« 2016年4 月 | メイン | 2016年6 月 »

2016年5 月27日 (金曜日)

ナビスコカップ・川崎フロンターレがベガルタ仙台に2対1 : 暫定1位で準々決勝進出の望み繋ぐ

1600525 01ヤマザキナビスコカップグループステージ第6節の6試合が5月25日に各地で行われ、Bグループの川崎フロンターレは、川崎市中原区の等々力陸上競技場でのベガルタ仙台と対戦した。
川崎FはFW大塚翔平(#27)の2ゴールで2対1で勝利し、勝ち点を8に伸ばして得失点差で暫定1位に浮上した。

写真(桑山輝明、安永能美)=43分、川崎FのFW大塚翔平(#27)が先制ゴール

1600525 06前節までの成績は川崎Fが勝ち点5で5位、一方のベガルタ仙台は勝ち点8で1位。川崎Fのグループステージは今節が最後で準々決勝に進出するためには負けられない試合だ。競技場は、8,801人が観戦した。
川崎Fはスタメンを4日前のリーグ戦とまったく入れ替えフレッシュなメンバーを選出、ユース出身のDF板倉滉(#28)が初先発した。
1600525 02試合は前半、川崎Fがゴール前にボールに運び何度かチャンスは作るが、仙台の守備陣とGKの好守で無得点の状態が続いた。仙台もカウンター攻撃で川崎Fを上回る9本のシュートを放つが、3年ぶりに出場したGK安藤俊介(#24)が安定したセービングでゴールを守った(写真左上)
スコアレスドローで前半を終わるかと思われた43分、大塚が相手守備陣を抜いて先制ゴールを決め、前半を1対0で折り返した。
後半、川崎Fは48分にMF三好康司(#27)のパスを受けた大塚がドリブルでかけ上がり、飛び出したGKの動きを見て冷静にループシュートを放ち追加点を奪った(写真右上)
1600525 03 一方この試合に勝利すれば準々決勝進出が有利となる仙台は、61分にFWハモン ロペス(#20)、69分には金久保順(#14) とMF三田啓貴(#18)とレギュラー組を投入して反撃、川崎Fの耐える時間が続いた。85分に川崎FのDFがペナルティエリア内でハンドの判定を受けPKを献上、これをハモン ロペスが決め1点差となった(写真左下)。しかしその後の仙台の反撃は、安藤が好セーブでしのぎ2対1で逃げ切り、グループステージを2勝2分け2敗の勝ち点8で終えた。

1600525 05
後半、果敢にゴール前に挑む川崎FNOM三好康児(#26)

同グループは、他の2試合がいずれも引き分けたため勝ち点8が3チーム、勝ち点7が2チーム、勝ち点6が1チームと準々決勝に進出できる可能性があるのが6チームと混戦となった。川崎Fは今節がグループリーグ最終節のため、準々決勝進出は次節の結果次第と他力本願だが、一縷の望みをつないた。
川崎Fの次のホームゲームは、
リーグ戦第14節で5月29日19時から3年ぶりにJ1に復帰し7位のジュビロ磐田と対戦する。

2016-05-27 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年5 月25日 (水曜日)

7月17日に狛江古代カップ多摩川いかだレース : 5月31日まで参加者募集

150719ikada 06 狛江市の夏の名物行事「狛江古代カップ第26回多摩川いかだレース」(いかだレース実行委員会主催)が7月17日(増水や荒天の場合は24日に延期)に多摩川で開かれる。実行委員会では、5月31日までレースの参加者を募集中。

