クラシック」の2戦目。第5節の味の素スタジアムで行われた東京Vのホームゲームでは、昇格後に順調なスタートを切った町田が1対0で勝利した。しかし、町田は2巡目の対戦となるリーグ後半戦は勝ちきれないゲームが続き、ホームで勝利して残りのシーズンの順位を上げたいところ。
一方の東京Vは、Jリーグ先輩としても同じチームに2敗するわけにはいかない。
町田は、8分にMF中村祐也(#11)のヘディングゴールで先制した。26分にDFカルフィン ヨン ア ピン(#37)がこの日2枚目のイエローカードで退場、町田は1人少なくなったが積極的に攻撃を展開、41分にMF中村(#11)が2点目のゴールを決めて前半を2対0で折り返した。
この日打った2本のシュートをすべて得点にした中村は、前半終了間際に負傷退場、代わりにMF
井上裕大(#15)がピッチに入った。
161002zelvia 03後半に入ると東京ヴェルディが数的優位を生かして攻勢に転じ、68分に昨年まで町田にいたDF平智広(#5)の恩返しゴールで追撃した(写真右)しかし、町田は全員で東京ヴェルディの猛攻をしのぎ、2対1で勝利を収めた。
順位を8位から7位に上げた。
競技場外のイベント会場では、東京クラシックを盛り上げるさまざまな催しが行われ、東京Vに
キングカズが在籍していたころなど歴代ユニフォームを展示するコーナーが(写真左)人気を集めていた。
町田の次のホームゲームは36節10月16日16時からロアッソ熊本と対戦する。

2016-10-03 in 02)イベント・催事, c)町田市, f)稲城市, h)東京都, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年8 月20日 (土曜日)

狛江市の多摩川で灯ろう流し:536基が川面照らす夏の風物詩

160819ttamagawatoronagashi 04「狛江多摩川灯ろう流し」(多摩川灯ろう流し実行委員会主催、狛江市観光協会後援)が8月19日、多摩水道橋下流の狛江市側河川敷で催され、夜の川面を静かに漂う536基の灯ろうを見つめ、亡くなった人をしのびながら夏の風物詩を楽しんでいた。

写真=多摩川を流れる灯ろう

写真ニュースを見る>

160819ttamagawatoronagashi 02河川敷にしつらえられた祭壇で狛江市仏教会の市内6つの寺院の僧りょによる読経が流れる中(写真左)、空が暗さを増した18時30分頃から小田急線多摩川鉄橋付近にとめた屋形舟から、ボランティアの実行委員たちが灯ろうのろうそくに次々と点火(写真右)、川に流した。
160819ttamagawatoronagashi 03広い河川敷には家族連れやカップル、アマチュアカメラマンなどが次々と見物に訪れ、暗い水面に浮かんだ灯ろうが作り出す光の軌跡に見入っていた。祭壇では、焼香をする人の列ができ、故人の面影をしのんでいた。
この日は、開催前に一時空が急に曇り雨が降り出したが直ぐに雲が切れて主催者を安堵させた。しかし、風向きが刻々と変わり灯ろうを流す場所がなかなか決められず、船の位置を何度か変え積み込んだ灯ろうを流し終えるのに例年より時間がかかった。

この灯ろう流しは、江戸時代から続くといわれる多摩川の伝統的な夏の風物詩を市民の手で守り、世界平和と環境保全を願い、2005年から同市内の寺院関係者とボランティアの市民が実行委員会を結成、運営を行っている。

2016-08-20 in 02)イベント・催事, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, h)東京都 | Permalink | コメント (0)

2016年8 月17日 (水曜日)

狛江市の多摩川で8月19日夕に灯ろう流し:川面彩る数百基の光

150821tourounagashi088 のコピー数百基の灯ろうが川面を彩る「多摩川灯ろう流し」(多摩川灯ろう流し実行委員会主催、狛江市観光協会後援)が、8月19日18時30分から多摩水道橋下流の多摩川狛江市側河川敷で催される。当日、雨天の場合は翌20日に順延。

