« 振りそで | メイン | 五目稲荷 »

2005-01-29

タイタン星人

土星の惑星タイタンの写真は、感動ものだ。

厚いメタンの雲に覆われてわからなかったタイタンの素顔が、地表に突入した小型探査機ホイヘンスから送られてきた写真から次々と明らかになっている。
地表には海や山があり、川が流れ、泉がわき、雲が流れ、霧さえ漂うという。写真だけなら、地球のどこか、と言われても信じてしまいそうだ。しかし、氷点下180度の極寒のなかで液化メタンの雨が降り、川が流れる光景を思うと、人類の感覚を超えた世界と言うしかない。
タイタンには生命は存在しないと科学者は考えているが、タイタンを「メタンの水の星」と考え、生命の存在を素人が勝手に想像するのは楽しい。
……タイタン星人は、地球から突然打ち込まれたホイヘンスを見ながら、こんなセリフをつぶやく。
「ここより200度も気温が高いところで生命が誕生していたなんて、とても信じられない」(M)

Posted by k-press on 2005-01-29 at 03:21 午前 in 科学 | Permalink

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a01287752e364970c01287752e8a3970c

Listed below are links to weblogs that reference タイタン星人:

コメント

ち、地球のみなさん、こんにちは。
ここは寒いです。食料や酸素をください。

投稿情報: タイタン星人 | 2005/02/01 19:14:21

コメントを投稿