写真=2015年のいかだレース 

関連記事=2015年のいかだレースの記事(こちら>

このレースは、同市のシンボルの多摩川に親しみ、他地域の人との交流を目的に催される。毎年、狛江市のほか、多摩川流域の調布市、稲城市、世田谷区、川崎市をはじめ多くの地域から80チーム以上が参加する多摩川流域最大規模のいかだレースで、流域対抗でタイムを競う部門もある。
レースは、同市元和泉の通称・五本松から宿河原堰手前までの約1.3kmを手作りのいかだで下り、一般、レディス・ジュニア、学生のクラス別に所要時間を競うタイム部門と、いかだのデザインなどのアイデアを競う企画部門の2部門。入賞チームには、狛江市内で出土した「和泉式土器」をかたどった「狛江古代カップ」や協賛企業から提供されたさまざまな賞品が贈られる。
レースの参加資格は、小学4年生以上の泳げる人3~5人で構成するチーム(ただし小学生の場合は2人以上の成人を含める)。今回から、ゴール地点で必ず3人以上乗船していることが条件に付け加えられた。
いかだは手作り(既成の船やゴムボートなどを改良したものは不可)で、各チームで搬入・搬出ができれば大きさは自由で、手持ち式のオールなど人力で動かす方式。帆、かじ、スクリュー、船体に固定したオール、船のへさきがとがったものは不可。参加費は1チーム1万円(保険料含む)。現在市内の多摩川ではバーベキューは全面禁止となっているが、当日は特別に認めら、1団体で5,000円の協力金が必要だ。
募集は先着100チームで、6月8日19時から狛江市民センターで開かれる事前説明会への参加が必要。
申し込みは、チーム名、必要事項を書いた書類と参加費を添え、実行委員会事務局へ5月31日(必着、100チームに達した場合はその時点で締め切り)までに郵送(〒201ー8585 狛江市和泉本町1−1−5 狛江市役所地域活性課内 多摩川いかだレース実行委員会事務局)する。
問い合わせ・申し込みは電話03(3430)1111狛江市役所市民生活部地域活性課内 多摩川いかだレース実行委員会事務局。
参加申し込みの用紙はHPからもダウンロードできる。同大会のHPはこちら>

2016-05-25 in 02)イベント・催事, a) 狛江市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年5 月24日 (火曜日)

5月25日に狛江市でチャレンジデー:運動やスポーツした市民の参加率競う、「米沢市に負けるな」と呼びかけ

狛江市で5月25日にスポーツを通じた住民参加型イベント「チャレンジデー」が開催される。当日は市民総合体育館や市役所で自由参加のバトミントン、卓球、ストレッチなどが行われ、同市では市民に参加を呼びかけている。

チャレンジデーは、スポーツに親しむことで健康作りや地域の活性化をしようと笹川スポーツ財団が提唱し、毎年5月の最終水曜日に全国一斉に行われる住民総参加型のスポーツイベント。
スポーツ施策の充実を図る人口規模が同程度の自治体同士で当日0時~21時の間に、15分間以上継続して運動やスポーツを行った住民の「参加率」を競い、勝った場合は、対戦相手の庁舎に市旗を1週間以上掲揚することができるというもの。狛江市は2015年から市と市教育委員会が主催している。

ことしで2回目の参戦となる同市は、人口が狛江より約3,000人多い山形県米沢市と対戦する。
今回は、狛江市民総合体育館で10時から、多摩川いかだレース参加などでおなじみのタレントのダニエル・カールさんとロンドンオリンピック女子バレーボール銅メダリストの狩野舞子さんを招きセレモニー(10時〜10時30分)とトークイベント(10時30分〜11時30分)を開催する。
同館では13時30分から20時30分まで第1体育室を個人に開放し、卓球、バドミントン、ビーチボールのほか、パラリンピック競技のボッチャやフライングデスク体験なども行う。また、市役所前市民ひろばと防災センター3階で12時30分、13時30分、15時30分、17時30分にミニストレッチを行う。
チャレンジデーの参加は、当日に同市内にいる人なら誰でも可能で、15分以上継続した運動やスポーツなどのほか、徒歩や自転車、家庭内で体を動かす家事なども含まれる。
活動報告の受け付けは、広報こまえ5月15日号のほか、市役所などで配るチャレンジデーのチラシなどに掲載してある参加報告用紙に、参加人数、スポーツ活動の内容を書き、市役所2階ロビー、公民館などの公共施設に置いた回収ボックスに25日の各閉館時間までに投函する。また、小田急線の喜多見駅、狛江駅、和泉多摩川駅でも21時まで回収する。このほか、当時の21時30分まで電話(03-5497-6741)、FAX(03-3430-1600)、Eメール(komacha@city.komae.lg.jp)でも受け付ける。