写真=昨年の灯ろう流し

同市の灯ろう流しは屋形船に積んだ灯ろうを川に流すもので、江戸時代から続くといわれる多摩川の夏の風物詩。この伝統行事を市民の手で守り、世界平和と環境保全を願おうと、2005年から同市の寺院関係者とボランティアの市民が実行委員会を結成、灯ろうの点火や回収などの運営を行ってきた。 

灯ろうは1基1000円で、18日まで市内6カ所の寺院で申し込めるほか、当日16時から18時まで会場でも受け付ける。
見学は自由。
問い合わせは電話03(3489)8440円住院内多摩川灯ろう流し実行委員会事務局。

2016-08-17 in 02)イベント・催事, 09)市民活動, a) 狛江市のニュース, h)東京都 | Permalink | コメント (0)

2016年7 月27日 (水曜日)

J1・川崎フロンターレがFC東京に1対0 : 小林が5試合連続ゴールで2ndステージトップに返り咲く

160723furonntale 02明治安田生命J1セカンド(2nd)ステージ第5節の9試合が7月23日に行われた。川崎フロンターレは川崎市中原区の等々力陸上競技場でFC東京と対戦、5試合連続となるFW小林悠(#11)のゴールで1対0で勝利、2ndステージ1位に返り咲いた。

写真(撮影 : 山本真人、桑山輝明)=81分、ゴールに喜ぶ川崎Fの小林悠(#14)

160723furonntale 05 この試合は、多摩川を挟んだダービー「多摩川クラシコ」の28回目。今回は、7月29日公開の映画「シン・ゴジラ」が中原区の多摩川・丸子橋付近で自衛隊と決戦するストーリーにちなみゴジラとのコラボレーション企画「多摩川クラジゴ」(逆から読むとゴジラ)と命名、同映画主演の長谷川博己さんやゴジラの着ぐるみがキックオフに登場する(写真左上)などさまざまなイベントが行われた。チケットは完売で両チームのサポーターが大勢来場、競技場では24,103人が観戦した。

160723furonntale 03
FC東京ムリキ(#11)とボールを競り合う川崎F中村憲剛(#14)

川崎Fは、司令塔のMF中村憲剛(#14)が復帰、DFエドゥアルド(#23)がベンチ入りした。
試合は、川崎Fがショートパスを繋いで再三チャンスを作り、相手ゴール前に迫るが、FC東京守備陣がペナルティエリア付近でブロック、枠に入るシュートもGKの正面でゴールネットを揺らすことができない。
35分に川崎Fの攻撃の目を摘んでいたFC東京のMF米本拓司(#7)が負傷退場、代わりにMF高橋秀人(#4)が同じボランチに入った。その後は川崎Fが相手陣内でのプレーが多くなり前半だけで10本のシュートが打ったが0対0で折り返した。

160723furonntale 01後半、川崎Fの攻撃はさらに勢いを増したが、FC東京の体を張った堅い守備を崩せない状態が続いた。川崎Fは60分に、MF大塚翔平(#27)を下げ、エドゥアルドがピッチに投入、ボランチの中村がひとつ前のポジションに入ってDF谷口彰悟(#5)がMFエドゥアルド ネット(#21)とボランチを組んだ。その直後に、FC東京の快足FWムリキ(#11)がカウンター攻撃で川崎Fのゴール前に迫ったがGKチョン ソンリョン(#1)が好セーブでしのいだ。

