« 2017年1 月 | メイン | 2017年3 月 »

2017年2 月24日 (金曜日)

AFCチャンピオンズリーグ1次リーグが開幕 : 川崎フロンターレは初戦で水原三星に引き分け

170226frontale-2サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグが2月21日に開幕した。グループG組の川崎フロンターレは、22日に川崎市中原区の等々力陸上競技場で韓国の水原三星ブルーウィングスと対戦した。
川崎Fは、ことしキャプテンとなったFW小林悠(#11)のゴールで先制したが、オウングールを与えて1対1の引き分けに終わり、今季から指揮を執る鬼木達監督の初の公式戦を勝利で飾ることができなかった。

写真=後半、勝ち越しのチャンスを狙う川崎FのFW小林悠選手(#11)

川崎FがACLを戦うのは3年ぶりで5回目。過去の成績は、2007年と2009年はベスト8、2010年はグループリーグで敗退、2014年はベスト16。
まだまだ寒さが身にしみる平日の夜間にもかかわらず、競技場には公式戦を待ちわびた多くのサポーターが集まり11,150人が観戦した。

トップに小林、トップ下にMF中村憲剛(#14)、MFエドゥアルド ネット(#21) とMF大島僚太(#10)のダブルボランチなど昨年のレギュラー組に加え、新加入のMF家長昭博(#41)、MF阿部浩之(#8)、DF舞行龍ジェームス(#29)がスタメン起用され、怪我で長期離脱していたDF奈良竜樹(#3)がベンチ入りを果たした。
試合は、立ち上がりから川崎Fがテンポ良くパスを回してチャンスを作り、ボールを奪われても守備陣が落ち着いて対応していた。11分に相手ボールを拾った中村のパスを小林が体で押し込み先制。その後も何度か追加点のチャンスを作ったが、相手GKのセーブなどで決めきれなかった。
170226frontale-1すると23分、水原に攻め込まれ、クリアに入ったMF谷口彰悟(#5)の足に相手の折り返しボールが当たり運悪くゴールに転がって失点 (写真左)、試合は振り出しに戻った。川崎Fはその後も何度か決定機を迎えるが、追加点が奪えず前半を終えた。
後半は次第に水原に押し込まれ、72分に阿部に替え奈良を投入してシステムを変更した。その後、川崎Fはバックパスを奪われピンチを招いたがGKチョン ソンリョン(#1)が飛び出して防いた。流れを変えるため、82分に大島を下げてMF三好康児(#13)を送り込み攻撃の活性化を図ったが、守備に追われる時間が続き得点チャンスを作れなかった。
試合後、鬼木監督は「ホームで勝てなかったのは残念だ。スタートとしてゲーム内容を含め向上させたいが、負けなかったことに選手を評価したい」と振り返り、新選手と既存の選手の連携については「新しい選手は公式戦に出さないと分からないのでスタートで使い慣らしていきたい。シーズンは長いので、今はそういう形をとりたい」と落ち着いた表情で話した。
川崎Fの次のホームゲームは、3月5日のJリーグ第2節で17時からサガン鳥栖と対戦する。ホーム開幕のこの試合は、川崎市出身の3ピースバンド「SHISHAMO」の始球式などさまざまなイベントが催される。

2017-02-24 | Permalink | コメント (0)

2017年2 月 7日 (火曜日)

川崎市が川崎フロンターレの中村憲剛選手にスポーツ特別賞を贈呈 : サポーター300人が参加しなごやかに祝う

170201kengo1川崎市は2月1日に高津区の高津市民館で、昨年JリーグのMVPに選ばれた川崎フロンターレの中村憲剛選手(36歳)に川崎市スポーツ特別賞の贈呈式を行い、福田紀彦川崎市長が賞状や特製のクリスタル製サッカーボールの記念品を手渡した。

 

