« J1・川崎フロンターレがヴィッセル神戸に3対1 : 大久保の活躍で逆転 | メイン | 7月17日に狛江古代カップ多摩川いかだレース : 5月31日まで参加者募集 »

2016年5 月24日 (火曜日)

5月25日に狛江市でチャレンジデー:運動やスポーツした市民の参加率競う、「米沢市に負けるな」と呼びかけ

狛江市で5月25日にスポーツを通じた住民参加型イベント「チャレンジデー」が開催される。当日は市民総合体育館や市役所で自由参加のバトミントン、卓球、ストレッチなどが行われ、同市では市民に参加を呼びかけている。

チャレンジデーは、スポーツに親しむことで健康作りや地域の活性化をしようと笹川スポーツ財団が提唱し、毎年5月の最終水曜日に全国一斉に行われる住民総参加型のスポーツイベント。
スポーツ施策の充実を図る人口規模が同程度の自治体同士で当日0時~21時の間に、15分間以上継続して運動やスポーツを行った住民の「参加率」を競い、勝った場合は、対戦相手の庁舎に市旗を1週間以上掲揚することができるというもの。狛江市は2015年から市と市教育委員会が主催している。

ことしで2回目の参戦となる同市は、人口が狛江より約3,000人多い山形県米沢市と対戦する。
今回は、狛江市民総合体育館で10時から、多摩川いかだレース参加などでおなじみのタレントのダニエル・カールさんとロンドンオリンピック女子バレーボール銅メダリストの狩野舞子さんを招きセレモニー(10時〜10時30分)とトークイベント(10時30分〜11時30分)を開催する。
同館では13時30分から20時30分まで第1体育室を個人に開放し、卓球、バドミントン、ビーチボールのほか、パラリンピック競技のボッチャやフライングデスク体験なども行う。また、市役所前市民ひろばと防災センター3階で12時30分、13時30分、15時30分、17時30分にミニストレッチを行う。
チャレンジデーの参加は、当日に同市内にいる人なら誰でも可能で、15分以上継続した運動やスポーツなどのほか、徒歩や自転車、家庭内で体を動かす家事なども含まれる。
活動報告の受け付けは、広報こまえ5月15日号のほか、市役所などで配るチャレンジデーのチラシなどに掲載してある参加報告用紙に、参加人数、スポーツ活動の内容を書き、市役所2階ロビー、公民館などの公共施設に置いた回収ボックスに25日の各閉館時間までに投函する。また、小田急線の喜多見駅、狛江駅、和泉多摩川駅でも21時まで回収する。このほか、当時の21時30分まで電話(03-5497-6741)、FAX(03-3430-1600)、Eメール(komacha@city.komae.lg.jp)でも受け付ける。

 

2016-05-24 in 02)イベント・催事, 03)健康・福祉 ・医療, a) 狛江市のニュース, スポーツ | Permalink

コメント

コメントを投稿