160723furonntale 04
試合終了の両チーム選手

チャンスを作りながらも決定弾が決められなかった川崎Fが、ゴールを割ったのは81分だ。その直前の79分に相手ハンドでゴール前でFKを得たものの相手守備陣にあたりチャンスを逸したに見えたが、そのこぼれ球を中村が拾いDF車屋伸太郎(#20)にパス、車屋のセンタリングに小林が頭で合わせようやく得点を得た(写真左中)
3連敗を避けたいFC東京は、82分にMF東慶悟(#38)からMF田邉草民(#27)、85分に河野広貴(#85)からFW平山相太(#9)に替わりロングボールで攻撃の活性化を図ったが、追いつくことができず無得点で敗戦した。
160723furonntale 07川崎Fは無敗記録を14に伸ばし、年間勝ち点差2で迫る鹿島アントラーズが今節敗戦したため勝ち点差は5に広がった。
FC東京はこの対戦の翌日の24日に6年ぶりに再登板した城福浩監督を成績低迷を理由に解任、26日に篠田義之コーチが監督に就任した。
川崎fの次のホームゲームは8月6日19時からヴァンホーレ甲府と対戦する。

 

 

2016-07-27 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, h)東京都, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年6 月20日 (月曜日)

狛江市長選挙:当選の高橋氏、早くも2期目に意欲

160619sityousennkyo 01任期満了に伴う狛江市長選挙の投票が6月19日行われ、即日開票の結果、現職の高橋都彦氏(64)=無所属、自民、公明、狛江・生活者ネットワーク・民進推薦=が、新人の平井里美氏氏(54)=共産、社民、新社会、緑の党グリーンズジャパン推薦=に4,577票の差をつけて2期目の当選を果たした。

開票は21時から順調に進み、21時59分に当選が決まった。
高橋氏は前回より1,000票余り得票を伸ばした結果に「4年間の実績を評価していただきほっとしている。希望としては2万票取りたかったが、(相手陣営から)事実ではないことを言われた分が相手に流れた。これからの市政運営でその誤解を解けるようにし、1期目以上の前進につとめる」と話し、掲げた公約の多くは既に道筋をつけ8合目まで達成したと胸を張るとともに、今後は「約束したことは優先順位をつけながら、できるものは前倒しをして進めたい」と意欲を見せていた。
敗れた平井氏は「多くの人に支えていただき感謝している。短い期間に多くの出会いがあり、貴重な体験ができた」と選挙事務所に詰めかけた支持者に笑顔で感謝の言葉を述べた。告示の45日前に出馬表明、初の選挙に臨んだが、告示後は矢野裕前市長が選挙カーに同乗するなど支持の拡大に努め善戦した。前回の選挙で矢野市長の後継として出馬した田邉良彦氏の得票に約700票届かず、初の女性市長の誕生はならなかった。
投票率は47.01で、前回(2012年)を1.32ポイント下回った。  
 

2016-06-20 in 06)政治, a) 狛江市のニュース, h)東京都 | Permalink | コメント (0)

2016年6 月19日 (日曜日)

狛江市長選挙、きょう投票、21時から開票 : 期日前投票は前回よりわずかに上回る

任期満了にともない6月12日に告示された狛江市長選挙は、19日に市内14カ所の投票所で午後8時まで投票が行われ、午後9時から市立体育館で即日開票される。
同市長選には、無所属新人(共産党、社民党、新社会党、緑の党グリーンズジャパンが推薦)の平井里美(ひらい・さとみ)氏(54)と2期目を目指す無所属現職(自民党、公明党、狛江・生活者ネットワーク・民進党推薦)の高橋都彦(たかはし・くにひこ)氏(64)(選管届け出順)がの2人が立候補した。
当日有権者数は65,986人(男31,461人、女33,925人)で、前回の当日有権者数62,996人より2,390人増えている。
18日まで行われた期日前投票を済ませた人は5,699人(全有権者の8.63ポイント)で前回の4,816人(同7.64ポイント)よりわずかに上回った。

お知らせ

k-pressでは6月19日夜から狛江市長選挙の開票速報をお伝えします。

 

2016-06-19 in 06)政治, 10)社会, a) 狛江市のニュース, h)東京都 | Permalink | コメント (0)