2018年4 月26日 (木曜日)

川崎授産学園 よりそい地域おこし講座「歌って地域を奏でよう」

5月10日・24日・6月14日10時〜12時・6月28日10時〜15時

川崎授産学園(川崎市麻生区細山1209 小田急線新百合ケ丘駅「バス千代ケ丘・よみうりランド」行き千代ケ丘下車徒歩10分)

主催=一般社団法人ソーシャル・アーティスト・ネットワーク

◇内容=コーラス講座。

講義のほかコーラス奏との交流やボランティア活動の実践。

ヴォイストレーニングとコーラス指導で、音楽交流サロン奏への出演あり。

参加費無料。

申し込み=直接、電話044-954-5011、または氏名・住所・電話番号を記入しFAX044-954-6463、メールinfo@seiwa-gakuen.jpで川崎授産学園へ。締切5月8日

問い合わせ=電話044-954-5011川崎授産学園

ホームページ= http://www.seiwa-gakuen.jp

 

 

2018-04-26 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 05) 福祉・医療・健康, 06) 講演・講座・講習, 07) 展示・発表・シンポジウム, 12)募集・コンテスト, 13)教育・子育て・子ども, 14)まちづくり・行政・政治・司法, 17)川崎市麻生区, 30)神奈川県, 音楽 | Permalink | コメント (0)

2018年3 月 8日 (木曜日)

川崎授産学園 福祉講演会

3月17日14時(開場13時30分)〜16時

川崎授産学園(川崎市麻生区細山1209 小田急線新百合ケ丘駅「バス千代ケ丘・よみうりランド」行き千代ケ丘下車徒歩10分)

主催=川崎授産学園

◇内容=自閉症療育アドバイザー shizuさんの講演と質疑応答

テーマ=発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ〜日常生活の中で子どもの心を育てる言葉かけ〜

定員150人。参加費無料。

申し込み=直接、電話044-954-5011、または氏名・人数・住所・電話番号を記入しFAX044-954-6463、メールinfo@seiwa-gakuen.jpで川崎授産学園へ。締切3月14日。応募多数の場合は抽選

問い合わせ=電話044-954-5011川崎授産学園

 

 

 

2018-03-08 in 01) イベント・祭り・遊び, 05) 福祉・医療・健康, 06) 講演・講座・講習, 11)暮らし・生活, 13)教育・子育て・子ども, 17)川崎市麻生区, 24)川崎市全域, 30)神奈川県 | Permalink | コメント (0)

川崎授産学園 福祉講演会

3月17日14時(開場13時30分)〜16時

川崎授産学園(川崎市麻生区細山1209 小田急線新百合ケ丘駅「バス千代ケ丘・よみうりランド」行き千代ケ丘下車徒歩10分)

主催=川崎授産学園

◇内容=自閉症療育アドバイザー shizuさんの講演と質疑応答

テーマ=発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ〜日常生活の中で子どもの心を育てる言葉かけ〜

定員先着150人。参加費無料。

申し込み=直接、電話044-954-5011、または氏名・人数・住所・電話番号を記入しFAX044-954-6463、メールinfo@seiwa-gakuen.jpで川崎授産学園へ。締切3月14日。応募多数の場合は抽選

問い合わせ=電話044-954-5011川崎授産学園

 

 

 

2018-03-08 in 01) イベント・祭り・遊び, 05) 福祉・医療・健康, 06) 講演・講座・講習, 11)暮らし・生活, 13)教育・子育て・子ども, 17)川崎市麻生区, 24)川崎市全域, 30)神奈川県 | Permalink | コメント (0)

神奈川県立多摩高校合唱部 第52回定期演奏会

3月26日17時30分(開場17時)

多摩市民館(川崎市多摩区登戸1775-1 JR南武線/小田急線登戸駅徒歩10分、小田急向ケ丘遊園駅徒歩5分)

