« 川崎フロンターレ麻生アシストクラブが麻生区民対象にバスツアー : ベガルタ仙台戦を応援、参加者募集 | メイン | 川崎市麻生区で10月6日に禅寺丸柿の柿もぎ体験と歴史散歩 : 麻生区役所と麻生観光協会が開催 »

2017年9 月13日 (水曜日)

狛江市の音楽集団が山猫合奏団祭り2017 : 「注文の多い料理店」など5作品を公演

宮澤賢治などの物語をベースに言葉と器楽演奏のコラボレーションによるユニークな音楽を発表する山猫合奏団が、ことしも「山猫合奏団祭り2017」を開き首都圏各地で公演する。

山猫合奏団は、ピアニストで作曲家の白石准さんが主宰する狛江市岩戸北に事務所がある音楽集団。祭りは、白石さんが1981年に玉川大学演劇科の卒業制作として宮沢賢治の童話「どんぐりと山猫」をモチーフに作曲した同合奏団の最初の作品の冒頭部分に山猫からの葉書に「かねたいちろうさま、9月19日~」と書かれていたことに加え、2014年に宮沢賢治の生前中に唯一出版された童話集『注文の多い料理店』の90周年にちなんで初めて企画され、以来毎年9月中旬に開催している。
今回は、9月8日に事務所のある狛江市の音楽ホールを皮切りに、9月15日19時から目黒洗足のプリモ芸術工房で太宰治「走れメロス」、19日19時同会場での草野心平「蛙」の組曲と宮澤賢治「どんぐりと山猫」、24日14時から茅ヶ崎市の長谷川楽器店三階で宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」、29日19時狛江市の泉の森会館宮沢賢治「注文の多い料理店」で公演する。いずれもピアノ演奏などをバックに語る一般的な朗読劇とは異なりセリフを音符と同じ速さで語る新しい音楽。出演は、白石さんのピアノと白石さんの大学時代からの舞台仲間の俳優・高山正樹さん・楠定憲さんの言葉のほか、「セロ弾きのゴーシュ」はチェリストの大島純さんが出演する。
入場は各回とも3,000円、中学生以下1,000円、各回共通3枚綴り7,500円(3人で利用可能)。
問い合わせはM.A.P 電話03-3489-2246 FAX03-3489-2279またはメールmpro@mbh.nifty.com
山猫合奏団のHP(こちら>)

 

2017-09-13 in 02)イベント・催事, 07)文化・芸術, a) 狛江市のニュース, 音楽 | Permalink

コメント

コメントを投稿