« 2018年2 月 | メイン | 2018年4 月 »

2018年3 月28日 (水曜日)

狛江市で4月1日に桜まつり : 26日から西河原公民館前などでライトアップ

20180327sakuralightup-1狛江市の多摩川団地付近の根川さくら通りで4月1日に第4回こまえ桜まつりが行われる。期間中に夜桜を多くの人に楽しんでもらおうと3月26日から同市元和泉の六郷さくら通りの西河原公民館前と水神前から多摩川堤防まで間で桜のライトアップが行われるほか、30日には西河原公民館の3階ホールで桜コンサートも開かれる。

写真=西河原公民館前のライトアップされたソメイヨシノ(3月27日撮影)

20180327sakuralightup-2ライトアップは「こまえ桜まつり」の一環として行われているもので、当初は29日から3日間の予定だったが、桜の見頃が早まったため、急きょ26日からの実施となり、午後6時〜8時に沿道の桜を照らし出す。29日と30日は狛江市シルバー人材センターによるさくら茶の無料配布(なくなり次第終了)がある。
30日午後6時30分からの桜コンサートは、市内在住のヴァイオリニスト飯守朝子さん、ピアニスト小井土文哉さんがベートーヴェンのピアノとヴァイオリンのためのソナタ「春」などを演奏、先着150人が無料で入場できる。また会場まえのロビからライトアップされた桜も官署できる。
桜まつりは、時間は午前10時から午後4時までで、根川さくら通りのメイン会場に、ケバブ、モツ煮などのキッチンカー18台、市民団体が出店するヤマメ塩焼き、焼き鳥、広島焼、おでん、和菓子など15の店舗が、花見を楽しんでもらう趣向だ。サブ会場の多摩川住宅ニ棟中央公園にはキックターゲット、ふわふわドームなどのキッズコーナーを開設、親子で楽しめる。また、根川地区センターバス停付近ではストリートダンスコーナーが設けられ、狛江第二中学校ダブルダッチ部と狛江ストリートダンス協会がダンスなどを披露する。根川地区センターではパラリンピックの競技「ボッチャ」の体験ブースや、オリンピック・パラリンピックのPRブースなどがある。
当日は午前8時〜午後6時は会場となる根川さくら通りの区間は自動車、バイク、自転車が通行禁止となる。また駐車場がないため、自転車やバスなどを利用するよう主催者側では呼びかけている。
このほか、関連イベントとして3月31日午後5時30分からむいから民家園で「むいから能楽鑑賞会」が行われ、市内在住の能楽師・中村昌弘さんが主宰する故おまえ能楽普及会の会員が能や謡の一部を披露する。4月1日午前10時から午後4時まで同園で昔遊びとミニ工作がが催される。
問い合わせは電話03-3430-1149狛江市役所秘書広報室。

2018-03-28 in 01) 自然・環境, 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース, 音楽, | Permalink | コメント (0)

2018年3 月17日 (土曜日)

k-pressが今日の桜2018を3月17日に開設

180317sakura003東京で3月17日にソメイヨシノの開花宣言が発表されました。
k-pressではことしも、川崎市や狛江市などのサクラの見どころの開花状況をお知らせする「今日の桜 2018」を改札しました。

今日の桜2018はこちら>

この企画は、地域の四季折々の花情報を伝える市民ボランティアの「花咲案内人」が、決まった桜を定点観測して、桜の花のアップと開花の進み具合、周辺の様子などを開花から満開、花の散るまでを日ごとに紹介しているもので、毎年多くの方から好評をいただいています。

現在も、桜のガイドをするボランティアを募集していますので、ぜひご応募ください。
問い合わせ・応募はEメール(mail@k-press.net)でインターネット新聞「k-press」今日の桜2018係へ。 

2018-03-17 in 01) 自然・環境, a) 狛江市のニュース, b) 川崎市のニュース | Permalink | コメント (0)

2018年3 月 4日 (日曜日)

J1・川崎フロンターレが湘南ベルマーレと1対1:ホーム開幕戦は6年連続で引き分け

180302frontale-2Jリーグ第2節の9試合が3月2〜5日の3日間に開催。川崎フロンターレは、第1日程の2日の金曜日に川崎市中原区等々力の等々力陸上競技場で今季j1に復帰した湘南ベルマーレと対戦した。ホーム開幕の川崎Fは、FW小林悠(#11))が56分に先制したがすぐに追いつかれ1対1の引き分けに終わった。
川崎Fはホームでの開幕戦の引き分けが2013年から続いており、ことしで6年連続と記録を更新した。今季はひと足早く開幕したAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の初戦も負けており、ホームでの白星はお預けとなった。

写真(撮影 : 山本真人、安永能美)=56分、小林悠(#11)の先制ゴール

180302frontale-3川崎Fは、ACLで2敗、その前のゼロックススーパーカップでもセレッソ大阪に敗戦し公式戦3連敗でリーグ戦の開幕をアウェイで迎えたが、ジュビロ磐田に3対0と快勝、ホームで連勝して開幕ダッシュにのりたいところ。一方の湘南も、V・ファーレン長崎と昇格組同士の対戦で勝利しており連勝をめざす。
平日のナイターだったが、神奈川ダービーとあってアウェイチームののサポーターも大勢来場、22,475人が観戦した。
川崎Fは、開幕戦の接触による負傷の大事を取ったGKチョン ソンリョン(#1)に替わり新井章太(#30)が先発以外は1節と同じメンバー。
試合は、立ち上がりに続けてコーナーキックを得た湘南の攻撃を落ち着いてかわした川崎Fが次第にゲームを支配し、最前線のFW知念慶(#20)が体を張ってチャンスを作るもののフィニュッシュのタイミングが合わない。19分にDFエドゥアルド(#23)が負傷、急きょ奈良竜樹(#2)が送り出され、その後も攻め続け、周南の倍の6本シュートを打ち33分には知念がビックチャンスを作ったが(写真左)相手GKの好セーブなどで得点できず前半を0対0で折り返した。
180302frontale-4後半、ボールを握った川崎Fは、MF家長昭博(#41)のセンタリングに合わせた小林のヘディングで先制した。しかし66分、相手に与えたコーナーキックの混戦でヘディングのこぼれた球を新卒のFW松田天馬(#18)に押し込まれて失点、同点となった。(写真右)
ホームで勝ちたい川崎Fは69分にFW大久保嘉人(#4)、83分にMF阿部浩之(#8)を送り出しチャンスはつくるもののシュートの精度が今ひとつ足りず追加点を奪えなかった。一方の湘南も終了間際に交代したFW野田隆之介(#15)が川崎ゴールに迫ったが、新井の好セーブに阻まれ試合をひっくり返すことができず、両チームとも連勝はできず勝点1の積み上げに終わった。
川崎Fの次のホーム試合は、3月7日19時からACL第3節メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦、リーグ戦は3月10日13時からはガンバ大阪と対戦で、ホーム初勝利が期待される。

2018-03-04 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)