主催=神奈川県立多摩高等学校

◇内容=Jポップス、ルネサンス・バロック音楽やインド音楽などさまざまなジャンルの曲を演奏

<プログラム>

○混声合唱組曲「太陽と海と季節が」/作詞:高野民雄、作曲:森山至貴

○樹、日の光り、けものたち/作詞:長田弘、作曲:松下耕)

○ラブとピース(作詞・作曲:水野良樹(いきものがかり)、編曲:鈴木遥佳(合唱部OG) 

○無伴奏混声合唱組曲のための「After…」/作詞:谷川俊太郎、作曲:信長貴富  他

指揮=福王子佑子さん、佐藤優衣さん(学生指揮者)

ピアノ=工藤結さん

入場無料。

問い合わせ=電話044-911-7233神奈川県立多摩高等学校 合唱部

ホームページ= http://http://tamachorus.s343.xrea.com

 

 

 

2018-03-08 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 07) 展示・発表・シンポジウム, 13)教育・子育て・子ども, 18)川崎市多摩区, 24)川崎市全域, 30)神奈川県, 音楽 | Permalink | コメント (0)

日本郵船博物館「コンサートinミュージアム」

3月10日14時〜14時40分・15時20分〜16時

日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム(横浜市中区海岸通3-9 地下鉄みなとみらい線馬車道駅徒歩2分、JR/横浜市営地下鉄関内駅徒歩8分)

主催=日本郵船歴史博物館

◇内容=毎月第2土曜日にクラシック生演奏を開催中※2回のステージは同内容

<プログラム>

○ユーフォニアム&チューバ

管弦楽組曲第2番より(作曲:J.Sバッハ、編曲:伊藤優晶)、G線上のアリア(作曲:J.Sバッハ、編曲:新井秀昇)、バッキー・シングス(作曲:B.リン)

演奏=中本利輝さん(ユーフォニアム)、伊藤優晶さん(ユーフォニアム)、今川英悟さん(チューバ)

◯ソプラノ&メゾソプラノ&ピアノ

歌の翼に(訳詞:津川主一、作曲:F.メンデルスゾーン、編曲:源田俊一郎)、ヴェネチアの競艇(作詞:C.ペポリ、作曲:G.ロッシーニ)、オペラ“ホフマン物語”より舟歌(作詞:J.バルビエ、作曲:J.オッフェンバック)、オペラ“ラクメ”より花の二重唱(作詞:E.ゴンディネ&F.ジル、作曲:L.ドリーブ)、オペラ“ヘンゼルとグレーテル”より夕べの祈り(作詞:A.ヴェッテ、作曲:E.フンパーディンク)

演奏=西谷葉子さん(ソプラノ)、内薗環さん(メゾソプラノ)、鈴木陽子さん(ピアノ)

入場無料。ただし、入館料別途(一般400円、中高生・65歳以上250円、小学生以下無料)。

申し込み=直接会場へ

問い合わせ=電話045-211-1923日本郵船歴史博物館

ホームページ= http://www.nyk.com/rekishi/

 

 

 

2018-03-08 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 13)教育・子育て・子ども, 25)横浜市, 30)神奈川県, 音楽 | Permalink | コメント (0)

2018年2 月14日 (水曜日)

かわさきチャイルドラインボランティア養成講座「生きづらさを抱える子どもたち」

3月4日・11日・18日・25日(各日1部13時10分〜15時10分/2部15時 30分〜17時30分、全8回)

川崎市教育文化会館 ほか(川崎市川崎区富士見2-1-3・JR南武線川崎駅徒歩15分、水江町行き/市営埠頭行きバス教育文化会館前下車)

主催=かわさきチャイルドライン

◇内容=チャイルドライン(18際以下の子ども専用フリーダイヤル相談電話)のボランティア養成公開講座

様々な現場で、若者たち・子どもたちの生きづらさを身近に感じてきた人々や取材で接してきたジャーナリストを講師に迎える。

○3月4日=高津市民館第1会議室 (川崎市高津区溝口1-4-1ノクティ2 JR南武線武蔵溝ノ口駅/東急田園都市線溝の口駅徒歩5分)