 

2016-05-24 in 02)イベント・催事, 03)健康・福祉 ・医療, a) 狛江市のニュース, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年5 月18日 (水曜日)

J1・川崎フロンターレがヴィッセル神戸に3対1 : 大久保の活躍で逆転

160514frontale 03明治安田生命J1第12節の9試合が5月13日と4日に行われ、第2日程の川崎フロンターレは川崎市中原区の等々力陸上競技場でヴィッセル神戸と対戦した。川崎Fは前半の終了間際に先制を許したが、後半FW大久保嘉人(#13)の2ゴールなどで逆転し3対1で勝利、1試合少ないトップの浦和レッズが引き分けたため、5試合ぶりに1位に返り咲いた。

写真(撮影 : 山本真人、桑山輝明、安永能美)=63分、川崎FのFW大久保嘉人がループシュートで逆転

160514frontale 06川崎Fは前節までに勝ち点差1で2位に付けており、チーム20周年の節目の年にタイトルへの意気込みを見せる好調を維持している。
今節は、試合前には20周年記念イベントのOB選手によるドリームマッチ、試合後にはOBらによる後夜祭が予定されており、サポーターに気持ちよくイベントに参加してもらうためにも負けられない試合だ。
競技場には、OB戦を観戦するため早くからサポーターが来場、20,125人が観戦した。
川崎Fは、DF谷口彰悟(#5)がベンチスタートで、MF中村憲剛(#14)が1.5列目の布陣、一方の神戸は得点源のFWレアンドロ(#11)とFWペドロ ジュニオール(#')が欠場した。
160514frontale 01試合は、立ち上がりから両チームとも攻守の切り替えが早く激しいプレスをかけて互いのチャンスをつみとる展開で守備陣の対応とGKの好守などで無得点の状態が続いた。
アディショナルタイムが表示された直後に、川崎Fは
DF奈良竜樹(#3)が自陣内に攻め込む神戸のFW増山朝陽(#20)を止めようと増山と接触(写真左上)、負傷退場しMF谷口彰悟(#5)が投入された。奈良の交錯による神戸のフリーキックで神戸MF渡邉千真(#19)の放ったボールが川崎Fの選手にあたり、先制ゴールを許して神戸1点リードで前半を終えた(写真右)
160514frontale 04後半、立ち上がりの神戸の攻撃をかわした川崎Fは、57分にペナルティエリア内でFW小林悠(#11)が倒されて得たPKを大久保が決め同点とすると攻勢となり、63分に大久保がループシュートを決めて2対1と逆転した。
70分に神戸MF三原雅俊(#24)がこの日2枚目のカードをもらい退場すると、川崎Fが一方的に攻める状況となり、後半は神戸オシュートを0に抑え、90分にDFエウシーニョ(#18)がダメ押しの3点目を決め3対1で勝利した(写真左下)

2016-05-18 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)

2016年5 月 6日 (金曜日)

J2・FC町田ゼルビアがFC岐阜に1対1: 先制直後に追いつかれ2試合連続引き分けで、3位に後退

1600503zelvia 05明治安田生命J2の第11節の10試合が5月3日に行われ、FC町田ゼルビアは、町田市野津田の町田市立陸上競技場でFC岐阜と対戦した。町田は、前半に先制したがわずか3分後に追いつかれ1対1で引き分け、3位に後退した。

