« ナビスコカップ準優勝 : 2位の重みとスポーツマンシップ | メイン

2009-11-29

ナビスコ決勝戦の反省 : 森勇介選手の笑顔

Jリーグ33節ホーム最終戦の11月28日、川崎フロンターレの試合でさわやかな光景を見た。

ナビスコ決勝戦の表彰式で握手拒否など問題行動で謹慎中だった森勇介選手が、この試合で事件後初スタメンした。試合終了の笛でピッチ中央にあつまった後、 喜び合うチームメイトから一人離れ、笑顔で主審に歩み寄り握手を求めた。主審は何かひとこと応え、力強く彼の手を握り返すとさらに柔和な表情になった。
その顔は、ピッチで90分戦うことができたことに心から感謝しているようにも見受けられた。試合中、相手チームの選手に倒されるシーンもあったが穏やかに対応、最後まで冷静さを保ち、果敢なプレーで味方に再三得点チャンスを作っていた。
彼は元来、能力の高い選手だが人一倍強い闘争心が逆に作用し、異議を唱えるなどでカードをもらうことが多かったが、この試合を見る限りナビスコ決勝戦での行為を含めてこれまでのことを深く反省、フェアプレーに徹しようと努力しているように感じた。
チームは、2度目の昇格で確実に力をつけ、ここ3年「初タイトル」を目標に掲げてきた。しかし、「勝ち」にこだわるあまりに「勝てば何でもOK」となり、逆に作用して強いプレッシャーにもなっているように感じることがしばしばある。
ナビスコ決勝戦後、一時は反省したかに見えたがチームのなかには「のど元過ぎれば〜」の選手もまだ見受けられる。選手教育、社会貢献などに限定されたビスコの賞金の使い道は、まだ明らかになっていない。
リーグ戦はあと2試合。自力優勝はなくなったが、優勝の芽はまだ残っている。結果はさておき、さわやかなプレーでしめくくってもらうことを期待している。(ネコ)

Posted by k-press on 2009-11-29 at 11:44 午後 in ウェブログ, スポーツ, 川崎市 | Permalink

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01287752e364970c012877535971970c

Listed below are links to weblogs that reference ナビスコ決勝戦の反省 : 森勇介選手の笑顔:

コメント

コメントを投稿