1部テーマ=チャイルドラインとは、ボランティアとは、電話相談とは

2部テーマ=スクールソーシャルワークの現場からみる子どもたち

○3月11日=川崎市教育文化会館第2会議室 (川崎市川崎区富士見2-1-3 JR南武線川崎駅徒歩15分) 

1部テーマ=子ども社会の生きづらさ〜人間関係の光と影

2部テーマ=児童虐待から考える〜ネグレクト、育児放棄

○3月18日=川崎市教育文化会館第2会議室

1部テーマ=座間事件から考える若者たちの生きづらさとネットコミュニケーション

2部テーマ=ブレない自分であるために〜真の自己尊重とは

○3月25日=川崎市教育文化会館第2会議室

1部テーマ=不登校・ひきこもりから考える〜自分の人生を切り拓く

2部テーマ=居場所のちから〜きっと大丈夫

定員先着30人。参加費無料。

申し込み=電話または、住所・氏名・電話番号・FAX番号・年齢・メールアドレスを記入し、FAX046-254-8839、メールkawasakiclcl262@yahoo.co.jpでチャイルドライン事務局へ

問い合わせ=電話080-6756-7763かわさきチャイルドライン

 

 

 

2018-02-14 in 01) イベント・祭り・遊び, 05) 福祉・医療・健康, 06) 講演・講座・講習, 11)暮らし・生活, 12)募集・コンテスト, 13)教育・子育て・子ども, 20)川崎市高津区, 23)川崎市川崎区, 24)川崎市全域 | Permalink | コメント (0)

2018年1 月18日 (木曜日)

日本郵船博物館「コンサートinミュージアム」

2月10日14時〜14時40分・15時20分〜16時

日本郵船歴史博物館 オリエンテーションルーム(横浜市中区海岸通3-9  地下鉄みなとみらい線馬車道駅徒歩2分、JR/横浜市営地下鉄関内駅徒歩8分)

主催=日本郵船歴史博物館

◇内容=毎月第2土曜日にクラシックコンサートを開催中※2回のステージは同内容

<プログラム>

○サクソフォン&コントラバス&ピアノ

エストレリータ(作曲:M.ポンセ)、ジュ トゥ ヴ(作曲:E.サティ)、タイム トゥ セイ グッバイ(作曲:F.サルトーリ)、カバティーナ(作曲:J.ラフ)

演奏=鈴木研吾さん(サクソフォン)、戸嶋優さん(コントラバス)、鈴木陽子さん(ピアノ)

◯ソプラノ&ピアノ

ゴンドラの唄(作詞:吉井勇、作曲:中山晋平)、蘇州夜曲(作詞:西条八十、作曲:服部良一)、ジュ トゥ ヴ(作詞:H.パコーリ、作曲:E.サティ)、コメ プリマ(作詞:M.パンゼリ、作曲:V.パオラ)

演奏=吉府充希子さん(ソプラノ)、片野敦子さん(ピアノ)

入場無料。ただし、入館料別途(一般400円、中高生・65歳以上250円、小学生以下無料)。

申し込み=直接会場へ

問い合わせ=電話045-211-1923日本郵船歴史博物館

ホームページ= http://www.nyk.com/rekishi/

 

 

 

2018-01-18 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 13)教育・子育て・子ども, 25)横浜市, 音楽 | Permalink | コメント (0)

「2018 冬の野鳥観察会」参加者募集

2月17日8時50分〜12時30分

小田急線登戸駅集合

主催=小田急電鉄(株)

◇内容=日本野鳥の会神奈川支部会員の解説付きで小田急沿線自然ふれあい歩道(登戸駅〜向ヶ丘遊園駅コース)を散策しながら、多摩川沿いに生息する野鳥を観察する。小雨決行、荒天中止