170201kengo2中村選手が同賞を受賞するのは2回目。前回はワールドカップ南アフリカ大会の後の2010年に川崎市役所で行われたが、今回は多くの人に中村選手に祝福をしてもらうため公開形式で実施した。
式には、福田川崎市長、石田康博・川崎市議会議長、相原勝・川崎フロンターレ後援会常務理事ら関係者が参列。会場には、中村選手のレプリカユニフォームやフロンターレグッズを身につけたサポ−ターら約300人が詰めかけ、中村選手のチャント(応援歌)と拍手で迎えた。
同館ロビーに作られた壇上で福田市長が賞状などを手渡し「Jリーグのスター選手がたくさんいる中で、努力の人で川崎市の名実とも顔と言える中村憲剛さんがリーグの中で最も優秀な選手に選ばれたことは、川崎フロンターレのサポーターや川崎市民にとっても大きな喜びです。選手としてだけではなく人としても最も価値の高いの人で、ピッチ外でもさまざまな形で地域に貢献していただいています。また子どもたちの憧れ・夢であり、頑張れば憲剛選手みたいになれるんだとことをプレーやピッチの外でも表してくれる中村選手にことしも大きな期待をしたい。ぜひタイトルを中村選手の力で引っ張ってきていただきたい」と祝いの言葉を贈った。
中村選手は「このような式典を開いていただき、たくさんの人に来ていただいてうれしく思います。フロンターレで14年やってきて今までの人生の中で最高の賞が獲れました。これは自分一人の力ではなく、家族をはじめチームメイトやいままで出会った多くの皆さんのおかげです。特別賞は2回目ですが、この賞に恥じないようこれからも一生懸命頑張ります。MVPをとって何よりうれしいのは、自分以外の人がこれだけ喜んでくれることがとてもうれしく、本当にありがとうございます」と挨拶した。
その後、会場の幅広いファンの質問に答えるふれあいタイムが行われ、子どもから「好きな食べ物?」の問いに「奥さんの手料理です」と応え、会場を沸かせた。「昨シーズンで一番印象深い試合は」の質問には「チャンピオンシップのアントラーズ戦、天皇杯の決勝戦です。勝負強さについて自分たちが学ばなければいけないことがあることを突きつけられた。逆にああいう試合だったからこそ、今シーズンの課題がチーム全員で共有でき、それを無駄にしないよういい試合をしたい」と話した。試合中に意識していることについては「自分が楽しくやれることと外から見ているサポーターがそこに出すかとびっくりするようなプレーをピッチで表現できるよう心がけている」とプレースタイルについて言及、何歳までプレーするのかの問いには「自分の体に無理が利くまでやりたい。できればフロンターレで選手を終えたい」とこたえ、来場者を喜ばせた。最後に「個人のタイトルは獲ったので、チームのタイトルを獲って皆さんに恩返しをしたい」と意気込みを語り、サポーターが大きな拍手を贈った。
その後、地元の久本小学校サッカークラブに所属する長谷川豪輝君、五味拓也君、元村治代義君の3人からお祝いの花束を受け取った中村選手は、お返しにサイン入りのサッカーボールとバンダナを手渡すなどなごやかにサポーターと交流していた。
フロンターレ応援歴18年で11時にゲーフラを持ち14番のユニフォームを着て来場した中原区の川西佳子さんは「入団したときから応援しているが、どんどんうまくなり全体が見渡せる大切な選手になった。
いつもゴール裏で、中村選手がボールをどう動かすかを楽しみに見ています。MVPの受賞は自分のことのようにうれしかったので、きょうはお祝いの気持ちを伝えたくて参加しました。子どもの質問にも丁寧に答え、彼の人柄がよくでていてよかった」と笑顔で話した。

2017-02-07 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b3) 川崎市高津区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

川崎市の多摩区と麻生区の観光協会が3月6日に歴史探訪ツアーを企画 : 義経伝説などの史跡と玉縄桜を見学

川崎市多摩区と麻生区の観光協会が、日本最初の甘柿・禅寺丸柿の発祥の地の王禅寺や川崎のあじさい寺として知られる妙楽寺など両区内の古刹や麻生区に残る義経伝説の史跡、早咲きの玉縄桜など、両区の観光スポットを巡る観光バスツアーを開催、参加者を2月15日から募集する。

バスツアーは、2016年度の玉麻生観光まつりの第4弾として2つの観光協会が企画、川崎市観光協会・多摩区地域振興課・麻生区地域振興課が後援し、地元の(株)スペースプランが実施する。
ツアーは、麻生歴史観光ガイドが添乗し、寺に伝わる縁起や義経伝説などについて解説、新装オープンした旭寿司で和食ランチの昼食を食べる。
集合場所は、JR南武線登戸駅多摩川口エスカレータ下(市立多摩病院側)に9時30分集合、16時30分頃解散。コースは、JR南武線登戸駅〜妙楽寺〜二枚橋〜法雲寺〜昼食〜九郎明神者〜王禅寺ふるさと公園〜王禅寺〜小田急線新百合ヶ丘駅〜JR登戸駅。
定員は24人で、最小催息人数は20人に達しない場合は中止の場合もある。
参加費は、4,800円(バス代、昼食代、保健代、資料代込み)。
申し込みは、2月15日10時から電話(先着順)044-933-0088 スペース プラン「歴史探訪のバスツアー係」。

2017-02-07 in 02)イベント・催事, 05)歴史, b1) 川崎市麻生区, b2) 川崎市多摩区 | Permalink | コメント (0)