写真=33分、先制ゴールに喜ぶ町田のFW中島裕希(#30)

1600503zelvia 01ゴールデンウィーク3連戦の2試合目。開幕戦の敗戦から負けなしの町田は、9節から首位をキープしているが前節引き分けており、ホームでは勝ちたいところ。一方の9位の岐阜は、前節負けており連敗は避けたい。
風はやや強かったががおでかけ日和の好天で、競技場には多くのゼルビアサポーターが来場、6,034人が観戦した。
町田は、前節負傷のDFカルフィン ヨン ア ピン(#37)に替わりDF金聖基(#24)が6試合ぶりに先発した。
試合は風上の町田がボールを保持するものの、自陣前を守備陣が固めた上、ブラジル人トリオの攻撃陣がカウンター狙いでロングパスを出す岐阜を相手にいつものようにパスをつなげる攻撃が仕掛けられずなかなかチャンスがつかめなかった。その後、次第に相手を守備を抜けゴール前にボールを運び、33分にフリーキックのチャンスでMF鈴木崇文(#17)のあげたクロスがゴールポストにあたりその跳ね返り球をFW中島裕希(#30)が岐阜の守備陣に囲まれながらも右足で押し込み先制した(写真左上)
1600503zelvia 02しかし、3分後の36分にカウンターから岐阜のFWレオナルド ロシャ(#10)に強烈なミドルシュートを決められ試合を振り出しに戻した(写真右上)。岐阜はその後もブラジル人トリオがゴールを目指したがいずれも枠に入らず、前半を0対0で折り返した。

1600503zelvia 04
後半、岐阜の攻撃を防ぐ町田MF李漢宰(#6)

後半、町田はハーフタイムに相馬直樹監督の指示「味方の距離感、風下にいることを考える」を受け、岐阜のカウンターを受ける回数が減った。町田はボール保持率は高まったもののラストパスが繋がらず、69分に先制点を演出した崇文を下げ、MF重松健太郎(#39)を投入した。その後、フリーキックやコーナーキックなどのチャンスは作ったが、追加点を得られず2試合連続の引き分けに終わった。
前節勝ち点差が1で2位と3位だった北海道コンサドーレとセレッソ大阪がともに勝利したため、引き分けの町田は3位に後退した。

1600503zelvia 03
後半、町田のCKに飛び込む町田DF金聖基(#24)とセーブした岐阜GK髙木義成(#21)

試合後の会見で相馬監督は「ドローに終わったのは残念。後半修正は出来たが、最後をやりきるところが物足りなかった」と反省、また交替が1人といつもより少なかったことについて「岐阜が後半になるほどカウンターを狙っているのが分かっていたので、バランスを大きく崩してまで攻めるのは難しかった」と振り返った。
一方の岐阜のラモス瑠偉監督は「攻撃的なサッカーをやりたかった。前半はそんなに悪くなかったし、後半は町田が前から来ると予想していた中で、ペースを失わずに勇気を持ってボールを回さないと苦しい試合になってしまうと話していた。でもさすがに町田は首位を走っているチームらしく、守りも堅くて、連係も素晴らしかった。岐阜もそれなりに良かったとは思う。僕は少なくとも2点を取れるサッカーをやりたいと常々思っている。本当は町田や山口のようなサッカーがしたい」と話した。
町田の次のホームゲームは5月15日16時からギラヴァンツ北九州と対戦する。

2016-05-06 in 02)イベント・催事, c)町田市, h)東京都, スポーツ | Permalink | コメント (0)

J1・川崎フロンターレがベガルタ仙台に1対1 : 大島のゴールで追いつく

1600504frontale 01明治安田生命J1第10節の7試合が5月4日に行われ、川崎フロンターレは川崎市中原区の等々力陸上競技場でベガルタ仙台と対戦した。川崎Fは70分に先制を許したが、直後の73分にMF大島僚太(#10)がリーグ戦では4年ぶりとなる技ありゴールで追いつき、1対1で引き分けに持ち込み、暫定2位をキープした。