定員40人。参加費無料(交通費は実費)。

申し込み=ホームページの応募フォームから申込。締切1月25日。応募多数の場合は抽選。

問い合わせ=電話03-3349-2517(土・日・祝を除く10時〜17時)小田急電鉄(株)CSR・広報部

ホームページ= http://www.odakyu.jp/csr/topics/2017/1228.html

 

 

 

2018-01-18 in 01) イベント・祭り・遊び, 04) 自然・環境, 06) 講演・講座・講習, 12)募集・コンテスト, 13)教育・子育て・子ども, 18)川崎市多摩区, 24)川崎市全域 | Permalink | コメント (0)

「たかつ水と緑の探検隊」参加者募集

2月17日10時〜12時(荒天中止)

川崎市立緑ヶ丘霊園内噴水広場集合(川崎市高津区下作延1241・JR南武線津田山駅徒歩8分)

主催=「エコシティたかつ」推進会議、高津区役所

◇内容=専門家と一緒に川崎市立緑ケ丘霊園内の森を観察し、森の保水力や生物多様性について学び、実際に森の手入れを行う。

講師=岸由二さん(「エコシティたかつ」推進会議委員、慶応義塾大学名誉教授)

持ち物=飲み物、雨具、軍手、長靴、タオル、汚れてもよい服装

定員先着40人(小学生は保護者同伴)。参加費無料。

申し込み=電話または、たかつ水と緑の探検隊と明記し住所・氏名・年齢・電話番号を記入しFAX044-861-3103で高津区役所企画課へ

問い合わせ=電話044-861-3131高津区役所まちづくり推進部企画課

 

 

 

2018-01-18 in 01) イベント・祭り・遊び, 04) 自然・環境, 06) 講演・講座・講習, 11)暮らし・生活, 12)募集・コンテスト, 13)教育・子育て・子ども, 20)川崎市高津区, 24)川崎市全域 | Permalink | コメント (0)

日本郵船博物館 企画展「グランブルーの静寂〜もうひとつの氷川丸〜」

1月20日〜4月22日10時〜17時(入館は16時30分まで)

日本郵船歴史博物館(横浜市中区海岸通3-9 地下鉄みなとみらい線馬車道駅徒歩2分、JR/横浜市営地下鉄関内駅徒歩8分)

主催=日本郵船歴史博物館

◇内容=氷川丸と姉妹船平安丸の過去と現在を、写真を中心に紹介する。平安丸は、太平洋戦争中、海軍に徴用され、空爆に遇い、現在も西太平洋チューク(旧称トラック)環礁内で沈んでいる

<関連イベント>

◯講演会「トラック諸島の記録」

2月3日14時〜15時30分、オリエンテーションルーム

古見きゅうさん(水中写真家)が過酷な潜水調査の体験や島で感じたことなどを語る

参加費=500円(入館料込み)

定員=先着80人

申し込み=電話で

◯氷川丸でスナップ

3月2日・3日11時〜13時、氷川丸船内

船内やデッキからの景色をプロと一緒に撮影

講師=佐藤敦彦さん(株式会社海事プレス社)

集合=氷川丸エントランスロビー

持ち物=デジタル一眼カメラ(三脚不可)

参加費=500円(氷川丸入館料別途。一般・大学生300円、65歳以上200円、小中高校生100円)

定員=各回先着15人

申し込み=電話で

◯ギャラリートーク

2月18日・3月21日・4月8日14時、企画展示スペース

企画の見どころを解説

参加費=入館料のみ

定員=各回先着10人(申込不要)

入館料=一般400円、中高生・65歳以上250円、小学生以下無料。

問い合わせ=電話045-211-1923日本郵船歴史博物館

ホームページ= http://www.nyk.com/rekishi/

 

 

 

2018-01-18 in 01) イベント・祭り・遊び, 03) 芸術・文化・歴史, 04) 自然・環境, 06) 講演・講座・講習, 07) 展示・発表・シンポジウム, 12)募集・コンテスト, 13)教育・子育て・子ども, 25)横浜市 | Permalink | コメント (0)