« Jリーグ・26節 川崎フロンターレが北海道コンサドーレ札幌に7対0で圧勝 | メイン

2018年9 月24日 (月曜日)

Jリーグ・27節 川崎フロンターレが名古屋グランパスに3対1で勝利 : 首位・広島に肉薄

180922frontale-1Jリーグ第27節の試合が9月21・22・23日に行われ、川崎フロンターレは22日に中原区等々力の等々力陸上競技で名古屋グランパスと対戦、3対1で勝利した。首位のサンフレッチェ広島が引き分けたため勝ち点差が4に縮まった。川崎Fは第18節の湘南ベルマーレとの試合が台風で延期されたたため1試合少なく、26日の湘南戦の結果次第では、首位との勝ち点差が1に肉薄することになる。

写真(撮影 : 山本真人、桑山輝明)=34分、阿部浩之(#14)が追加点を決める

180922frontale-2川崎Fは前節の北海道コンサドーレ札幌戦に大勝しており、現在名古屋を率いている風間八宏前監督に、進化したチームの姿を見せたいところ。一方、川崎Fからエドゥアルド ネットを獲得するなどワールドカップロシア大会開催でリーグ戦中断中の6月末に複数の選手を獲得してチームを強化、7月18日の再開後に7連勝して降格圏から抜け出し12位につける名古屋は、前節V・ファーレン長崎に敗戦しており連敗は避けたいところ。
3連休の初日とあってスタンドでは23,790人が観戦した。

試合は立ち上がりから川崎Fがボールを支配、何度かチャンスを作るものの相手GKのセーブでゴールが奪えなかった。しかし20分、相手ゴール前にあげたMF大島僚太(#10)のボールを名古屋DFがヘディングでクリアしたが、球はゴールポストに当たってネットに吸い込まれオウンゴールで川崎Fが先制した。このゴールを弾みに川崎Fの攻撃はさらに強まり、34分にMF阿部浩之(#8)が追加点を奪い、前半を2対0で終えた。
川崎Fは後半も勢いを維持していたが、59分に一瞬のスキを突かれて失点した。しかし川崎Fはすぐに反撃、63分にFW小林悠(#11)が貴重な追加点を奪い(写真上左)、再び2点差に戻した。72分に体調不良の小林に代わってFW知念慶(#20)が、78分にMF中村憲剛(#14)に代わってDF登里享平(#2)がピッチに入ったが、川崎Fは集中力を切らすことなくゲームを支配、3対1で勝利した。
川崎Fの次のホーム試合は10月20日(30節)19時からのヴィッセル神戸戦。

2018-09-24 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink

コメント

コメントを投稿