写真(撮影 : 山本真人、安永能美)=73分、川崎MF大島僚太(#10)の同点ゴール

 

1600504frontale 04ゴールデンウイーク中の3連戦の2試合目、2位の川崎Fは前節から中4日、16位の仙台は中3日とスケジュール的には川崎Fがやや有利となる対戦。今節はACFチャンピオンリーググループステージに出場中の4チームの試合が6月15日のため、川崎Fは首位の浦和レッズを抜いて暫定1位になるためにも勝利を目指したところ。
前日夜半からの激しい雨は上がり風はときおり強く吹いたが、競技場には両チームのサポーターが多数来場、23,812人が観戦した。
川崎Fは前節、相手選手との接触の影響で途中交代したGKチョン ソンリョン(#1)が先発復帰した。
試合は、前半川崎Fがパスを繋いで前戦に送るものの仙台の強いプレスとブロックを崩しきれない。一方の仙台もときおりロングパスを繋いで反撃したがフィニッシュの精度が足りず、ゴールを割れない状態が続いた。その後、川崎Fは1.5列目のMF中村憲剛(#14)のパスに反応したFW小林悠(#11)が36分にゴールを揺らし、終了間際には小林の放ったシュートのこぼれた球を中村がゴールに押し込んだが、いずれもオフサイドの判定で、前半を0対0で折り返した。
1600504frontale 02後半、川崎Fは開始からシステムを変えたが、攻勢を増す仙台の攻撃に守備陣が耐える時間が続き、54分にMF森谷賢太郎(#19)を下げDF車屋伸太郎(#20)を投入、先発メンバーのポジションを変更した。しかし、仙台に込まれる場面は減らずなんとかクリア(写真左上)、65分にはMF谷口彰悟(#5)を下げMF三好康児(#26)を入れさらにポジションを替えたが、攻撃のチャンスはあまり生まれなかった。
川崎Fは再三のピンチをしのいでいたが、70分に仙台のMF富田晋伍(#17)にヘディングで先制弾を許した(写真右上)。
ホーム連敗を避けたい川崎Fは、73分にボランチの大島が右サイドをドリブルで突破、クロスを上げずに自ら強いシュートで同点ゴールを決めた。その後は一進一退の攻防が続いたが、追加点は生まれず引き分けとなった。
1600504frontale 03試合後の会見で川崎Fの風間八宏監督は「フーメーションは(何度か)変えたが、それは選手たちが積極的にやるための刺激でしかなかった。自分たちがやろうとすることを出さなかったことが残念」と振り返った。一方の仙台の渡邉晋監督は「等々力は東日本大震災(で中断したリーグ戦の)再スタートの場所で、あの日を再現(2対1の逆転勝利)したいと思って来ました。勝点3を取って前進という形で進みたいのですけれども、アウェイの勝点1をポジティブにとらえて、次のホームに向かっていきたい」と話した。
1600504frontale 05試合前には、震災後に復興支援と欧流を続けている岩手県陸前高田市で7月3日に行われる川崎Fvsベガルタ仙台の交流試合のほかほかさまざまなイベントを催す
「高田スマイルフェスタ2016」のPRを兼ねて両チームの選手がイベント名の横断幕を持つ合同写真撮影も行われた(写真右下)
川崎Fの次のホームゲームは、5月14日15時からヴィッセル神戸と対戦する。また、この試合の前には、クラブ創立20周年記念イベントとして、13時からかつて同チームいたアウグスト、ジュニーニョ、ジェシなどブラジル人選手を一として岩本輝雄、中西哲生ら31人の選手が出場する20分ハーフのOBドリームマッチが行われる。

2016-05-06 in 02)イベント・催事, b) 川崎市のニュース, b5) 川崎市中原区, i)神奈川県, スポーツ | Permalink | コメント (0)